京辛麺 木屋町店 @京都・木屋町「辛麺屋 桝元」が移転リニューアル

京都・木屋町の六角通に新しいラーメン店が、2018年4月13日に新店オープンすることになっています。お店の名前は「京辛麺 木屋町店」というのですが、実は近くの「辛麺屋 桝元 木屋町店」さんが移転して来るというのです。木屋町通の旧店舗は2018年3月10日に閉店して「麺家にぼ木屋」が閉店した跡地へ移転してきます。店名も「京辛麺 木屋町店」に場所も六角通となって完全リニューアルです。

2018年4月6日時点では内装工事が急ピッチで進められていました。

広告

京辛麺 木屋町店 2018年4月13日に移転リニューアル


麺屋 桝元は、京辛麺 KYO-KARA として生まれ変わります

麺屋 桝元は、京辛麺 KYO-KARA として生まれ変わります

京都の木屋町にあったラーメン店「辛麺屋 桝元」さんが、2018年4月13日に移転して「京辛麺 木屋町店」として新たにリニューアルオープンすることになっています。

旧店舗の場所にあった店舗は、すでに閉店しており(2018年3月10日に閉店)、徒歩3分くらいの場所へ移転した新店舗では内装工事の真っ最中でした。

この場所なのですが、2017年4月1日に新店オープンした「麺家にぼ木屋」さんの跡地で、いつの間に閉店となったのかビックリしました。

そんな場所に木屋町の表通りにあった「辛麺屋 桝元」さんが引っ越してくるということも驚きですが、店頭の告知には「麺屋 桝元は、京辛麺 KYO-KARA として生まれ変わります」と書かれていました。

麺屋 桝元 旧店舗、テナントとしてはこちらの方が断然良い立地

麺屋 桝元 旧店舗、テナントとしてはこちらの方が断然良い立地

京辛麺 木屋町店」さんは、京都の食材で作る「京辛麺」のお店で、いわゆる激辛系ラーメンを提供するお店です。

最近、この四条河原町界隈では六角通に「博多火炎辛麺 赤神 京都店」さんがすでにオープンしており、また同じ4月に「京都炎神」さんも六角通に開店予定となっています。

さて、今回紹介の「京辛麺 木屋町店」さんも六角通沿いということで、まさかの「六角通」が激辛ストリートになる勢いです。

また、開店したら行ってみたいと思いますが、私は辛いもの食べると胃腸の調子が悪くなるので、辛味の少ないのもお願いしたいところです。

京辛麺 木屋町店 への行き方(アクセス方法)


京辛麺 木屋町店 2018年4月13日に新店(移転)リニューアルオープン

京辛麺 木屋町店 2018年4月13日に新店(移転)リニューアルオープン

さて「京辛麺 木屋町店」さんへの行き方(アクセス方法)ですが、六角通沿いなので河原町通りの「業務スーパー」の南を東へ入ってすぐの所にあります。

オープン日は2018年4月13日で、営業時間は長く「11:30~14:30、18時~6時」と場所柄か深夜営業も行っています。

河原町通からは一方通行なので、木屋町通からのアクセスになりますが、細い道で大型車の通行は困難です。

バイクや自転車は木屋町通に有料駐輪場があるので、そちらに駐輪すると良いでしょう。

ただし、過去4回ラーメン店がテナントに入ってすべて撤退していますので、縁起が悪い場所ですね。

京都府京都市中京区山崎町258−24
営業時間:11:30~14:30、18時~6時
定休日:水曜日
Twitter:https://twitter.com/kyokara_001
URL:https://kyo-kara.com/

※地図に登録しておきました。


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。