静原 里の市 @京都「地元の食材が買える!ほのぼの市」

今回の「京都案内」は、静原集落で毎週日曜に開催されているホノボノした朝市「静原 里の市」へ行ってきました。静原産のものだけ、農家さんなどが5軒ほど出店している小さな朝市です。

野菜や惣菜に弁当とコーヒーの屋台が出ていました。

広告

京都の朝市「静原 里の市」をご存知ですか?


京都の朝市「静原 里の市」ものすごく牧歌的です

京都の朝市「静原 里の市」ものすごく牧歌的です

今回の「京都案内」は、ものすごくニッチではありますが、静原で毎週開催されている「静原 里の市」へ行ってきました。

こちらの「静原 里の市」はすでに14年ほど毎週日曜8時~開催しているという地元の朝市です。

規模は小さいのですが、静原集落の4軒ほどの農家さんなどが「野菜惣菜コーヒーお弁当」などを販売しています。

さて、どんな朝市なのでしょうか?

さて、どんな朝市なのでしょうか?

あまり知られていないのは、近くの大原でも毎週開催されている朝市が開催しているというのもありますが、静原集落前を通る人がなかなかいないという場所的な要因が一番でしょう。

しかし、だからこそ地元の方々とふれあいながら朝市を楽しむということもできるというものです。

静原 里の市 で売られていたもの


静原でつくった佃煮などの惣菜が販売されていました

静原でつくった佃煮などの惣菜が販売されていました

静原でつくった佃煮などの惣菜が販売されていました。

惣菜類は200円~400円で「はりはり漬け」(干し大根の甘酸っぱい味)とか「いものつる煮」がありました。

今回はこの2つを購入しました。

はりはり漬け」は試食したのですが甘酸っぱくて美味しかったので購入。

いものつる煮」はおにぎりに合いそうなので買いました。

斗大豆


「斗大豆」が300円

「斗大豆」が300円

斗大豆」が300円でありました。

これは大豆の漬物ですね、珍しいのですが「斗」の意味はなんでしょうか。

鯖寿司


太巻き・いなりすし 450円~600円

太巻き・いなりすし 450円~600円

お弁当も販売されており、太巻き・いなりすしが450円~600円くらいで販売されていました。

これも静原で作られたものです。

おにぎりは300円、梅味噌としその実佃煮を使った田舎おにぎりです。

鯖寿しは1000円~2000円

鯖寿しは1000円~2000円

このあたりは古くから「鯖街道」と呼ばれ、福井から京都へ鯖を運んでいた道があります。

そういった伝統から京都の山間部では「鯖すし」が売られていることが多いのですが、静原の農家さんでも鯖寿司は作っています。

1000円~2000円で、お値段的には他と同じです。

七彩の風 しずたま


平飼い卵「しずたま」570円

平飼い卵「しずたま」570円

大原界隈は養鶏も多いのですが、静原でも「七彩の風」の奥に養鶏場があって、そこの平飼い卵を販売していました。

しずたま」という商品名になっていました。

10個パックで570円なので、道の駅で売られているお高い卵レベルです。

ちなみに、平飼いというのは放し飼いのことです。

九条ねぎ(霜降り)


九条ねぎ(霜降り)

九条ねぎ(霜降り)

静原産の「九条ねぎ」も売られていました。

細ねぎ品種の方で5本で150円なので安い方だと思います。

静原は11月8日に霜が降りたそうで「霜降りねぎ」になっていました。

霜がおりるとネギは美味しくなります。

静原 里の市 基本情報


規模は小さいですがホノボノした朝市でした

規模は小さいですがホノボノした朝市でした

静原 里の市」は、規模は小さいですがホノボノした朝市でした。

他にお客さんもいなかったので、静原集落の方と話しながら買い物をするような朝市です。

毎週日曜開催で、朝8時頃から14時くらいまで開催しています。

ただし、早めに行かないと商品が少なくなりますので午前中には行った方が良いでしょう。

京都府京都市左京区静市静原町
営業時間:8時~14時(毎週日曜開催)


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。