佐野屋総本店 @京都・太秦「戦後復興期の懐かしいコロッケ」実食レビュー

今回の「京都案内」は、レトロなお店で食べる「レトロなコロッケ」を紹介します。終戦直後から太秦で営業している老舗精肉店「佐野屋総本店」の本物の手作りコロッケです。最近流行りの「トロリとしたコロッケ」ではなく重厚感のあるコロッケなんです。

ということで「佐野屋総本店」さんのコロッケを実食レビューします。

戦後すぐの昔懐かしいコロッケが食べたい!


戦後復興期の懐かしいコロッケが食べたい!

戦後復興期の懐かしいコロッケが食べたい!

ある日、うちの困ったちゃんで霊感の強い千里眼・温泉担当が、また困ったわがままを言いだしました。

温泉担当 「戦争が終わって復興の中で食べたコロッケが食べたい・・・・(๑°⌓°๑)」

またまた、ド不思議ちゃんなことを言い出していますが、どうやら深夜3時頃に旧軍の陸軍兵長だった林邦三くんが枕元に立って「コロッケ」の話を延々してきたのだそうです。

まったくもって迷惑な夢枕ですが(笑)、そんな昔のコロッケがどこにあるというのでしょうか?

昔のままのコロッケが「三条太秦商店街」で食べられる!

昔のままのコロッケが「三条太秦商店街」で食べられる!

しかし、ここは歴史の街「京都」です。

昔ながらの味そのままの手作りコロッケが、今でも悠然と売られている町なのです。

フード担当は、普段から軽々しい口をわざわざ重めにしてこうつぶやきます。

フード担当 「終戦翌年からやっている肉屋あるよ、そこに・・・」

なんと京都最古の寺・太秦法隆寺のすぐ近く「三条太秦商店街」に、1946年から営業する老舗精肉店があるというのです!

京都・太秦にある激渋な老舗精肉店のコロッケ


実は近くで売ってました

実は近くで売ってました

その昔懐かしいコロッケがあるというのが、三条太秦の「佐野屋総本店」さんです。

なんとも激渋なたたずまいで、看板がなかったら何屋なのかもよく分からない感じがします。

でも、1945年の終戦の翌年である1946年(昭和21年)から、ここでお店をしている歴史ある精肉店なのです。

お肉屋さん手作りの自家製コロッケ60円

お肉屋さん手作りの自家製コロッケ60円

コロッケはもちろん手作りで、精肉店の材料を使ったほんまもんのコロッケです。

戦後すぐのことをよく知ってそうな激渋系お姉さんが目の前でコロッケを揚げてくれました。

お姉さんの話では、最近のコロッケは工場で作ったものを揚げたものばかりで、正真正銘の手作りコロッケは少なくなってきたけど、ウチのコロッケは「材料から違うほんまもんのコロッケ」ですとおっしゃっていました。

最近流行りのコロッケではない!


最近流行りのコロッケではない!

最近流行りのコロッケではない!

最近のコロッケは、中がトロリとしたユルいコロッケが多く、肉も近江牛とか国産牛を多く使って高級感を出したものが多すぎなのです。

しかし、ここのはそんな最近流行りのコロッケではありません。

じゃがいもがメインで、お肉はたっぷりというわけでもなく、大きさも小ぶり(そのぶん値段は半分くらい)です。

揚げたてアツアツでいただきます

揚げたてアツアツでいただきます

しかし、昔ながらの懐かしい味わいがします。

ジャガイモはあえて甘さを強調せず、フワッとさせるのではなくジャガイモの重厚さを感じるコロッケです。

それにお肉屋さん特有の油の香り(牛脂)が、ドンドンと口の中を攻めてきます。

ほんまもんの昔懐かしいコロッケがそこにありました。

ミンチカツもズッシリ重厚なお味


メンチカツ 100円も重厚です

メンチカツ 100円も重厚です

こちらはミンチカツです。

大きさはコロッケの倍くらいあるサイズで、価格は100円です。

こちらも最近のジューシーなミンチカツではなく、かなり肉感の強い重厚さのあるミンチカツになっていました。

ミンチカツといえば甘味ですが、甘さよりも肉の香りがかなりよく出ている「さすが肉屋」というべきお味です。

こちらもオススメなので、一緒に食べてみると良いでしょう。

佐野屋総本店 基本情報


佐野屋総本店 外観

佐野屋総本店 外観

さて、この昔懐かしいコロッケが食べられるお店「佐野屋総本店」さんの場所ですが、激渋な商店街「三条太秦商店街」にあります。

嵐電「太秦法隆寺駅」を降りて、北の三条通を右に歩いていくと2分くらいのところに、1946年(昭和21年)に空襲で果てた大阪から京都に引っ越してきたというお店があります。

「佐野屋総本店」さんもレトロなお店なので、すぐに目につくことでしょう。

営業は9時からですが、揚げ物は11時頃から始まりますのでお昼くらいに行くとちょうど良いですよ。

ただし、目の前は車通りが多いのに道が細い三条通なので、嵐電か市バスで行くのが良いと思います。

京都府京都市右京区太秦森ケ西町3
営業時間:9時~18:30(揚げ物は11時頃~)
定休日:日曜
URL:http://www.sanoyasouhonten.com/


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。