台湾カステラ澎澎(ポンポン、河原町三条)2021年3月19日開業

京都市中京区、河原町三条下ルで台湾カステラ専門店「台湾カステラ澎澎(ポンポン)」が2021年3月19日に新店オープンします。場所は元モッチャムのところ。京都では数年前から台湾カステラのお店が少しずつ増加中です。

2021年3月19日オープン 台湾カステラ澎澎(ポンポン)


2021年3月19日オープン 台湾カステラ澎澎(ポンポン)

2021年3月19日オープン 台湾カステラ澎澎(ポンポン)

京都市中京区、河原町三条に最近よく見る台湾カステラのお店が新店オープンします。

場所はモッチャム跡地、店名は「台湾カステラ澎澎(ポンポン)」となっていました。

店頭のポスターには「関西初」となっていますが、すでになんばCITY店というのがあるので正確には「京都初」になると思います。

台湾カステラ澎澎(インスタグラム)

台湾カステラ澎澎(インスタグラム)

台湾カステラというのは数年前から日本でも扱うお店が増加している台湾スイーツのことです。

ふんわりとプルプルとした食感のカステラで、口の中で溶けるような感覚になる焼き菓子ですね。

日本の長崎カステラとは全く異なり、本場のポルトガルカステラに近い味わいです。

京都では2021年2月10日に新京極通で「黄白白(ファンパイパイ)」という台湾カステラのお店が開業、JR京都駅の伊勢丹地下にある「紀ノ国屋」の台湾カステラも有名です。

台湾カステラ澎澎の値段


台湾カステラ澎澎の値段

台湾カステラ澎澎の値段

では、台湾カステラ澎澎の値段はどれくらいなのでしょうか?

基本の「ポンポン」というトッピングなどがないノーマルカステラの値段は税込700円。

生クリームの入った「生クリームポンポン」が税込み860円。

この河原町限定の商品「ほうじ茶ミルクポンポン」が税込860円になっていました。

ポンポン(700円)
生クリームポンポン(860円)
ほうじ茶ミルクポンポン(860円)

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


台湾カステラ澎澎(店舗外観写真)

台湾カステラ澎澎(店舗外観写真)

店舗は元々タピオカドリンクの「モッチャム」があった場所です。

場所は河原町三条の少し南、西側の河原町通り沿いになります。

住所でいえば「〒604-8031 京都府京都市中京区大黒町 33番地 河原町通り三条下ル」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありません。

ジャンル「台湾カステラ専門店」
食事予算「600円~」
ランチ営業「あり」
ディナー営業「あり」時短要請期間は21時で閉店の可能性あり
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒604-8031 京都府京都市中京区大黒町 33番地」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
テイクアウト「対応可能」
コロナ対策「検温・手指消毒・マスク」
公式https://www.instagram.com/pongpong_of/


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西の・スイーツ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!