大大吉 という超レアおみくじが京都の伏見稲荷大社にある

Sponsored Link

大大吉おみくじが京都にあると言います。場所は京都の「伏見稲荷大社」です。では実際に大大吉のおみくじは伏見稲荷大社のどこにあるのでしょうか?

検索すると山頂の無料おみくじにあると言うのですが・・・・この話にはがあります。

大大吉 という超レアおみくじが京都の伏見稲荷大社にある


京都・伏見稲荷大社には「大大吉」の出る山頂おみくじがある???

京都・伏見稲荷大社には「大大吉」の出る山頂おみくじがある???

大大吉」というおみくじがあるのをご存じでしょうか?

日本全国の神社には少ないながらも存在しています。全国に11社ほどあります。

伏見稲荷大社 二番と三十二番(京都市伏見区)
御金神社(京都市中京区)
竹島八百富神社 一番(愛知県蒲郡市竹島町)
飛騨一宮水無神社 十七番(岐阜県高山市)

そのひとつが、京都の「伏見稲荷大社」にあるおみくじです。

伏見稲荷大社のおみくじは鳥居の付近だと有料、山頂(一ノ峰)に行くとおみくじが無料であります。

ただし、山頂までは片道で2時間ほどかかります。伏見稲荷大社ではケーブルカーもあるのですが「山頂までけっこう近いんだろ?」と甘く見積もった観光客がヒィヒィ言いながら登山する姿をよく見かけます。

伏見稲荷大社 山頂おみくじ


山頂に徒歩で登山する場合は「千本稲荷」を通ります

山頂に徒歩で登山する場合は「千本稲荷」を通ります

この伏見稲荷大社の「大大吉」が出るのはどこなのでしょうか?

ちょろっと検索すると、山頂(一ノ峰)の無料おみくじだと検索結果で出てきます。

山頂は「一ノ峰」というところまで行かなければならず、かなり大変な登山になります。

甘く見ている観光客が結構多くて、参道途中の道案内を見つめながら「さっきから全然進んでいない・・・・」と落胆する姿が多く見られます。

こちらが伏見稲荷大社の山頂です

こちらが伏見稲荷大社の山頂です

山頂には「末広大神」という社があります。

右手にセルフ式ですが「おみくじ」があって無料でひくことができます。

ただし、後述しますがここに大きな落とし穴があります。

千本鳥居の途中までは観光客の皆さんでごったがえしています

千本鳥居の途中までは観光客の皆さんでごったがえしています

さすがにここまで来る方はだいぶ少なくなってきますが、途中までは観光客であふれかえっていました。

おみくじは「一ノ峰(末広大神)」と「二ノ峰(青木大神)」にありますが、出た番号をボードで確認するというもので・・・・

「おみくじ」の紙があるわけではありません!!!(ここ重要)

では、Twitterなどで写真が掲載されている「おみくじ」はどこにあるのでしょうか?

実は「伏見稲荷大社」本殿のおみくじに「大大吉」がある


実は「伏見稲荷大社」本殿のおみくじが話題の大大吉の出るおみくじなのです。

実は「伏見稲荷大社」本殿のおみくじが話題の大大吉の出るおみくじなのです。

実はこの伏見稲荷大社の「大大吉」のおみくじの話は詳細な話がキチンと記事になっていません。

実際に、Twitterなどで出回っている「大大吉」のおみくじは「伏見稲荷大社 本殿」のおみくじなのです。

つまり、一番下の鳥居のところに「大大吉」のおみくじがあるので、山頂まで行く必要がなかったのです。

伏見稲荷大社「大大吉」おみくじ まとめ


伏見稲荷大社「大大吉」おみくじ まとめ

伏見稲荷大社「大大吉」おみくじ まとめ

ということで、京都の伏見稲荷大社には「大大吉」のおみくじがあるという話題でした。

番号は「二番」と「三十二番」が「大大吉」です。

ちょろっと検索しただけだと「山頂の無料おみくじで大大吉がでる」という記事にあたりますが、実は山頂のおみくじは紙のものではありません

実際にTwitterなどで出回っている「大大吉」のおみくじは、伏見稲荷大社の本殿にある有料のおみくじなのでご注意ください。

京都府京都市伏見区深草藪之内町68
URL:http://inari.jp/

Twitterの口コミや感想


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。