かっぱ寿司で東京・吉祥寺「武蔵屋」の家系ラーメンが食べられるので行って来た

2019年9月13日から全国の「かっぱ寿司」で東京・吉祥寺の家系ラーメン店「武蔵屋」のラーメンが食べられるようになっています。期間限定で売り切れしだい終了ということなので速攻で食べに行って来ました。しかし、その味は・・・・

広告

かっぱ寿司で武蔵屋の家系ラーメンが食べられる!


2019年9月13日から全国の「かっぱ寿司」で武蔵屋の家系ラーメンが食べられます

2019年9月13日から全国の「かっぱ寿司」で武蔵屋の家系ラーメンが食べられます

今回の「京都ラーメン速報」は、2019年9月13日から全国の「かっぱ寿司」で期間限定メニューとなっているラーメンを食べて来ました。

こちら、東京・吉祥寺「武蔵屋(むさしや)」さん監修の家系ラーメンで、創業20年になる人気店の味が全国で食べられるというイベントメニューとなっています。

イベントは材料なくなりしだい終了ということなので、9月13日の初日に食べに行って来ました。

こんにちわ「かっぱ寿司」

こんにちわ「かっぱ寿司」

行ったお店は伏せますが、京都市内の「かっぱ寿司」チェーンのひとつです。

しかし、ここで問題点が・・・・

メニューパネルに家系ラーメンがない!

メニューパネルに家系ラーメンがない!

メニューパネルに家系ラーメンがないんです。

そのため、お店の方を呼んで確認してもらったのですが、それでもなくて口頭で注文しました。

期間限定4のメニューにありました

期間限定4のメニューにありました

しかし、注文を待つ間にメニューパネルを見ていたところ「期間限定4」のメニューにありました。

店員さんも見つけられなかったので、麺類のところにもあるべきだとは思いますね。

かっぱ寿司で食べる武蔵屋の家系ラーメン 実食レビュー


かっぱ寿司で食べる武蔵屋の家系ラーメン

かっぱ寿司で食べる武蔵屋の家系ラーメン

ということで、かっぱ寿司で食べる武蔵屋の家系ラーメンがやってきました。

値段は390円(税別)、別途「追いしゃり、味玉」が100円で追加可能です。

かっぱ寿司で食べる武蔵屋の家系ラーメン(真上ビジュアル)

かっぱ寿司で食べる武蔵屋の家系ラーメン(真上ビジュアル)

しかし、ここでまた問題点が・・・・

スープを啜ってみると・・・・

ウッス!

醤油ダレは効いてるが出汁が極薄で鶏油も薄い

醤油ダレは効いてるが出汁が極薄で鶏油も薄い

スープは醤油ダレは家系っぽい味わいでいいのですが、関西人には少し辛い味わいです。

しかし、ベースの出汁がビックリするくらい薄いのです。

麺は中太平打麺?

麺は中太平打麺?

麺は家系らしく「中太平打麺」と書かれていますが、どこにでもある太麺です。

鶏油も香りがしないし、出汁の薄さに1/10食べて箸がストップするほどでした。

かっぱ寿司の家系ラーメン まとめ


追いシャリできるレベルのスープではありません

追いシャリできるレベルのスープではありません

たぶん、醤油ダレが同じ味なら出汁はどーでも良いという話だと思えます。

それくらい薄い出汁でした。

追いシャリがサイドメニューにありましたが、この薄さでどうシャリを処理すればいいのかも疑問です。

これ本当に武蔵屋が監修しているのだろうかという疑問すら残るラーメンで、かっぱ寿司の商品企画担当者には家系ラーメンをもっと食べてもらいたいとしか思いませんでした。


関東では有名な「横浜家系ラーメン」ですが、京都ではあまり見かけません。大阪では、最近やっとチェーン店がやってきて家系ラーメンも増加中ですが、京都で家系ラーメンが新店オープンするのは非常に珍しいことです。しかし、探せば数軒あったりします。


広告


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。