素材にこだわり化学調味料を使わない無化調ラーメンである必要はない?!

これまで「京都ラーメンブログ」で・・・・「ラーメンは無化調であるべきとはこれっぽっちも思っていない」と何度も書いています。しかし、世間では無化調(化学調味料無添加、化学調味料不使用)をうたったラーメン店が多いはずです。では、なぜ「化調」でも良いと考えているのでしょうか?

ラーメン店の「無化調」ってなに?


ラーメン店で見る「完全無化調」の文字

ラーメン店で見る「完全無化調」の文字

今回の「京都ラーメンブログ」は、記事内でもよく使われるフレーズ「無化調」についての話題です。

無化調とは「化学調味料無添加」という意味。

逆に化学調味料を使っている場合は「化調」とも言ったりしています。

無化調をうたっている京都の有名ラーメン店のラーメン

無化調をうたっている京都の有名ラーメン店のラーメン

文字通り「化学調味料無添加」なのですが、ラーメン店によってはこれをキャッチフレーズにしている店舗が数多くあります。

化学調味料を使っていないからカラダに優しそうというイメージがあり、有名ラーメン店の多くがこの「無化調」を掲げています。

かと思えば「うちでは少し使ってますね(化調)、味を整えられますので」というラーメン店もあります。

化学調味料とは「味の素、ハイミー」のこと


化学調味料とは「味の素、ハイミー」のことです

化学調味料とは「味の素、ハイミー」のことです

では、この「無化調」というのは具体的にどういう意味なのでしょうか?

気になるのが「化学調味料」という部分ですが、これは具体的にいえば・・・・

味の素、ハイミー

のことです。

ラーメンに化学調味料を使っているからダメというわけではない


味の素は「グルタミン酸ナトリウム」という旨味成分です

味の素は「グルタミン酸ナトリウム」という旨味成分です

味の素やハイミーは正式には「うま味調味料」と呼ばれるもので、化学調味料というのは昔使われていた言葉です。

テレビで味の素を紹介する時に商標である「味の素」を使えないテレビ局が「化学調味料」と呼んだのが始まりとされます。

現在では、この「化学調味料」という言葉が誤解を招くという理由で「うま味調味料」と呼ぶようになっています。

うま味調味料はサトウキビなどの天然素材で作られています

うま味調味料はサトウキビなどの天然素材で作られています

化学と付くことから「人工的に作られたもの」であるのですが、素材は天然由来の「サトウキビ・キャッサバ・とうもろこし」などが原材料です。

サトウキビを発酵させ、旨味成分である「グルタミン酸ナトリウム」を結晶化して取り出したものが「うま味調味料」なのです。

人工的なものがダメだったら「酒、味噌、塩」もダメなはずなんで、味の素だけがダメというのはおかしな話なのです。

着色料と化学調味料は意味が違います

着色料と化学調味料は意味が違います

しかし「化学調味料」という言葉から・・・・

人工甘味料とか食品添加物、保存料、着色料、乳化剤などを使っていないという意味で捉えている人も多いのです。

そのため、前述のように化学調味料を使っていないからカラダに優しそうというイメージが先行して、ラーメン店でもキャッチコピーで「無化調」を使う傾向にあるのです。

ラーメン店の「無化調」は天然食材のみという意味だから味の素を使っても良いはず


無化調ってこういう天然食材のみというイメージで使われています

無化調ってこういう天然食材のみというイメージで使われています

ということで、ラーメン店の「無化調」は天然食材のみという意味で使われているわけです。

しかし、そういう意味であれば「化学調味料(うま味調味料)」である・・・・

味の素 を使っても良いはずなんです。

広告

化学調味料というのはあくまでも「うま味調味料」であって、具体的には「味の素ハイミー」のことです。

ちなみに「ハイミー」は味の素より旨味が強い味の素のことですね。

これまで「京都ラーメンブログ」で・・・・

ラーメンは無化調であるべきとはこれっぽっちも思っていない

と何度も書いているのは、これが理由です。


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。