京都・おからはうす @右京区妙心寺で食べる「おから」のランチ実食レビュー

京都のおからを使った「おばんざい」が食べられる仁和寺・妙心寺エリア(右京区)の「おからはうす」さんに行ってきましたので実食レビューします。おからを使った五穀米のランチなど自然食品の京おばんざいです。

おからはうす」さんは落ち着いた和座敷もあって京都らしいお店でおススメです。

広告

おからはうす(京都市右京区)で京都ランチを食べてきました


おからはうす(京都市右京区)で京都ランチを食べてきました

おからはうす(京都市右京区)で京都ランチを食べてきました

今回の京都案内は右京区「仁和寺」エリアにある「京都のおばんざい」が食べられるお店「おからはうす」さんに行ってきました。

名前のとおり「おから」を使ったランチが食べられるお店で、京都の古民家を使った和風喫茶のようなお店です。

奥のお座敷も快適です

奥のお座敷も快適です

店内はカウンターテーブルもあって、店主と話しながら食事もできます。

奥には和座敷もあるので、落ち着いて食べたい場合は座敷も良いでしょう。

昔の和風家屋を改装しており、若い女の子が喜びそうなオシャレ感と気軽な感じのお店になっていました。

五穀米のとろろごはんランチ 1300円
おからコロッケランチ 1500円

ケーキやコーヒーもあるので喫茶利用もできますし、ランチもあるので食事ができます。

自然食品のお店でもあるので、ランチも「おから」を使ったものになっているのが特徴的です。

今回はランチの「五穀米のとろろごはんランチ」を食べてみることにしました。

五穀米のとろろごはんランチ 実食レビュー


五穀米のとろろごはんランチ 1300円

五穀米のとろろごはんランチ 1300円

五穀米
おから
とろろ
豆乳の煮物(パプリカなど)
春菊のお味噌汁
山芋の酢もの
リンゴとキャベツのサラダ

お料理は自然食品で作られており、店内にも「マヌカハニー」などの天然食材を販売するなどしているお店です。

ランチはおからを使ったお料理で、今日は山芋季節野菜の煮物などが運ばれてきました。

写真では煮物に「鶏肉」が見えますが、お肉は普段はさほど使わないとのことです。

五穀米(古代黒米・ひえ・あわ・きび・麦)

五穀米(古代黒米・ひえ・あわ・きび・麦)

五穀米は「古代黒米ひえあわきび」となっています。

赤飯のような赤色は「古代黒米」の色です。

普通のごはんのように食べられるものですが栄養価が高く、自然食品として食べられているものでもあります。

栄養価の高い「おから」と「とろろ」でいただきます

栄養価の高い「おから」と「とろろ」でいただきます

お店の雰囲気も良いのですが、自然食品を使った健康的なお食事をすることができました。

味もやわらかい味わいですが、薄くはなく「山芋の酢もの」などメリハリのあるものが具合よく並んでいます。

五穀米に「とろろ」をかけて、醤油をたらして「おから」と食べると穏やかな気持ちになり、大変おいしくいただくことができました。

おからはうす 基本情報


おからはうす は京都・仁和寺にも近い嵐電「妙心寺駅」にあります

おからはうす は京都・仁和寺にも近い嵐電「妙心寺駅」にあります

今回紹介した「おからはうす」さんがあるのは、京都市右京区「仁和寺」の近くです。

嵐電だとひとつ手前の「妙心寺駅」を下車して、仁和寺に向かう途中にお店があります。

古民家を使ったお店で、和座敷やテーブルにカウンターもあるので、その日の気分で場所を選べるようになっています。

気軽に入れるお店なので、お近くを通った際には入ってみてください。

京都府京都市右京区谷口円成寺町17−10
営業時間:11時~16時
定休日:月曜・火曜・その他不定休あり


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。