どうとんぼり神座 八幡店(京都ラーメン・八幡市)実食レビュー

2020年5月12日、京都に「どうとんぼり神座 八幡店」が新店オープンです。場所は「イズミヤ八幡店」駐車場の中、国道1号沿いから「どうとんぼり神座(かむくら)」の看板が見えるようになっています。1986年7月19日に道頓堀で1号店が開業したラーメン店です。

2020年5月12日オープン どうとんぼり神座 八幡店


2020年5月12日オープン どうとんぼり神座 八幡店

2020年5月12日オープン どうとんぼり神座 八幡店

あのラーメン店が京都で新店オープンです!

そのお店とは・・・・

どうとんぼり神座(かむくら)

「らーめん」と見えたので止まってみると看板が

「らーめん」と見えたので止まってみると看板が

京都府八幡市の国道1号沿いを走っていたところ、目の前に「らーめん」と見えたので止まってみました。

すると看板が徐々にクレーンで上がってきて・・・・

どうとんぼり神座

と書いてあったのです!

ものの10分くらいで設置完了(どうとんぼり神座 八幡店)

ものの10分くらいで設置完了(どうとんぼり神座 八幡店)

実はこちら、2020年5月12日オープンの「どうとんぼり神座 八幡店」さんなんです。

どうとんぼり神座は大阪中心部にあるラーメン店で、京都ではイオン久御山とイオン洛南にお店があります。

噂では昨年から「京都に どうとんぼり神座 が開店するらしい」とは聞いていたのですが、これまで詳細不明だったラーメン店です。

京都府八幡市の国道1号沿いの「イズミヤ八幡店」駐車場内に出店

京都府八幡市の国道1号沿いの「イズミヤ八幡店」駐車場内に出店

ということで、京都府八幡市の国道1号沿いの「イズミヤ八幡店」駐車場内に「どうとんぼり神座」が出店というのが今回のトピックスです。

どうとんぼり神座 八幡店(撮影日:2020年3月18日午前)

どうとんぼり神座 八幡店(撮影日:2020年3月18日午前)

では、この「どうとんぼり神座 八幡店」はどんなラーメンのお店なのでしょうか?

このお店のメニューは?


どうとんぼり神座のメニュー

どうとんぼり神座のメニュー

どうとんぼり神座のメニューは「おいしいラーメン(650円)」です。

チャーシュー増し・煮卵・ネギ・キムチ・ワンタンがトッピングできて、私のおすすめは「煮卵」追加です。

あとは「餃子・おにぎり・そぼろ丼」とのセットメニューがありました。

実食レビュー


どうとんぼり神座のラーメン

どうとんぼり神座のラーメン

どうとんぼり神座のラーメンはなんとも形容しがたいラーメンです。

他にはない独特なスープ。

強いて言うなら天理ラーメンのように白菜や肉をトッピングしたラーメンですが、近江ちゃんぽんにも似た味わいのスープです。

謎の味がするスープが「どうとんぼり神座」の特徴

謎の味がするスープが「どうとんぼり神座」の特徴

どうとんぼり神座のラーメンは完成度の高い味がしますが、謎の味わいとも言えます。

薄味の中に野菜の風味とほんのり甘味を感じます。

たぶん鶏ガラがベースで、トッピングの豚バラと白菜を一緒に煮てコクを出しています。

ちゅるちゅるで柔めの中華麺

ちゅるちゅるで柔めの中華麺

麺はちゅるちゅるで柔めです。

フードコートではよく見かける中華麺で「たまご麺」を使っていました。

半熟卵がほんのり甘辛でトッピングで追加するのがおすすめです。

このお店への行き方や営業時間は?


国道1号からみた「どうとんぼり神座 八幡店」

国道1号からみた「どうとんぼり神座 八幡店」

2020年5月上旬オープン「どうとんぼり神座 八幡店」の場所ですが、住所でいえば「〒614-8043 京都府八幡市八幡一ノ坪23−1」での開業となります。地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

元々は国道1号沿いの「イズミヤ八幡店」駐車場であったスペースです。

建物は神社みたいな雰囲気になっていて特徴があるのですぐにわかります。

大型の駐車場もありますが、上り車線からでないと入れないのでご注意ください。

営業時間は「11時~23時」ですが、時短要請期間は20時で閉店の可能性があります。

ジャンル「ラーメン店」
食事予算「650円~1100円」
ランチ営業「あり」
ディナー営業「あり」時短要請期間は20時で閉店の可能性あり
営業時間「11時~23時」
定休日「年中無休」
駐車場・駐輪場「あり」
住所「〒614-8043 京都府八幡市八幡一ノ坪23−1」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
テイクアウト「対応可能」
コロナ対策「手指消毒・マスク」
公式http://kamukura.co.jp/

このお店の口コミは?


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!