大徳寺納豆 @京都 大豆を発酵させた名物 実食レビュー

京都の大徳寺周辺では、どのお店でも売られている「大徳寺納豆」という名物があります。黒い大きな粒で、ものすごい酸っぱい味のする塩辛い大豆の発酵食品です。「大徳寺納豆」は一休さんが中国から持ち帰った保存食糧で、この大徳寺では名物になっています。

では、大徳寺納豆とはどのような食べ物なのでしょうか?

広告

京都・大徳寺前のどの店でも売られているもの


京都・大徳寺の門前には「大徳寺納豆」を掲げるお店がいくつもあります

京都・大徳寺の門前には「大徳寺納豆」を掲げるお店がいくつもあります

京都の大徳寺の門前には、少しお店が並んだ通りがあります。

酒屋だったり、昆布屋だったり、お菓子屋だったりするのですが、どこのお店でも売っているものがあります。

それぞれが別のお店なのに、なぜか同じものが売られているのです。

売られていたのは「大徳寺納豆」

売られていたのは「大徳寺納豆」

その同じものというのは・・・・

大徳寺納豆

です。

大徳寺納豆 京都にある大豆を発酵させた名物


京都にある大豆を発酵させた名物「大徳寺納豆」

京都にある大豆を発酵させた名物「大徳寺納豆」

大徳寺納豆は、一休禅師が中国から大徳寺に持ち帰ったとされる大豆の発酵食品です。

いわゆる保存食で「納豆」とされていますが、ネバネバもしておらず、色は真っ黒な食べ物です。

納豆と異なり、発酵には大麦を使い、発酵後に天日干ししたものが「大徳寺納豆」という食糧です。

(1)大豆を一晩水に浸ける
(2)大麦と混ぜ、室で3日ほど発酵させる
(3)塩水を加え3か月ほど天日で干す

大徳寺納豆の味は? 実食レビュー


大徳寺納豆

大徳寺納豆

ということで、さっそくこの「大徳寺納豆」を食べてみたいと思います。

いったい、どんな味がするのでしょうか?

スッパ辛い固めのグミみたいな食べ物

スッパ辛い固めのグミみたいな食べ物

実は、これ・・・・

おいしいものではないのです(笑)

わかりやすくいうと「スッパ辛い」です。

辛さは塩辛さで、ものすごくスッパイグニャグニャしたものです。

正直、このままで食べるのはオススメできなくて、お茶漬けにちょっと加えるとか、そういう食べ方がオススメです。

大徳寺納豆はどこで買える?


大徳寺の東門前にお店がたくさんあります

大徳寺の東門前にお店がたくさんあります

さて、この「大徳寺納豆」はどこで買えるのでしょうか?

今回は、大徳寺東門(駐車場前)に並んでいるお店の一軒「山国屋 細見酒店」さんで購入しました。

どこも味は同じですが、通販で購入することも可能です。

おススメはしませんが、気になる方は一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

広告


大徳寺名物 大徳寺納豆箱入り50g

京都府京都市北区紫野下門前町36−4


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。