士心 SAMURAI RESTAURANT @金閣寺「士心 Shishin 2号店」2019年1月12日新店オープン

士心 サムライレストラン(SHISHIN SAMURAI RESTAURANT)さんが金閣寺に2号店を開店させていました。新店オープン日は2019年1月12日からで、初日はオープニングパーティーが開催されると公式に告知されていました。武士道がテーマのジャパニーズレストランで外国人観光客向けのお店です。

広告

士心 SAMURAI RESTAURANT 金閣寺店(2号店)が新店オープン


士心 SAMURAI RESTAURANT 金閣寺店(2号店)

士心 SAMURAI RESTAURANT 金閣寺店(2号店)

2019年1月12日に京都・金閣寺で「士心 SAMURAI RESTAURANT」が新店オープンしています。

烏丸御池に1号店があり(2011年5月開業)、金閣寺の新店は2号店です。

和の創作料理店で、主に外国人向けのジャパニーズレストランというと分かりやすいかもしれません。

入口のショーウインドウには「刀剣、兜」が展示

入口のショーウインドウには「刀剣、兜」が展示

西大路通を南下している時に、元「カフェ&ギャラリー・ランプ」さんだった場所の様子が変わっていたので気が付きました。

入口のショーウインドウには「刀剣、兜」が展示されておりましたが、外からは中の様子はわかりません。

テーマは「食・文化・武士道」ということで、公式サイトにはいろいろと書いてあるので見ておくと良いでしょう。

ちなみに、それを読んでいたら、リーマンショック前にアメリカ民主党政権が「世界国家を目指す動きをする」と予測していた経済評論家がいたことを思い出しました。

士心と書いて「ししん」と読むレストラン

士心と書いて「ししん」と読むレストラン

士心 SAMURAI RESTAURANT 金閣寺店 メニューと値段

「士心 SAMURAI RESTAURANT」さんでは郷土料理が食べられると公式サイトでは書かれています。

見た感じでは「創作料理」で、メニューには「勝海舟が愛したうな丼(4000円)」や「徳川斉昭が愛した近江牛の味噌漬け焼き(2500円)」といったメニューが並んでいました。

コース料理もあり「幻の村沢牛サーロインステーキコース(10000円)」と「侍会席コース(5000円)」というのもあります。

先日閉店した新京極の忍者レストラン「NINJA KYOTO」さんに似た感じでしょうか。

士心 SAMURAI RESTAURANT 金閣寺店 営業情報やアクセス方法


士心 SAMURAI RESTAURANT 金閣寺店

士心 SAMURAI RESTAURANT 金閣寺店

士心 サムライレストラン(SHISHIN SAMURAI RESTAURANT)さんの金閣寺店はではランチとディナー営業があるそうです。

営業時間は「11時~15時、17時30分~23時」で、定休日は「水曜日」となっていますが、不定休もあるそうなので公式サイトで確認するのが良いでしょう。

オープン日は夜17時30分からオープニングパーティーが開催されたそうです。

京都府京都市北区衣笠天神森町31-16(MAP
営業時間:11時~15時、17時30分~23時
定休日:水曜日
公式Twitter:https://twitter.com/shishinkyoto
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/shishinsamuraicafebar/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。