京七 鱧カツサンド(七条七本松・山定)2021年4月18日開業

京都市下京区、七条七本松の交差点北西角に「鱧カツサンド」専門店が2021年4月18日に新店オープンしました。鱧カツサンドはたぶん他にはない新しいジャンル。鮮魚店「山定」直営のお店で新鮮な鱧(はも)を使った京都らしいカツサンドです。

2021年4月18日オープン 京七 鱧カツサンド


2021年4月18日オープン京七  鱧カツサンド

2021年4月18日オープン 京七 鱧カツサンド

京都市下京区、七条七本松の交差点北西角に「京七 鱧カツサンド」専門店が2021年4月18日に新店オープンしました。

鱧カツサンドはたぶん他にはない新しいジャンル。

店舗の南にある鮮魚店「山定」直営のお店で新鮮な鱧(はも)を使っています。

鱧といえば京都の夏の風物詩、いかにも京都らしいカツサンドです。

ちなみに店名はありません。

そのため、ここでは「鱧カツサンドの店」とだけ記載しておきます。

店内の雰囲気は?(コロナ対策など)


鱧カツサンドの店の店内にはカウンターや立ち飲みテーブルが設置されています

鱧カツサンドの店の店内にはカウンターや立ち飲みテーブルが設置されています

この鱧カツサンドの店ですが、テイクアウトとイートインにも対応しています。

元は山定さんの立ち飲み店だった場所で、カウンターや立ち飲みテーブルが設置されているからです。

ビールもあるのと、メニューの鱧カツは単品でカツのみの注文もできるので、おつまみにして飲むこともできそうです。

でも、今回はテイクアウトで購入することにしましょう。

このお店のメニューは?


メニューは「鱧カツサンド、穴子天」です

メニューは「鱧カツサンド、穴子天」です

鱧カツサンドの店にはメニューが2種類ありました。

ひとつが「鱧カツ(180円・単品)」と「鱧カツサンド(500円)」です。

もうひとつ、気になるメニューとして「極小揚穴子(770円)」というのがありました。

気になるのは「極小」の部分ですが・・・・

全然小さくない穴子一本天ぷら

全然小さくない穴子一本天ぷら

全然小さくない穴子一本天ぷらのことでした。

実はこれ鮮魚店である本店で扱っている鱧の中でも一番小さいものを使っているから。

扱っている穴子は2kg級のものを普通と考えているそうで、この程度では「極小」なんだそうですよ。

※撮影協力※ ポーヨネン(上七軒)

鱧カツ(180円・単品)
鱧カツサンド(500円)
極小揚穴子(770円)

実食レビュー


鱧カツサンド(500円)

鱧カツサンド(500円)

鱧カツサンド(500円)はいくつかの鱧カツを山食で挟んだサンドイッチ。

それにタルタルソース(たぶん自家製)で味付けしてあるものです。

上の写真は店頭のサンプル写真ですが、実際に食べたのは下の写真の鱧カツサンドです。

鱧は肉厚、タルタルソースがうまい

鱧は肉厚、タルタルソースがうまい

テイクアウトだったので持ち運び中に映えない状態になってしまいましたが、だいたいこんな感じの鱧カツサンドと思っていただければと思います。

鱧は肉厚でアッサリした味わいですが美味しい鱧です。

鮮魚店だからでしょう「鱧」は間違いないものを使っていて、自家製と思われるタルタルソースも美味しいやつでした。

山食も小麦香るものでボリュームもあります。

鱧カツサンドってたぶん京都ではここだけだし、京都人は鱧好きだから皆さんも気に入ると思います。

極小揚穴子(770円)

極小揚穴子(770円)

で、店の方曰く「極小サイズ」の極小揚穴子(770円)です。

いわゆる天ぷら、小骨も柔らかく長さのある身の厚いアナゴ一本を丸ごと天ぷらにしてあります。

珍しいのが有頭であること、頭ついた鱧の天ぷらは珍しいです。

これも、美味しかったですね。

できれば揚げたてを食べたかったですが、テイクアウトだったので温めなおしました。

※撮影協力※ ポーヨネン(上七軒)

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


鱧カツサンドの店(店舗外観写真)

鱧カツサンドの店(店舗外観写真)

では「鱧カツサンド店」の場所や営業情報についてです。

場所は七条七本松なんで京都中央卸売市場の近くで、駅でいえば「梅小路京都西駅」が最寄になります(徒歩数分)。

住所でいえば「〒600-8871 京都府京都市下京区西七条北東野町130」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありませんが、テイクアウトならまぁなんとかなります。

営業時間は日曜日と祝日の「11時~14時」と平日の「16時~18時」です。

鱧カツサンドの店(店舗看板写真)

鱧カツサンドの店(店舗看板写真)

ジャンル「鱧カツサンド・穴子天ぷら」
食事予算「180円~」
ランチ営業「あり」
ディナー営業「なし」
営業時間「11時~14時(日祝)、16時~18時(平日)」
定休日「土曜日」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒600-8871 京都府京都市下京区西七条北東野町130」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
テイクアウト「テイクアウトのみ」
公式https://www.instagram.com/kyo.hamokatu7/

※情報は掲載時点のものです。


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新型コロナウイルスと戦う飲食店やテークアウトをするお店を紹介しています。店舗などをまとめ、新型コロナウイルスに打ち勝つことが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。