中国料理 徳涌(京都府宇治市)2021年2月8日開業

京都府宇治市の新田駅近くで「中国料理 徳涌」が2021年2月8日に新店オープンしました。1時~14時のランチセットは10種類あって「ライスの増量&おかわり」が無料のお店です。値段もランチなら600円~900円程度でした。

2021年2月8日オープン 中国料理 徳涌


2021年2月8日オープン 中国料理 徳涌

2021年2月8日オープン 中国料理 徳涌

京都府宇治市の新田駅近くで「中国料理 徳涌」が2021年2月8日に新店オープンしています。

お店は奈良街道沿いにあり、店頭に「ほっぺた落ちる美味しさ」と書かれた看板があるお店です。

中国料理店でメニューも豊富、11時~14時のランチセットは10種類あって「ライスの増量&おかわり」が無料になっていました。

麺類もありラーメン定食が800円です。

ランチメニューは600円~900円

ランチメニューは600円~900円

ランチメニューは600円~900円で提供。

ライス・小皿・中華スープに二品ついており比較的リーズナブルかと思います。

味付けは結構濃いめでライスに合う定食メニューが多かったです。

店内の雰囲気は?(コロナ対策など)


中国料理 徳涌(店内写真)

中国料理 徳涌(店内写真)

店内は4名テーブルが4卓、2名テーブルが3卓あり広さはあります。

コロナ対策は「マスク・手指消毒」が行われていました。

入店タイミングもあるかもしれませんが、ご年配のお客さんがほとんどで、学生・サラリーマンがいなかったのが印象的でした。

このお店のランチメニューは?


ランチメニュー1(中国料理 徳涌)

ランチメニュー1(中国料理 徳涌)

メニュー数が多いのでランチ(11時~14時)メニューのみ紹介します。

600円の「もやし定食」から900円の「四川風エビチリ定食」までレパートリーは10種類です。

結構な甘口ですが好みの味付け(エビチリ)

結構な甘口ですが好みの味付け(エビチリ)

ライスの「おかわり・大盛」が無料でボリュームもあります。

メインの一品に加えて唐揚げがセットになっていました。

味付けは濃いめ、中華スープも濃口です。エビチリもだいぶ甘いやつでしたが、甘いエビチリが好みなのでライスで美味しくいただきました。

もやし定食(600円)
鶏の甘酢定食(700円)
マーボー豆腐定食(750円)
焼きそば定食(750円)
ラーメン定食(800円)
かに玉定食(800円)
唐揚定食(800円)
酢豚定食(850円)
四川風エビチリ定食(900円)
チンジャオロース定食(900円)

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


中国料理 徳涌(店舗外観写真)

中国料理 徳涌(店舗外観写真)

お店の場所は府道15号線の大久保交差点を東へ、一筋目で奈良街道を北に上がってスグのところです。

新田駅と大久保駅の間にあり、平和堂100BAN店の東側が奈良街道になります。

住所でいえば「〒611-0031 京都府宇治市広野町東裏103−1」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありませんが、平和堂100BAN店のところに駐輪は可能です。

営業時間は「11時~20時」となっていました。

ジャンル「中国料理」
食事予算「600円~900円」
ランチ営業「あり」
ディナー営業「あり」時短要請期間は21時で閉店の可能性あり
営業時間「11時~20時」
定休日「不定休」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒611-0031 京都府宇治市広野町東裏103−1」
地図こちらをクリック(Google Maps)」


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!