千本ゑんま堂 @京都で「1万倍のご利益」がある謎スポットに挑戦

今回の「京都案内」は、なんと!ご利益が1万倍もあるという謎スポット「引接寺 千本ゑんま堂」に行ってきました。ここにはあることが出来れば「1万倍のご利益」が得られるという「萬倍碗」があるというのです。これはさっそくチャレンジしなくてはいけません。

では、その「ご利益1万倍」の謎スポットとは何なのでしょうか?

広告

千本ゑんま堂 で1万倍のご利益を狙ってみました


京都の上千本商店街にあるちょっとくたびれたお寺

京都の上千本商店街にあるちょっとくたびれたお寺

今回の「京都案内」は、通常の1万倍のご利益が得られるという京都市上京区にある閻魔様が祀られたお寺まで行ってきました。

ご利益1万倍

もし効果があれば毎月のお小遣いが1万円くらいになる可能性を秘めた場所でもあるのです。

そのお寺とは「引接寺」千本えんま堂

そのお寺とは「引接寺」千本えんま堂

そのお寺とは「引接寺(いんじょうじ)」のことで、一般には「千本えんま堂」と呼ばれています。

やや寂れた感のあるお寺ですが、平安時代は埋葬地へと続いていた「千本通」のこの場所に、冥界への入口として閻魔さまを祀り始めたことが始まりとされています。

そして、この「千本えんま堂」には、1万倍のご利益を狙えるという謎スポットがあるのです。

ご利益1万倍の投げ賽銭


この世とあの世の境目にあるらしい

この世とあの世の境目にあるらしい

では、その「ご利益1万倍」の謎スポットとは何なのでしょうか?

それは、この「千本えんま堂」の中にあるとされています。

さっそく中に入ってみましょう!

千本えんま堂 これといって普通ですが?!

千本えんま堂 これといって普通ですが?!

千本えんま堂」の中に入ると、ロウソクやお線香などがあり、奥の本尊には「閻魔王」が鎮座されています。

正直なところ、あまりよく見えません。

今回のお目当ては「1万倍のご利益スポット」なので、それを探してみると・・・・

あった!「1万倍のご利益」スポット!

あった!「1万倍のご利益」スポット!

萬倍碗


天井にある「萬倍碗」にお賽銭が入ると・・・・

天井にある「萬倍碗」にお賽銭が入ると・・・・

ご利益1万倍の謎スポットとは、これ「萬倍碗」と呼ばれるお碗です。

これは閻魔様のお茶飲み用ということですが、これにお賽銭を入れることができたら「1万日の参拝に相当するご利益がある」という謎のお碗なのです。

ということで、さっそくチャレンジしてみることに。

真正面から狙います

真正面から狙います

周囲には少し他の参拝者の方々がいらっしゃったので「これから投げます」と宣言してからお賽銭を用意しました。

周りの人々もこのチャレンジを見守るかのように息を飲みます。

いま、まさに勝負の時です!

えいっ!

閻魔様の見事なブロックに阻まれる

閻魔様の見事なブロックに阻まれる

( ꒪ ᵕ ꒪⁎)

周りで見ていたギャラリーからは「惜しい!」という声も上がりましたが、お賽銭は天井に一度当たった後にお碗へマッシグラと思いきや、お椀のフチに当たって、明後日の方向にすっ飛んで行ったのです!

引接寺 千本ゑんま堂


引接寺 千本ゑんま堂 ご利益1万倍にチャレンジしてみては?

引接寺 千本ゑんま堂 ご利益1万倍にチャレンジしてみては?

ということで、ご利益1万倍の謎スポット「萬倍碗」のある「引接寺 千本ゑんま堂」の紹介でした。

萬倍碗」に見事お賽銭が入れば、通常の1万倍のご利益があるというお碗です。

今回は惜しい結果となりましたが、近いのでまた後日チャレンジしようと思います。

すぐ北隣りには先日も紹介した「5分で打ち立て十割そば」が出てくる珍スポット「スマイルフーズ」もありますので、ご利益1万倍にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

京都府京都市上京区閻魔前町34
URL:http://yenmado.blogspot.jp/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。