2020年3月5日に京都で一時的に巨大な「雹(ひょう)」が降り注ぎました

2020年3月5日14時33分頃から5分程度、短時間ですが京都市内に大きさ5mm以上の大きな雹(ひょう)が降り注ぎました。一時的に地面に溜まるほど降り続けて、その後は雨へと変わりました。

京都で一時的に巨大な「雹(ひょう)」が降り注ぐ


直径5mm以上の大きな雹がいきなり大量に降ってきた!

直径5mm以上の大きな雹がいきなり大量に降ってきた!

2020年3月5日14時33分頃から5分程度、京都市内でものすごい雹(ひょう)が降っていました。

直径5mm以上の大きな雹がいきなり大量に降ってきて、地面に雹が当たる音が響き渡っていました。

上の写真を見てもらえれば分かりますが、かなり大きな雹で一時的に地面に溜るほどの量です。

地面に溜まっている大きな雹(ひょう)

地面に溜まっている大きな雹(ひょう)

雹が降り注いだのは5分間程度、14時40分頃には一時雪に変わって、雨となりました。

バイクで走っていたところだったので、顔面に大きな雹がガン当たりしましたが、すぐにバイクを停めて避難するほどの量でした。

2月末にも少しだけ雪が降りましたが、本格的に降ったのは2020年2月18日以来です。

短い時間でしたが、極寒の寒冷前線が来ているのが分かる事例でした。

2020年3月5日(14時33分頃から5分程度、京都市内で直径5mm以上の大きな雹が大量に降った) ← New!
2020年2月18日(深夜から早朝にかけて京都市内で降雪)
2020年2月10日(京都市内で積雪1cm、京都市北区で積雪を確認)
2020年2月9日(京都市内で積雪5cm)
2020年2月6日(京都市内で初雪、京都市北区で積雪を確認)
2020年1月31日(気象台の報告では市内でチラッと降ったらしいがほぼノーカウント)
2019年4月1日(昼に原谷で雹、夜は花背で雪)
2019年3月24日(福知山市の夜久野高原で積雪数センチ、花背でうっすらと雪が積もっている)
2019年3月13日(花背付近で吹雪、積雪数センチ)
2019年3月7日(花背付近で吹雪、積雪数センチ)
2019年2月14日(午前中から小雪がちらつく)
2019年2月11日(朝8時前頃から小さなボタン雪が風がなくゆっくり降っている、積もってはいない)
2019年2月10日(明け方から雪が降り、朝8時には積雪1cm程度、日中も降っていた)
2019年1月31日~2月1日(深夜から早朝にかけて小雪が舞う、積もるほどではない)
2019年1月29日(深夜から小雪が待って朝8時頃には積雪1cm弱)
2019年1月27日(深夜から雪は降り続き京都市街地で積雪5cm以上)
2019年1月26日(京都広域で早朝から積雪1cm、花背など北部は豪雪、夜には市内でも5cm降雪)
2019年1月24日(京都市北区や右京区の北側で朝8時頃降雪するも積もらず)
2019年1月9日(京都市北区や右京区の北側で降雪)
2018年12月31日(愛宕山で20cmほどの降雪)
2018年12月30日(花背で20cmほどの降雪)
2018年12月29日(金閣寺周辺でも少し降雪)
2018年12月28日(金閣寺周辺で降雪を確認、午後も一時的に降雪
2018年12月15日(氷室別れで降雪確認、比叡山で冠雪を確認
2018年12月14日(花背で降雪)
2018年12月9日(愛宕神社で積雪
2018年1月27日(京都市街地で降雪、北区で積雪4cm弱
2018年1月25日~26日(京都市街地で降雪、北区で積雪4cm弱
2018年1月14日(京都市街地で降雪、雪の金閣寺を観測
2017年12月14日(貴船で積雪10cm
2017年12月14日(金閣寺で雪化粧
2017年12月13日(京都で雪が降り報道では初雪としていた
2017年12月9日(2017年冬の実質的な初雪だが12月2日にも降ったという目撃情報がある
2017年3月7日(山間部で大雪
2017年2月2日(嵐山などで冠雪を観測
2017年1月15日(京都で積雪30cm、雪の金閣寺を観測
2017年1月14日(京都市北区山間部で降雪
2016年12月28日(雪の金閣寺、積雪3cm弱
2016年12月16日(京都市北区の山間部で降雪、積雪3cm強
2016年12月15日(京都府山間部で降雪
2016年1月20日(雪の金閣寺、積雪5cm強
2015年1月3日~5日(京都市内で豪雪、積雪30cm、雪の金閣寺を観測
2015年1月2日(深夜から京都市街地でも吹雪
2015年1月1日(京都市街地で豪雪、日中は積雪3cm程度夜も積雪30cm
2014年12月18日(京都市街地で降雪1cm強、雪の金閣寺を観測)
2014年12月2日(大阪で初雪、京都では降らず)

SNSでの反応


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。