マジョリカタイルの祠!デザインが銭湯になっている祠が京都にある

今回の「京都案内」は「祠(ほこら)」の紹介です。いわゆる「地蔵祠」という、中に地蔵さんが入っている祠のことです。しかし、そんじょそこらの祠ではありません。なんと!マジョリカタイルで作られた「銭湯風の祠」なんです。主税町にある祠で、タイルの祠は京都市内にいくつかありますが・・・・

デザインがおもいっきり銭湯の祠は珍しいです。

広告

祠のデザインが銭湯になっている場所が京都にある


京都にあるコノ祠に何か違和感を感じませんか?

京都にあるコノ祠に何か違和感を感じませんか?

京都を歩いていると、色々と物珍しいものを見かけることがよくあります。

最近見かけたのが「銭湯の祠」です。

銭湯に祠があるのは別に珍しくないのですが、祠が銭湯なのはかなり珍しい事例です。

さて「何を言っているのか意味不明」と思われそうなので、平たくいうと・・・・

祠のデザインが銭湯になっている場所が京都にあるのです。

京都・主税町の珍しい「銭湯風」祠


なんか一味違う祠が・・・・

なんか一味違う祠が・・・・

さて「デザインが銭湯になっている祠」なのですが、よくよく見ると「タイル」で出来ているのです。

銭湯にある「マジョリカタイル」というやつが使われており、なかなか情緒あふれる祠になっています。

もちろん、床面には「モザイクタイル」が使われていました。

壁面には「マジョリカタイル」、床面には黄緑の「モザイクタイル」とまさに銭湯です

壁面には「マジョリカタイル」、床面には黄緑の「モザイクタイル」とまさに銭湯です

今では駐車場になっている主税町の路地裏なのですが、昔はここに銭湯があったのでしょうか?

この主税町の場所には「龍宮温泉」がすぐ北にあって、特にここに銭湯があったという話は聞きません。

実は、京都のあるエリアでは祠に「タイルを使う」のは珍しいことではないのです。

実際に京都市内の特に我々がよく回るエリア(北西)には、このタイルを使った祠がいくつか存在しています。

ただ思いっきり銭湯をイメージした祠は珍しいです

ただ思いっきり銭湯をイメージした祠は珍しいです

ただし、今回紹介した「主税町の祠」は、下部に「ボイラー」をイメージした凝ったデザインになっており、これはかなり珍しい事例と言えます。

もし、京都の町を歩くことがあったら、タイルの祠かどうか注意して見ておくと面白いかもしれませんよ。

マジョリカタイルの銭湯風「祠」


「銭湯風」祠は京都・主税町にあります

「銭湯風」祠は京都・主税町にあります

さて、このマジョリカタイルの銭湯風「祠」が作られたのは昭和29年3月という、かなり古いものなのです。

場所は「二条城」の北にある「主税町(しゅぜいちょう)」という所で、お察しのとおり「平安京」の時代に税金に関する役所があったエリアです。

二条城の周辺は行政組織が集中していたエリアで「職司町(しょくしちょう)」もそうですね。

京都府京都市上京区主税町1067−1


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。