【一泊レビュー】格安で食べ放題朝食も満足 大阪守口プラザホテル大日駅前

Sponsored Link


先日、飲み会があって大阪の東梅田まで行ってきました。
ただ、バイクで行きたかったので、近くで一泊しようと思ったのですが、大阪中心部ではなかなか駐輪場のあるホテルがありませんでした。

そういった場合、東梅田まで20分直通の「大日駅」駅前にある「大阪守口プラザホテル 大日駅前」さんが便利です。大阪で安く泊まるなら検討してみてください。

もし、バイクではない場合は梅田駅近くの激安ホテルもあります

格安ビジネスホテル「大阪守口プラザホテル大日駅前」さん


2014-05-27_191619

大阪守口プラザホテル 大日駅前」さんがあるの大日は大阪府守口市にあるベッドタウンで、ロード沿いにはAEONの大型ショッピングセンターや高層マンションなどがある土地柄です。

大阪の中心部、東梅田まで、地下鉄谷町線で20分程度でアクセスも便利でした。

価格は、一泊朝食付き(PM3時IN、AM11時OUT)で、5500円程度
車は地下駐車場が有料なのですが、バイクは駐輪場に置いたので無料でした。

お部屋の様子


2014-05-27_191339

ごくごく普通のビジネスホテルです。
どこを見ても一般的でした。

2014-05-27_191406

廊下は静かでした。
16時前だったからかと思いましたが、夜も特に騒音などなく静かでした。

2014-05-27_191423

ウォシュレットにシャワー・バスタブ。十分です。

2014-05-27_191439

シャンプー・ボディシャンプー・コンディショナーは資生堂のちょっと良さそうなものが置いてありました。あと、ハンドソープ。十分です。

2014-05-27_191507

部屋からは大日駅前のAEONが見えました。
駅は、大通りの交差点の地下にあり、その四方にホテルやAEONがあるので、地下道を使ってイオンに行く感じです。AEONには、ユニクロや映画館もあり、スーパーもありますから、必要なものは揃いますね。

2014-05-27_191522

氷入れと湯沸しとお茶セットです。
氷は通路に供給器があります。飲んだ後は氷水は必須です。

私は、セブンイレブンのコップコーヒー6個セットをビジネスホテルに行くときには持参しています。

空調の効いた部屋で飲むコーヒーっておいしいんですよ。

2014-05-27_191538

テレビは大型でした。
大阪なんで、たいした番組はやってませんでしたが。

2014-05-27_191552

いつも喫煙室に泊まるのですが、右壁際には空気清浄機がありました。
スプレーのにおい消しも置いてありました。

大浴場などはなし


ビジネスホテルは、大浴場があると少し高くなります。こちらは大浴場などはありませんでしたが、徒歩25分くらいのところに「スーパー銭湯[日帰り温泉]摂津の湯」さんがありました。

「スーパー銭湯[日帰り温泉]摂津の湯」さんは人工温泉ですが、650円くらいで綺麗なスーパー銭湯[日帰り温泉]です。安いヘアカットもあります。

また、同じくらいの距離で「ユーパス守口店」さんもあります。
こちらは敷地内に「単純温泉」が湧いています。そんな特色はありませんが天然温泉の強みで、750円でした。

朝食は値段の割にはたくさん選べるバイキング


2014-05-27_191700

一泊5500円程度なので、無料朝食は「パンとコーヒーかな」と思っていたのですが、そんなことありませんでした。

基本は、ごはんかパンですが、和洋中で好きなだけ食べ放題です。
コーヒーがミルク・オレンジジュースやフルーツもありました。

写真は結構控えめに取ってきたのですが、他にもたくさんありました。
「550円激安バイキング MKボウル上賀茂」(レビュー)さんよりおいしかったです(笑)。

この値段で、このレベルなら十分ではないでしょうか。
チケットなどは特になく、2階の会場で勝手適当に食べるスタイルでした。

お客さんは、中国のツアーの方が数名いました。あとは日本人で、西洋人は見ませんでした。

Sponsored Link


大阪守口プラザホテル 大日駅前

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。