中華料理 紅華 @京都市北区 ラーメンランチ 実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は京都市北区でラーメンなどのランチを食べることができるお店「中華料理 紅華 大宮店」に行ってきました。実際にランチセットを食べてきましたので実食レビューします。こちらのお店、なんとライスおかわり無料だったりもします。

地元では行きやすいお店で割と知られている中華料理店です。

広告

中華料理 紅華(京都市北区)でランチを食べてきました


中華料理 紅華(京都市北区)でラーメンランチを実食レビュー

中華料理 紅華(京都市北区)でラーメンランチを実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都市北区の中華料理店紅華(こうか)」さんに行ってきました。

紅華」さんは、他にも「桂坂店」や「静市店(閉店)」がある地元の中華料理屋さんです。

こちらは定食類のライスやスープが「おかわり自由」で、中華の一品の種類が多く、定食にラーメン類も種類が揃っていて、それでいて比較的リーズナブルな価格設定になっているお店です。

今回は、京都市北区の御園橋近くにある「紅華 大宮店」で、お昼のラーメンランチを食べてきましたので実食レビューします。

ラーメンランチ 実食レビュー


お昼のランチセット 860円

お昼のランチセット 860円

今回は「お昼のランチセット 860円」を食べてみました。

揚げなすエビチリソース蒸し鶏五目ラーメン・ライス」と種類が多く、ライスはおかわり自由というランチです。

ランチのエビチリ

ランチのエビチリ

こちらはランチの「エビチリソース」です。

中華では一番好きなメニューで、これだけでご飯何杯もいけそうな感じです。

「揚げなす」も中華味噌の甘いタレで、ごはんによく合うオカズになっていました。

揚げなす

揚げなす

ラーメンの種類が豊富


五目ラーメン(ハーフサイズ)

五目ラーメン(ハーフサイズ)

ランチのセットには「五目ラーメン」のハーフサイズが付いています。

豚肉わかめ野菜」などの五目そばで、やや淡泊な味付けでしたが、美味しいラーメンでした。

醤油ラーメン(醤油or豚骨醤油) 680円
味噌ラーメン 680円
塩ラーメン 680円
カレーラーメン 710円
チャーシューメン 780円
チャンポンメン 780円
長崎ちゃんぽん 780円
五目ラーメン 780円
四川ラーメン 780円
台湾ラーメン 780円
広東ラーメン 780円
ワンタンメン 780円
天津ラーメン 780円
こってりラーメン 780円
豚とろラーメン 870円
元気玉ラーメン 980円(3玉)
キムチラーメン 780円

麺類の種類は結構多く、いずれも680円~780円の価格設定になっています。また、いずれもハーフサイズ(400円台)があるのも特徴的です。

中には「元気玉ラーメン」という大盛りメニューもあったりします。

ご飯おかわり無料


嬉しいのはご飯おかわり無料です

嬉しいのはご飯おかわり無料です

中華料理 紅華」さんでは、ライスとスープはおかわり無料(店内のみ)になっています。

写真は「大盛ライス」で、実はこの前に「ライス小」を食べてからのおかわりしたものです。

近くには京都産業大学があるのですが、やはり大学近くで営業する飲食店は「ライス大盛」とか「ライスおかわり自由」があるので、お腹一杯になれるのが良いですよね。

中華料理 紅華 大宮店


中華料理 紅華(京都市北区)外観

中華料理 紅華(京都市北区)外観

ということで「中華料理 紅華」さんの場所ですが、京都市北区の御園橋(上賀茂神社近く)にある中華料理店です。

駐車場もあるので行きやすいお店ですが、お昼時は地元の方で結構混雑しています。

二階にはお座敷もあったりして、夜には家族で食事をすることもできます。

メニューも多く価格もリーズナブルで、学生なら学生定食なんかもあったりと便利なお店だなと思いました。

京都府京都市北区大宮南椿原町21−3
営業時間:10:55~23:30
定休日;火曜(祝日は営業し翌日休み)


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。