一乗寺にある鶏白湯ラーメンが『王様のブランチ』で紹介

京都・一乗寺「珍遊」が2019年4月27日放送『王様のブランチ』で紹介されるようです。予告では「京都の鶏白湯ラーメンを紹介」とのみ書かれていますが、兄弟芸人のミキが4月16日に一乗寺の「珍遊」を訪問しており、その様子が放送されるようです。

京都・一乗寺「珍遊」が『王様のブランチ』で紹介されます


アッサリ鶏白湯で味薄め、背脂は多いのが珍遊の味

アッサリ鶏白湯で味薄め、背脂は多いのが珍遊の味

2019年4月27日放送『王様のブランチ』で、京都の一乗寺ラーメンストリートで食べる鶏白湯ラーメンが紹介されるようです。

芸人のミキの二人(京都府出身)が、地元の京都をガイドするという企画の中で「鶏白湯ラーメンたこ焼きタコライス」を紹介するという内容になっています。

その中の鶏白湯ラーメンなのですが、2019年4月16日に一乗寺でミキの二人が目撃されているので「一乗寺にある鶏白湯ラーメン」が紹介されるのですが、紹介されるのはどうやら「珍遊 一乗寺店」のようです。

天天有本店
極鶏
珍遊一乗寺本店
・夕日のキラメキ一乗寺

上記のリストは「鶏」のみを使用した一乗寺のラーメン店で、それ以外の店舗は「京都・一乗寺ラーメンまとめ」を見ていただければ、どんなお店があるのは分かるようになっています。

また「京都の鶏白湯ラーメンまとめ」もありますので、ぜひご覧ください。

珍遊の鶏白湯ラーメンとは


珍遊 一乗寺本店

珍遊 一乗寺本店

珍遊は京都にいくつか支店があるラーメン店で、一乗寺が本店となります。

京都に多い鶏スープのラーメンで、白濁させた白湯がスープのベースになっています。

珍遊「鶏白湯ラーメン」

珍遊「鶏白湯ラーメン」

スープは「鶏ガラ、丸鶏、モミジ」を使用、醤油ダレは薄味でややインパクトに欠けます。

背脂が多いのが特徴的で、トッピングも「チャーシューねぎ海苔メンマ」と豊富な盛り合わせです。

店頭に「創業半世紀」となっていますが、戦後すぐに叡電「一乗寺~修学院」にあったとされるラーメン店「珍遊(初代)」とは別のお店なので、実際にはこの地で営業開始してから20年程度です。

京都府京都市左京区一乗寺払殿町24
営業時間:11時~24時
定休日:無休
URL:http://www.chinyu.jp/

王様のブランチ 2019年4月27日 予告


王様のブランチ 2019年4月27日 予告は以下の通りです。

ミキが京都地元をガイド!鶏白湯ラーメン…たこ焼き…タコライス▽令和に体験したい!USJ最新アトラクション注目BEST5
▽人気芸人ミキが地元京都をガイド!故郷の味を紹介!こってりなのにあっさり鶏白湯ラーメン&懐かしの味トロリたこ焼き&ファン巡礼のタコライス ▽吉田沙保里がオリラジ藤森とドライブ買い物…親友どうしノリノリドライブトーク!スカイダイビングも ▽USJ最新アトラクションBEST5!ミニオン・SING・ルパン三世…限定グッズに夜のショーも ▽平成アルバムTOP10!歴史に残る第1位は?

飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


記事を書いている人
ノーディレイ

記事を書いている人は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを経験して退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は2400件以上あります。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。