2021年5月16日オープン ichiren KYOTO

京都市東山区・京都ラーメン店「ichiren KYOTO」実食レビューです。ゆずラーメンのお店で、鶏と豚の濃厚ラーメンと数種類の節を使ったアッサリ系ラーメンがあります。値段は1杯1000円でニ寧坂の観光地にあるラーメン店です。

2021年5月16日オープン ichiren KYOTO


2021年5月16日オープン ichiren KYOTO

2021年5月16日オープン ichiren KYOTO

京都市東山区の観光地であるニ寧坂で柚子を使ったラーメン店が新店オープンしました。

お店の名前は「ichiren KYOTO」さん、ラーメンは2種類あって「鶏と豚の濃厚ラーメン」と「節を使ったアッサリ系ラーメン」があります。

どちらも柚子が入った香りの良いラーメンで、柚子胡椒も付いてくるので好みで味変を楽しみながら食べることができます。

紗(sara)1000円 数種類の節を使った魚介ラーメン

紗(sara)1000円 数種類の節を使った魚介ラーメン

値段は1杯1000円で、サイドメニューには「生ゆば丼炙りチャーシュー丼卵かけごはん」などもあります。

実はこちらのお店、今出川と烏丸にあるラーメン店「元町らーめん」さんのセカンドブランド店

元町らーめんさんといえば京都ラーメンの老舗、これまで学生街や繁華街で営業していましたが観光地で京都らしいラーメンの提供も始めたということになりますね。

今回はこの「ichiren KYOTO」の雰囲気やどんなメニューがあるのかをレビューします。

店内の雰囲気は?(コロナ対策など)


ichiren KYOTO(店内写真)

ichiren KYOTO(店内写真)

お店はニ寧坂を下りたところの路地奥、京町家風のテナントが並ぶところにお店があります。

店内は入ってすぐ右に4名テーブルと2名テーブルが1卓ずつ。

奥に厨房とカウンターが4席、手前にテーブル席があります(ichiren KYOTO)

奥に厨房とカウンターが4席、手前にテーブル席があります(ichiren KYOTO)

奥に厨房とカウンターが4席ほどのお店です。

カウンターには透明シールド、手指消毒液が設置されていました。

では、次にメニューを見ていきましょう。

このお店のメニューは?


ichiren KYOTO(京都ゆずラーメン・ニ寧坂)メニュー

ichiren KYOTO(京都ゆずラーメン・ニ寧坂)メニュー

ラーメンは2種類あり「豚骨と鶏ガラの濃厚ダブルスープ」のものが「一蓮(ichiren)」という店名にもなっているラーメン。

こちらは元町らーめんのスープをベースに柚子の風味をプラスした味わいになっています。

もうひとつは「焼きあごかつお節さば節宗田かつお節・いわし煮干しうるめ節」を使った魚介ラーメン「紗(sara)」です。

値段はどちらも1000円となっていました。

また、サイドメニューもあって「水餃子生ゆば丼炙りチャーシュー丼卵かけごはんごはん(お漬物二種付)」があり、京都を意識したメニューになっています。

一蓮(ichiren)1000円
紗(sara)1000円
水餃子 500円
生ゆば丼 500円
炙りチャーシュー丼 500円
卵かけごはん 400円
ごはん(お漬物二種付)300円

実食レビュー


紗(sara)1000円

紗(sara)1000円

今回は「紗(sara)1000円」を注文しました。

魚介ラーメンで「焼きあご・かつお節・さば節・宗田かつお節・いわし煮干し・うるめ節」を使っていて、出汁がよく出ている魚介の香りもよいラーメンです。

スッキリと澄んだスープでありながら濃厚な味わい

スッキリと澄んだスープでありながら濃厚な味わい

魚介くささがなく、スッキリと澄んだスープでありながら濃厚な味わいで完成度が高いと思いました。

さすが京都で長年ラーメンを提供してきたお店のセカンドブランドだけあります。

観光地らしく見た目にもこだわったラーメン(ichiren KYOTO)

観光地らしく見た目にもこだわったラーメン(ichiren KYOTO)

トッピングは「柚子・ゆずの皮・半熟たまご・麩・糸唐辛子・チャーシュー2種・つみれ」と種類多め。

観光地らしく見た目にもこだわったラーメンに仕上がっていました。

味変用の「柚子胡椒・七味・とろろ昆布」

味変用の「柚子胡椒・七味・とろろ昆布」

飯盒のようなステンレスの器には「柚子胡椒七味とろろ昆布」が付いていて、好みで味変しながら食べるようになっています。

柚子胡椒はあまり入れ過ぎると辛くなりますが香りが良いので少し入れてみると良いでしょう。

麺は京都らしいパツンとした太めのストレート麺

麺は京都らしいパツンとした太めのストレート麺

麺は京都らしいパツンとした太めのストレート麺を使っていました。

京都のラーメン店としてポイントを抑えた味わいに観光客向けの要素を組み込んだラーメンとなっており、そのあたりのコンセプトが伝わればアフターコロナの頃には人気店になっているかもしれません。

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


ichiren KYOTO(店舗外観写真)

ichiren KYOTO(店舗外観写真)

では「ichiren KYOTO」への行き方や営業情報についてです。

場所は京都市東山区のニ寧坂、坂を下りてすぐ左側の路地奥にお店があります(スタバがある路地のところです)。

住所でいえば「〒605-0826 京都府京都市東山区桝屋町349−20」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありません。近隣のコインパーキングを使ってください(地図)。

自転車は駐輪場がなかなかないのですが、バイクは「京都市清水坂観光駐車場(地図)」があります。ただし緊急事態宣言中は休みなので、その期間中はバイクで行くと駐輪するところに困るかと思います。

営業時間は「11時~18時」で、定休日は「水曜日」となっていました。

ジャンル「ラーメン店」
食事予算「1000円~」
ランチ営業「あり」
ディナー営業「なし」
営業時間「11時~18時」
定休日「水曜日」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒605-0826 京都府京都市東山区桝屋町349−20」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
テイクアウト「不可」
出前「なし」
電子決済「なし」
コロナ対策「手指消毒・マスク・透明シールド」
公式https://www.instagram.com/ichiren_kyoto/
オープン日「2021年5月16日」
広告


京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。