京都にある昭和の値段で食べられる「激安大衆食堂」厳選7店舗

今回の「京都ラーメンブログ」は、ラーメンとうどんが安く食べられるお店を厳選して紹介します。値段は「かけうどん 200円」と「中華そば 250円」が最安値で、どのお店も500円より安い値段のお店ばかりです。実は京都にはこういう昭和の値段のままで販売している大衆食堂(麺類一式の店)が多く残っており、学生も多い町であることからお値段据え置きのお店も多いのです。

では、その「激安大衆食堂」とは、どこにあるなんというお店なのでしょうか。

京都にある昭和の値段の大衆食堂


中京区にある大衆食堂、すでに閉店していますが同様のお店が京都にはまだあります

中京区にある大衆食堂、すでに閉店していますが同様のお店が京都にはまだあります

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都の大衆食堂で食べる昭和のラーメン・うどんを紹介します。

京都の歴史から見れば、昭和なんて最近のことですが、今でも昭和の値段でやってます的な大衆食堂が京都にはたくさん残っています。

いわゆる「麺類一式」の食堂で「定食うどん丼もの」をメニューがある昔ながらの食堂のことです。

これらの大衆食堂は「大力餅千成餅みや古」など暖簾分けで同じ名前の食堂がたくさんあって、中には昭和の値段のままのお店もあったりします。

昭和の雰囲気そのままの大衆食堂で食べる中華そばも良いものです

昭和の雰囲気そのままの大衆食堂で食べる中華そばも良いものです

探せば「素うどん(200円)」程度で、ラーメンも400円とかあったりします。

また、お店の場所も観光地ではなく住宅街の中にポツンとあったりします。

このように京都では身近な大衆食堂ですが、観光案内には掲載されないし、観光客が立ち寄るお店でもありませんのでネット情報も少なめです。

そこで、今回は京都の大衆食堂からいくつか選んで紹介したいと思います。

みやこ食堂 北野店は素うどん200円、ラーメン450円


大将軍の妖怪ストリートにある「みやこ食堂」さんは激渋食堂です

大将軍の妖怪ストリートにある「みやこ食堂」さんは激渋食堂です

さて、最初に紹介するのは北野天満宮からも近い大将軍の妖怪ストリートにある「みやこ食堂」さんです。

こちらのお店は昭和38年創業という老舗で、京都や大阪に暖簾分け店がある「みや古食堂」と同じ名前のお店です。

店頭には「ちらし寿司、いなり寿司」が並んでおり、麺類一式のお店の特徴「麺類、丼物、定食、寿司」を扱う大衆食堂になります。

値段は「素うどん 200円」から、中華そばは450円と激安です

値段は「素うどん 200円」から、中華そばは450円と激安です

値段はラーメンを見ると安いかどうか分かります。

こちらの「みやこ食堂」では、ラーメン(中華そば)は450円で、丼物はほとんどが500円台となっており、この値段は安い方(中の下)くらいの価格です。

もう80歳近いようなお女将さんに話を聞いたところ「何十年も値段は変わってない」とのことでした。

うどんの値段を見ると、駅の立ち食いより安い可能性もある「きつねうどん 350円」という価格設定です。この感じだと昭和50年代くらいから価格改定は入っていなさそうでした。

中華そば 450円、薄口の京都だなぁという味わい

中華そば 450円、薄口の京都だなぁという味わい

とりあえず「中華そば」を食べてみることにしました。

スープは鶏ですが、醤油ダレはかなり薄口の「京都らしい」味わいがします。

出汁は昔と違って化調を使っているとのことですが、鶏ガラベースの昔懐かしい味のラーメンです。

京都なのでコショウが最初からかかっています。

京都の昔ながらの中華そばは、着丼時には胡椒が有無を言わせず入ってくるのが特徴なんです。

チャーシューは、ほんのりと酒粕のような味わいがします。

うどん 200円、出汁は鰹と昆布で昔からある味

うどん 200円、出汁は鰹と昆布で昔からある味

京都の大衆食堂では、味は「素うどん」を食べるとよく分かります。

こちらの「素うどん」は値段がなんと200円という激安価格のままです。

出汁はカツオと昆布で、うどんはよく出汁が出ており、それに味醂(みりん)でほんのり甘味があります。

京都っぽいうどんというよりも、小さい頃に新宿駅で食べた立ち食いうどんの出汁に似ているなと感じました。とはいえ、関東のはもっと醤油が濃口なので全体的な味わいは違います。

麺は京風うどんのように細くツルツルしたものではなく、太めのモチッとした麺を使っていました。

この麺の感じは京都に来てからなかなか出会えなかったものなので、なんか懐かしい味がして結構美味しかったです。

京都府京都市上京区天神道一条下る大上之町74
営業時間:だいたい11時~夕方くらいまで
定休日:だいたい開店してます(長期休業していた時もあります)

鶏泉(京都市北区)は素ウドン280円、ラーメン370円


京都市北区にある昭和の値段で食べられる大衆食堂

京都市北区にある昭和の値段で食べられる大衆食堂

さて、次に紹介するお店も激安食堂で、こちらの「鶏泉」さんは、一見するとなんのお店か分からないかもしれません。

住宅街の中にポツンとあるお店ですが、実はこちらも昭和の値段で食べることができる大衆食堂なんです。

なんと、その驚愕のお値段は「ランチ400円素うどん280円ラーメン370円」です。

素うどん280円、ラーメン370円・・・安すぎる!

素うどん280円、ラーメン370円・・・安すぎる!

最初のお店よりラーメンが80円安い価格設定ですが、この値段って昭和50年代後半くらいにあったラーメンの値段です。

当時はラーメン350円で、それでも安かった時代ですが・・・・

今でもラーメン370円です!

詳細な実食レビューは別記事にて公開しています!

400円の鶏泉ランチ、中華皿にライスとわらじカツと卵焼き

400円の鶏泉ランチ、中華皿にライスとわらじカツと卵焼き

370円で鶏肉ともやしにメンマも入ってます

370円で鶏肉ともやしにメンマも入ってます

京都府京都市北区大宮中林町31
営業時間:11時~15時
定休日:日祝

千成餅食堂 北野白梅町店はラーメン450円


千成餅食堂 北野白梅町店、古い店ですが店内はキレイめです

千成餅食堂 北野白梅町店、古い店ですが店内はキレイめです

さて、次に紹介するのは北野白梅町(京都市北区)にある「千成餅食堂」さんの中華そばです。

こちらではラーメンが450円という価格設定なので京都では安いラーメンと言えます。

前述で紹介した2店舗は、どちらもかなり古い雰囲気があるのですが、この「千成餅食堂 北野白梅町店」さんは比較的キレイめなお店なので改装をしていると思います。ちゃんと掃除や整理整頓をしているあたりは北野天満宮からも近いお店だからでしょう。

こちらでは「いなり寿司」も1個80円となっていました。

中華そば450円、定食も630円程度です

中華そば450円、定食も630円程度です

ラーメン(中華そば)は450円なので、最初に紹介した「みやこ食堂」さんと同じ値段で、場所も近くです。

安いお店って、京都市でも北側で、さほど中心部から離れていない住宅街の中とかで見かけることが多いかなと思います。

定食も630円と730円なので、地元では気軽に入れるお店のひとつです。

ラーメンは安定の京都クオリティ

ラーメンは安定の京都クオリティ

ラーメンは麺量もあって、トッピングは「チャーシューかまぼこもやしねぎ」と結構はいっています。

やや歯ごたえのある麺は京都では珍しいのですが、やはり京都のラーメンなのでコショウが有無をいわせず大量投入されて着丼します。

ナルトではなく「かまぼこ」が入っているのも京都らしい感じがしました(関西ではナルトはめったに食べません)。

京都府京都市北区北野白梅町 一条通り西大路西入
営業時間:
定休日:

音色食堂(下鴨)は素うどん300円、ラーメン420円の激渋食堂


激渋すぎる音色食堂(京都市左京区)

激渋すぎる音色食堂(京都市左京区)

下鴨にある「音色食堂」さんは建物からして昭和の香りがする激渋食堂ですが、値段も素うどん300円ラーメンが420円という昭和の価格設定になっています。

定食も安くて、とんかつ定食500円ダブルハンバーグ定食が580円という激安食堂です。

場所も道幅の狭い住宅街の一角にあり、下鴨神社が近いのですが観光客が来たりすることはありません。

素うどん300円、ラーメン420円は安い!

素うどん300円、ラーメン420円は安い!

ラーメンは420円で、今回紹介した中でも安い方のお店です。

このエリアは京都大学や繊維大学も近いので学生が比較的多い町と言えます。そのため、価格もこなれたお店が多いのですが、さすがにこの値段のお店はなかなかありませんよ。

詳細な実食レビューは別記事にて公開しています!

ダブルハンバーグ定食 580円

ダブルハンバーグ定食 580円

京都府京都市左京区下鴨膳部町1−23
営業時間:7時~16時
定休日:土曜

中華料理 鷭(ばん)ラーメン300円で取材拒否の店


なんとラーメン300円

なんとラーメン300円

さて、どうしても紹介したいのが「中華料理 鷭(ばん)」さんです。

こちらは大衆食堂ではなく中華料理店なのですが、なんとラーメン300円という激安食堂なのです。

ただし、詳しく紹介はできません。というのも、こちら取材拒否のお店なのです。

「中華料理 鷭(ばん)」さんは取材拒否のお店なので店内での食事などの写真やレビューなどは一切掲載していません。看板の写真は公道から撮影したもので店舗の写真も掲載していません。これは、取材拒否に従ったもので一切問題がない紹介方法です。場所も地図に登録されているもので掲載に問題は一切ありません。

ということなので、ここ簡単に紹介することにして、次のお店を紹介しましょう!

なんと、次はラーメン400円のお店です。

京都府京都市左京区吉田牛ノ宮町8−1
営業時間:
定休日:土日祭

梅本商店(綴喜郡井手町)猪ラーメン300円


300円の激安!猪ラーメン(いのししラーメン)

300円の激安!猪ラーメン(いのししラーメン)

さて、次に紹介するのは・・・・

お肉がたっぷり入ったラーメンなのに、値段は驚愕の300円というラーメン店「梅本商店」さんです。

実質的なコスパ最強店です。

こちらは、猟師の方が経営されている料理屋さんなのですが、自分で狩ってくるのだがらお肉のコストが安くなるわけで、それでこの値段を実現しているのです。

猪肉・鹿肉 梅本商店、お店も個性的でした

猪肉・鹿肉 梅本商店、お店も個性的でした

こちらの「梅本商店」さんは京都では結構有名で、テレビなどでも紹介されたことがあります。

ネットでは本ブログがいち早く紹介しており、他の大手ブログさんのネタ元にされることもしばしばです。

営業日が少ないので、行く場合には「いのししラーメン300円!京都激安 猪ラーメン 梅本商店」という実食レビュー記事を読まれてから行かれるのをオススメします。

京都府綴喜郡井手町多賀下川42−1
営業時間:12時~19時くらい
定休日:土日以外だいたい休み
URL:http://ryousinotyokubaiten.on.omisenomikata.jp/

Kの食卓(右京区西京極)は素うどん180円、ラーメン250円の激安食堂


Kの食卓(右京区西京極)

Kの食卓(右京区西京極)

さて、最後に京都で一番安い大衆食堂の紹介です。

そのお店とは・・・・

ごはん処 Kの食卓

です。

七条にあり、他にもあるのですが、いわゆるP店併設の激安食堂で、ラーメンが250円で量も多いというお店です。

他のメニューも激安で、カレーは250円、かけうどんは180円という破格値だったりします。

詳細な実食レビューは別記事にて公開しています!

これが京都の230円激安ラーメン

これが京都の230円激安ラーメン

京都府京都市右京区西京極大門町1−1
営業時間:11:30~17:30(土日祝は18:30まで)
定休日:年中無休

昭和の値段で食べられる「激安大衆食堂」厳選7店舗 まとめ


最近はラーメン500円で食べられるお店も少なくなりました

最近はラーメン500円で食べられるお店も少なくなりました

ということで、今回は昭和の値段で食べられる「激安大衆食堂」厳選7店舗を紹介しました。

素うどんの最安値は200円の「みやこ食堂」さんで、北野天満宮の近くにあるヒッソリとした大衆食堂でした。

ラーメンの最安値は230円の「Kの食卓」という大衆食堂でした。

・素うどんの最安値は200円(みやこ食堂)
・ラーメン最安値は230円(Kの食卓)

とはいえ、京都すべてのお店を確認できたわけではないので、これより安いお店もあるかもしれません。

でも、今回紹介したどのお店もラーメンは500円(ワンコイン)しないというお店ばかりなので、もし近くに行くことでもあれば食べに行ってみてください。


うどん

関西・京都の知られざるうどん&蕎麦店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。