豚骨ノ力 @滋賀「トンコツノーリョク と読むラーメン店」実食レビュー

今回は滋賀県の湖西・堅田に新しく開店した「豚骨ノ力」さんへと行って来ました。時々滋賀県に行く「京都ラーメンブログ番外編」です。店名の読みは「トンコツノーリョク」、濃厚豚骨ラーメンのお店です。

この「豚骨ノ力」さん、2018年7月20日に新店オープンしたばかりです。

堅田にラーメン新店「豚骨ノ力」2018年7月20日に新店オープン


滋賀県・堅田のラーメン新店「豚骨ノ力」

滋賀県・堅田のラーメン新店「豚骨ノ力」

今回の「京都ラーメンブログ」は、番外編として京都を飛び出し滋賀県へと行って来ました。

場所は湖西、おごと温泉のちょっと北くらいのラーメン店が多いエリアにある・・・・

豚骨ノ力」さんというラーメン店です。

最初「とんこつのちから」って読んでましたが、読みはこれで「トンコツノーリョク」なんだそうです。

元々「麺屋翔華」というラーメン店のあったテナントで、2018年7月20日に新店オープンしたばかりです。

豚骨ノ力(トンコツノーリョク)店内の様子


豚骨ノ力(トンコツノーリョク)の店内、カウンターが並列に並んで効率的

豚骨ノ力(トンコツノーリョク)の店内、カウンターが並列に並んで効率的

初夏に一度、前を通って「新店だな」と思いながら先を急いだのですが、今回は少し時間があったので食べてみることにしました。

店内は奥長で左右にカウンター、効率的な店内です。

おとなしめの接客でしたが、丁寧でシッカリしていて好感度の高いお店だと思いました。

豚骨らしく「赤」をベースに、シンプルながらオシャレな感じの店内になっていました。

豚骨ノ力 メニューと値段


豚骨ノ力 メニュー、ラーメンは2種類です(豚骨、豚骨塩)

豚骨ノ力 メニュー、ラーメンは2種類です(豚骨、豚骨塩)

スープは豚骨と塩ダレを加えたものの2種類です。

普通のラーメンは「豚骨ラーメン(700円)」で、豚頭と豚背骨を長時間煮込んだスープとなっており、それに塩ダレで辛さを増したものが「豚塩ラーメン(750円)」です。

標準でチャーシュー角煮が入っていますが、メニューでは+100円で「チャーシュー麺」にできるとも書かれています。

肉は「角煮チャーシュー」の2種類あり、デフォルトが角煮で、トッピングがチャーシューということです。

・豚骨ラーメン 700円
・豚塩ラーメン 750円
・豚骨W肉盛ラーメン 900円(スープが豚塩の場合は+50円)
・至福全部のせラーメン 950円(スープが豚塩の場合は+50円)
豚骨ノ力 定食メニュー、唐揚げ定食が人気みたいです

豚骨ノ力 定食メニュー、唐揚げ定食が人気みたいです

定食メニューもあって、豚骨ラーメンと一品にライスが付いてきます。

といっても、ライスはラーメン注文すれば無料でおかわり自由なので、定食メニューは「唐揚げ、コロッケ」あたりがお得そうでした。

ちなみに、後客の方々がほとんど「唐揚げ定食」を注文されていましたね。

・鶏の唐揚げ定食 950円
・コロッケ定食 900円
・のり明太子ご飯定食 900円
・チャーシュー丼定食 950円

豚骨ノ力「豚塩ラーメン」実食レビュー


豚塩ラーメン、京都では見ない白髪ネギでテンションが上がります

豚塩ラーメン、京都では見ない白髪ネギでテンションが上がります

今回は「豚塩ラーメン」を食べてみることにしました。

これは、普通の豚骨ラーメンに塩ダレをプラスしたもので、白髪ネギがトッピングされていました(通常は白ネギ)。

白髪ネギは京都では見ないので、これだけでテンションが上がります。

臭みが少ないながらシッカリとした味の豚骨スープです

臭みが少ないながらシッカリとした味の豚骨スープです

スープはシッカリとした豚骨スープで、濃厚で味わい深いスープです。

ほんのり甘みを感じる、とても美味しいスープなのですが、ここでちょっと後悔しました。

実は「塩ダレ」が辛すぎるのです。

普段から京都ラーメンばかり食べていると、この塩気がほぼないラーメンに慣れているので、一般的な辛さの塩ダレだと辛すぎに感じてしまいます。

ということなので、辛さが普段から気になる方は「豚骨ラーメン」を注文するのが良いでしょう。

肉厚の角煮が標準でトッピングされています

肉厚の角煮が標準でトッピングされています

トッピングされている角煮は程よいトロミで美味しい角煮で、醤油辛さがメインの味付けでした。

このスープだと甘辛くした角煮の方が絶対に合うと思うので、これは色々と試行錯誤してもらいたいところですね。

麺は極細の柔めの歯ごたえです

麺は極細の柔めの歯ごたえです

麺は極細で、いかにも豚骨ラーメンです。

やや柔らかめの茹で方ですが、これは固さを選べるなら「カタメ」でお願いしたい感じです。

この濃厚スープならカタメが合います。

スープの豚骨はとても美味しくコクがあるものでしが、塩ダレの辛さ、角煮、麺の柔らかさなど「なぜそうした?」という疑問はありました。

色々な方に意見を聞いて、細かいところを変えていけば「化ける可能性が高い店」という印象です。

ライスはラーメン食べたら無料でおかわり自由

ライスはラーメン食べたら無料でおかわり自由

ライスはラーメン食べたら無料でおかわり自由なのが嬉しいところです。

少し柔めのライスでしたが、漬物と豚骨スープで食べるとお腹いっぱいになりました。

コスパがとても良いお店で、とても頑張ってる感があり、私はこういうお店好きなので気に入りました。

ライスバーに「Free Wi-Fi」完備

ライスバーに「Free Wi-Fi」完備

豚骨ノ力 アクセス方法と駐車場について


豚骨ノ力(トンコツノーリョク)堅田で駐車場完備です

豚骨ノ力(トンコツノーリョク)堅田で駐車場完備です

おごと温泉から県道558号(西近江路)を北へ、堅田の手前にラーメン店「豚骨ノ力」はあります。

地名は「衣川」なのですが、「堅田」という方がわかりやすいかなと思います。

駐車場は道を挟んで「DAISO」の手前に7台分ありますので、車でも問題なく行くことができます。

駐車場もあって営業時間は深夜1時まで、とても頑張ってるお店だと思いました。

駐車場は「DAISO」の隣に7台分のスペースがありました

駐車場は「DAISO」の隣に7台分のスペースがありました

滋賀県大津市衣川1丁目1−17
営業時間:11時~深夜1時
定休日:年中無休


関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。