うどんみたいな太麺の焼きそば、かなりスパイシーです

江洋軒 焼きそば @兵庫県明石市「昭和23年創業の老舗焼きそば」実食レビュー

今回は兵庫県明石市で昭和23年創業の老舗「江洋軒(こうようけん)」さんへ遠征してきました。当初から行く予定はありませんでしたが、せっかく明石まで行くのだがら地元のラーメンを食べてみたかったからです。そこで老舗の「江洋軒」さんを教えてもらって行ったのですが、これが大ハズレでした。
Continue reading

『人生の楽園』で紹介されるうどん店「うどん馳走 山石土平」

うどん馳走 山石土平 @滋賀県長浜市 讃岐天ぶっかけ『人生の楽園』で紹介

2018年6月23日放送『人生の楽園』で紹介される「うどん馳走 山石土平」の「讃岐天ぶっかけ」実食レビューです。滋賀県長浜市に住む岩坪健一さんご夫婦が経営されている讃岐風うどん店で、奥様の千佳さんが揚げる天ぷらも好評で開店直後に満席です。営業時間定休日駐車場も具体的に紹介します。
Continue reading

気仙沼のXO醤

気仙沼のXO醤 @宮城県・石渡商店『青空レストラン』で二度目の紹介

気仙沼のXO醤気仙沼旨味帆立とコラーゲンのXO醤」が2018年6月23日放送『満天☆青空レストラン』で紹介されます。製造元は「石渡商店」さんで、青空レストランに出演されるのは2回目です。楽天通販でも値段が2000円以上する商品ですが、最高級食材をふんだんに使った万能調味料です。
Continue reading

こうへいラーメン(伊勢佐木長者町)

こうへいラーメン @横浜「スーパー高校生 高谷康平さん」が『沸騰ワード10』で紹介

月1営業で20名の大行列ができるという伊勢佐木長者町の「こうへいラーメン」が『沸騰ワード10』で紹介されるそうです。店主は謎のラーメンを作るスーパー高校生「高谷康平」さんです。では「こうへいラーメン」とはどのようなラーメンなのでしょうか。
Continue reading

カフェ OLD CLOCK(オールドクロック)、2018年7月25日開店に向けて準備されていました

カフェ OLD CLOCK @京都・双ヶ岡「カレーと自家焙煎コーヒー」2018年7月25日新店オープン

カフェ「OLD CLOCK(オールドクロック)」さんが京都市右京区「双ヶ岡(ならびがおか)」で新店オープンすることになっています。自家焙煎コーヒーと「キキのパン」そしてスパイシーカレーのカフェになるとのことで、店内を拝見させていただきました。開店日は2018年7月25日予定となっており、駐車場もあるので行きやすいカフェです。
Continue reading

嵐山に新しいカフェ「YADO Cafe Arashiyama」が新店オープンします

YADO Cafe Arashiyama @京都・嵐山「渡月橋近く 宿&カフェ」2018年夏に新店オープン

2018年夏、京都・嵐山に「YADO Cafe Arashiyama」さんというカフェ&ホテルが新店オープンすることになっています。6月下旬に確認しに行ったところ、すでに建物が出来上がっていました。宿やカフェとしてどのようなものになるのかはまだ正確には分かっていないのですが、喧騒から少し離れた所にあるカフェなんで落ち着いた感じのカフェになりそうです。
Continue reading

中華そば ほそかわ 西院店のラーメン

中華そば ほそかわ @京都・西院「元祖背脂チャッチャッ系ラーメン」実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は京都の老舗「ほそかわ」さんの「背脂チャッチャッ系ラーメン」の実食レビューです。創業1949年の「ますたに」で修行された方が1985年に独立されたラーメン店が「ほそかわ」です。今回は「中華そば ほそかわ」の歴史なども見つつ「中華そば ほそかわ 西院店」のラーメンを実食レビューします。
Continue reading

麺は中細ストレート(いいちょ)

ラーメン いいちょ @京都・下鴨「幻の岩倉ラーメン」の味を継ぐ名店

今回の「京都ラーメンブログ」は、幻の岩倉ラーメンの味を引き継ぐ「ラーメン いいちょ」さんの実食レビューです。見た目は透き通ったスープは澤井醤油のパンチのある味わいで、出汁は鶏と豚の合わせ出汁で、鶏の香りがものすごくします。創業からちょうど20周年ということで、地元でもファンの多いラーメン店で人気があります。
Continue reading

あまえぎみ(甘恵黄味)

ミニトマトとプチトマトの違い!トマトにはたくさんの種類がある

2018年6月19日放送『この差って何ですか?』で「ミニトマトとプチトマトの差」が紹介されることになっています。トマトって驚くほど品種の量があって、製法などで呼び方も違ったりします。「ミニトマトプチトマトフルーツトマト」といった違いがあるのです。
Continue reading

銀閣寺にサワラの置物なんてありましたっけ?

銀閣寺 屋根の秘密 @京都「銀閣の屋根にはサワラ」がいる?

京都にある世界遺産のひとつ「銀閣寺(慈照寺)」、日本史の教科書にも出てくる有名な建物ですが、この屋根の上に「サワラ」がいるのはあまり知られていません。お詳しい方であれば、屋根の上にいるのが「鳳凰(ほうおう)」というのはご存知だと思いますが、サワラもいるのです。
Continue reading

きんざん 京都ラーメン

きんざん 京都ラーメン @京都・七条春日「創業5周年340円ラーメン」実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は、ラーメン並が1杯340円と告知されていた「京都ラーメン きんざん」さんの紹介です。通常、ラーメン並が680円なのですが、2018年6月18日~20日までの3日間は「ラーメン(並)」が激安価格340円となっています。というのも「京都ラーメン きんざん」さん創業5周年なんだそうです。
Continue reading

逆さにしても落ちないソフトクリーム(京豆庵)

京都・嵐山で見つけたソフトクリーム珍百景

今回の「京都スイーツ」は、嵐山で見つけたソフトクリームの紹介です。それもそんじょそこらのソフトクリームではありません。一癖も二癖もあるソフトクリームばかりです。紹介するのは嵐山にある「京豆庵古都芋甘味処にしかわ」さんの3店舗で「逆さまにしても落ちない豆腐ソフトクリーム(豆乳使用)」や「たい焼きソフト」に「嵐山で一番安いソフトクリーム」を紹介します。
Continue reading

PIZZERIA LUGARÁ(ピザーラ ルーガー)外観

PIZZERIA LUGARÁ @京都・嵐山「新しいピザ店」2018年6月新店オープンか

PIZZERIA LUGARÁ(ピザーラ ルーガー)が嵐山に新店オープンするようです。開業予定日は2018年6月となっていますが、6月18日の時点ではまだ開店する雰囲気はありませんでした。名前と店頭の貼紙にある写真から持ち歩き可能なピザのようなタコスのようなピザのようです。
Continue reading

笹で包まれた麸饅頭が5個1束になっています

麸嘉 麸まんじゅう @京都「初夏に食べたい爽やかな和菓子」実食レビュー

今回の「京都スイーツは初夏に食べたい爽やかな和菓子麸饅頭(麸まんじゅう)」の紹介です。麸饅頭といえば京都の「麸嘉(ふうか)」さんが有名で、麸嘉府庁前本店(要予約)と麸嘉錦市場店があります。熊笹の葉で包んだ生麸の中に丹波大納言の最高級こし餡が入った瑞々しい和菓子です。今の時期、京都に来てこの麸饅頭を食べないなんてどうかしているというくらい美味しいスイーツなんです。
Continue reading

昔ながらの良さを残した店内デザインが素晴らしいです

カモDONUT @京都・北大路「京町家で買う古き新しいドーナツ」実食レビュー

今回の「京都スイーツ」は、ノスタルジック感満載の「京町家で買う古き新しいドーナツ」を食べて来ました。お店は北大路の「カモDONUT(カモドーナツ)」さんです。ドーナツはオーガニックドーナツとかネイチャードーナツとか言われるタイプのもので、安心して食べられる材料で作った昔ながらのドーナツでした。
Continue reading

絹、木綿とド直球の品揃え

入山豆腐店 純豆乳@京都「京都で一番古いとうふ屋」実食レビュー

今回の「京都案内」は、京都で一番古いとうふ屋京都最古の豆腐店)の紹介です。お店の名前は「入山豆腐店」さんで、今でも炭を使って「おくどさん(かまど)」で大豆を煮ています。その大豆を絞った豆乳(純豆乳)で作る豆腐は「木綿、絹ごし」があり、値段は240円~260円です。今回は、この豆腐の原液とも言える豆乳(純豆乳)絹ごし豆腐を食べてみました。
Continue reading

長野県富士見町の赤い「ルバーブ」

かぼちゃん農園 赤いルバーブ@富士見町『青空レストラン』で紹介

2018年6月16日放送『満天☆青空レストラン』でかぼちゃん農園(長野県富士見町)の「赤いルバーブ」が紹介されます。酸味の強いシベリア原産の野菜で、緑のルバーブ赤いルバーブがあり、今回は「赤いルバーブ」が紹介されるということです。富士見町で作られた赤いルバーブはジャムにすると赤くなるとされています。
Continue reading

長文屋さんでもオリジナルブレンドの七味唐辛子が作れます

外国人がワザワザ買いに来る京都の七味唐辛子『スゴ~イデスネ!!視察団』』で紹介

外国人がワザワザ買いに来る京都の七味唐辛子が2018年6月16日放送『スゴ~イデスネ!!視察団』で紹介してもらえるそうです。七味唐辛子は全国にありますが、京都の七味は歴史があり、素材や調合にこだわったお店がたくさんあります。京都の町中には自分の好みを伝えれば調合してくれる七味屋さんも多くあるのです。
Continue reading

漁師yado民宿さくらがある男木島の港、連絡船「めおん」で渡航することができます

漁師yado民宿さくら @香川県・男木島「さくら色のたこ飯」が『人生の楽園』で紹介

2018年6月16日放送『人生の楽園』では、香川県・男木島(おぎじま)に住む大江哲夫さんご夫婦が経営されている「漁師yado民宿さくら」さんが紹介されるようです。離島である男木島の小さい島の民宿です。宿泊料は、一泊二食付きで6500円(税込)、絶品とされる「さくら色のたこ飯」が夕食に付いてきます。
Continue reading