京ラフラン @京都には「新京野菜」という野菜がある!実食レビュー

今回の「京都案内」は「新京野菜」というジャンルの野菜「京ラフラン」を紹介します。京ラフランは京都大学と京都市がコラボして開発したまったく新しい京野菜で「新京野菜」として売り出そうとしている野菜です。

この「京ラフラン」を実際に入手して食べてみたので実食レビューします。

広告

京都には「新京野菜」という野菜がある


京大とコラボした新品種らしい・・・・

京大とコラボした新品種らしい・・・・

今回の「京都案内」は京野菜です。

これまでも京野菜を扱ってきましたが・・・・

なんと!今回の野菜は「新京野菜」というニューフェイスの京野菜なのです。

京野菜・地野菜の専門店「御室よしむら」

京野菜・地野菜の専門店「御室よしむら」

京都でもまだ3軒ほどの農家さんでしか扱っていない野菜で、京都大学とコラボして開発した品種らしいのですが・・・・

いつものように「八百屋よしむら」さんのご協力で、早速入手してきたのでレビューしたいと思います。

京大とコラボした新品種「京ラフラン」


京都には「京ラフラン」という新京野菜がある

京都には「京ラフラン」という新京野菜がある

さて、この「新京野菜」とは何という野菜なのでしょうか?

その気になる新京野菜とは・・・・

京ラフラン

というお野菜です。

大根とキャベツの仲間「コールラビ」の属間雑種から生まれた野菜

大根とキャベツの仲間「コールラビ」の属間雑種から生まれた野菜

大根とキャベツの仲間である「コールラビ」の属間雑種から生まれた野菜で、「京ラフラン」の「ラフ」は大根の学名「ラファヌス・サティヴァス」から取り、「ラン」はキャベツの和名「甘藍(かんらん)」から名付けられました。

ラフ」 大根の学名「ラファヌス・サティヴァス」
ラン」 キャベツの和名「甘藍(かんらん)」

3月中旬~5月中旬の野菜ということで、今がまさに旬となっています。

葉は大根の葉のおいしいやつ、茎はアスパラの味わい


京ラフラン こんな感じの野菜です

京ラフラン こんな感じの野菜です

とりあえず生食してみたのですが、葉は大根の葉のマイルドな感じで、茎はやや甘みのあるシャリシャリした食べやすい野菜でした。

食べやすいので何でも合いそうな野菜です。

・葉は大根の葉のおいしいやつ
・茎はアスパラの味わい

京ラフラン 実食レビュー


塩ゆでしたらアスパラなみのコクと甘みがでました

塩ゆでしたらアスパラなみのコクと甘みがでました

ということで、実際に「京ラフラン」を食べてみましょう

は軽く塩ゆでしただけなのですが、甘みが増してアスパラのようなコクが出ました。

は、ソーセージと一緒に塩コショウで炒めたところ、こちらも油とソーセージとの相性がよくて、お肉の添え物として使うと合うお野菜でした。

茎は茹でると結構なコクが感じられ、葉は油で炒めるとややあった苦みがなくなり、一緒に炒めたソーセージのアクセントになって美味しかったです。

京ラフラン まとめ


葉は茹でてから油で炒めるとおいしそうです

葉は茹でてから油で炒めるとおいしそうです

京ラフランのオススメの料理としては「アサリのコンソメ煮」や「ペペロンチーノ」などが挙げられており、茎は塩で茹でてマヨネーズで食べると良いと教えてもらいました。

茎は茹でるとアスパラガスにソックリの味わいになります。

葉は刻んでから、お肉類と一緒に油炒めにすると肉のアクセントになります。

・葉は油炒めが合う
・茎はアスパラガスのように食べられる
・カルシウムがほうれん草の1.7倍
・ビタミンCが2.9倍
・京大とコラボした新京野菜というジャンルの野菜
・京都ではまだ3軒程度しか生産していない

京ラフラン 入手方法


京野菜・地野菜の専門店「御室よしむら」

京野菜・地野菜の専門店「御室よしむら」

では、この「京ラフラン」を買いたい場合はどうすれば良いのでしょうか?

入手は京都の仁和寺近くにある「八百屋よしむら」さんで入手可能です。

京野菜のプロショップで、旬の京野菜を多く扱っているお店です。

楽天でも「八百屋よしむら(みやびのふる里)」というショップを出しており、京野菜を扱っていますので、一度のぞいてみると面白いですよ。

広告


京ラフラン

京都府京都市右京区御室岡ノ裾町34−4
営業時間:13時~19時
定休日:日祝
公式サイト:八百屋よしむら(みやびのふる里)
Twitter:https://twitter.com/miyabinofurusat


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。