お食事処 淡海 @京都「大衆食堂めぐり」実食レビュー

今回の「京都案内」は、京都の大衆食堂のひとつ「お食事処 淡海」さんの紹介です。京都には「麺類一式丼ものうどん」と書かれた大衆食堂がかなりたくさんあり、地元の方々がよく使っています。

京都観光に慣れてきたら「大衆食堂めぐり」というのも良いものです。

広告

京都の大衆食堂めぐり


京都の大衆食堂のひとつ相国寺門前「淡海」

京都の大衆食堂のひとつ相国寺門前「淡海」

京都が好きで観光に来られているなら「京都の大衆食堂めぐり」をしてみるのも良いものかもしれません。

京都には「麺類一式」や「丼物」などと書かれた「うどん、丼物、定食」を扱う大衆食堂があります。

こういった「麺類一式」のお店は住宅街でひっそりと営業していることが多いのですが、観光地にもあったりします。しかし、改築などをして普通のうどん屋さんにしか見えないものもあって、京都在住の方でもその全体像は把握できていません

上の写真は、上京区相国寺門前にある「淡海」さんという大衆食堂ですが、なかなか入店するのに勇気がいるお店であることも多いのが「京都の大衆食堂」の特徴です。

お食事処 淡海 実食レビュー


昔からの京都の大衆食堂の雰囲気です

昔からの京都の大衆食堂の雰囲気です

今回訪問した「お食事処 淡海」さんの店内の様子です。

昭和50年代くらいの雰囲気が残る店内は、なんとなくノスタルジックな感じが漂っていました。

京都には、まだまだこういうお店が結構残っています。

メニューも昔の値段のままの所もあります

メニューも昔の値段のままの所もあります

先日行った京都市北区「鶏泉」さんのランチ400円、ラーメン370円も昔のままのお値段でしたが、この「淡海」さんもラーメン500円とか定食630円など、リーズナブルな価格帯になっていました。

メニュー構成は、だいたいどこの大衆食堂でも似たような感じで「うどん中華丼もの定食」であることが多いです。

ハンバーグ定食 630円

ハンバーグ定食 630円

今回は「ハンバーグ定食 630円」を食べてみました。

メイン一品に「ライス味噌汁おしんこ」がついた定食です。

よくある松屋の定食も似たようなものですが、同じくらいの価格帯で食べられるのが良いところです。

ハンバーグは弾力のある大きなものでした

ハンバーグは弾力のある大きなものでした

ハンバーグは市販品かもしれませんが、弾力のある食感のハンバーグでした。

味はまぁまぁですが、松屋よりは良い味かなと思いました。

今回は定食を食べましたが、こういうお店に行ったら食べてもらいたいのが「京うどん」などです。京都では「けいらん(玉子とじ)」が京都の昔ながらのウドンです。

京都の有名観光地での観光もしてもらいたのですが、慣れてきたらこういった京都の地元民が行くような店も体験してみてください。

淡海 基本情報


淡海 外観

淡海 外観

さて、今回は「食事処 淡海」さんの紹介でしたが、京都には他にも似たようなお店が把握できないくらいあります。

他にも「麺類一式」でブログ内検索してもらえれば、たくさん記事がありますのでぜひご覧ください。

京都府京都市上京区相国寺門前町699-2(付近)
営業時間:
定休日:火曜


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。