うどんわだ 一乗寺 @京都名物カレーうどんの名店が移転

京都のカレーうどん名店のひとつ「うどんわだ」さんが2017年1月21日まで現店舗で営業して、2月6日から一乗寺に移転することが決まっています。すでに一乗寺の移転先では新店舗の準備が進んでいました。カレーうどんは下鴨「しみず」さん直伝の味を継承したお店として知られています。

今回は移転先の新店舗とカレーうどんを実食レビューします。

京都名物カレーうどん店「うどんわだ」が一乗寺へ移転


京都名物カレーうどん店「うどんわだ」移転先(一乗寺)

京都名物カレーうどん店「うどんわだ」移転先(一乗寺)

京都でカレーうどん店として知られている「うどんわだ」さんが一乗寺へ移転することになっています。(店舗のある松里アパートが老朽化で取り壊しとなる為

移転時期は2018年2月6日と告知されており、すでに一乗寺の「夢を語れ」斜め前のテナントに告知が出ていました。

うどんわだ」さんは、田中里ノ前にある麺類一式のうどん屋さんで、カレーうどんの名店とされています。

京都のカレーうどん有名店「うどんわだ」

京都のカレーうどん有名店「うどんわだ」

一乗寺の新店舗には「昭和十六年創業の味を受け継ぐ、伝統の逸品。」と書かれたポスターが貼られており、2018年2月初旬にオープン予定と告知されています。

場所は、現在の場所より北の一乗寺中心エリアで「ラーメン荘 夢を語れ」と「天天有本店」のある通り沿いです。

オーナー様曰く「今よりは良い場所と思います」とのことで、なかなかの立地です。

京都府京都市左京区一乗寺西杉ノ宮町15−2
営業時間:11時~15時、17:30~20:30(土日祝は通し営業)
定休日:月曜日、祝日の場合は営業し翌日休み

うどんわだ 店内の様子(新店舗)


うどんわだ 一乗寺(新店舗)

うどんわだ 一乗寺(新店舗)

ということで、2018年2月6日に移転オープンした「うどんわだ」さんの一乗寺にある新店舗へ行って来ましたので実食レビューします。

店舗は以前の洋風のテナントから一気に外観が変更されて、地元のライト感覚な食堂のような感じになっていました。

一乗寺は大学生が多いので、こういった外観にしたのだと思われます。

店内は前のお店同様に大衆食堂のようになっています

店内は前のお店同様に大衆食堂のようになっています

お店の中もカジュアルな雰囲気です。

これは前店舗でもそうだったのですが、前よりも広くなっており開放感があります。

テーブルが3卓ほど、カウンター4席、奥にお座敷がある店内になっていました。

「カレー肉きつねうどん」と「カレーとりきつねうどん」が500円の割引価格

「カレー肉きつねうどん」と「カレーとりきつねうどん」が500円の割引価格

当日はオープンセール(2月6日~8日の3日間限定)で「カレー肉きつねうどん」と「カレーとりきつねうどん」が500円の割引価格になっていました。

せっかくなので「カレーとりきつねうどん 500円」を食べてみることにしましょう。

カレーとりきつねうどん 実食レビュー(新店舗)


カレーとりきつねうどん 実食レビュー(新店舗)

カレーとりきつねうどん 実食レビュー(新店舗)

こちらが「カレーとりきつねうどん」です。

「うどんわだ」さんの定番メニューで、鶏肉と油揚げが入ったカレーうどんで、これの豚肉バージョンも人気があります。

太麺と細麺が選べるのですが、新店舗では「中華麺」の選択ができると書かれた貼り紙はなくなっており、正式メニューで「カレー肉黄そば」というのが追加されていました。

太麺と細麺が選べます

太麺と細麺が選べます

あんかけカレーのスープにはカツオと昆布でとったものが使われています。

京都では定番のお出汁(かつお・昆布)で、昔から京都で愛される味付けですね。

鶏肉と油あげも、京都ではよく使われている食材で「ザ・京都のカレーうどん」という味わいで大変おいしくいただくことができました。

うどんわだ 一乗寺 メニューと値段(新店舗)


新店舗では、価格は20円~50円程度値上げされていました

新店舗では、価格は20円~50円程度値上げされていました

価格は以前より値上げされていました。

うどんは+20円の値上げが基本的に行われており、人気のカレーうどんは40円の値上げです。

他のメニューも50円ほど価格がアップしているものも見受けられました。

・カレーうどん 620円
・カレーきつねうどん 700円
・カレーとりとじうどん 820円
・カレー肉黄そば 720円
・カレー肉うどん 720円
・カレーとりうどん 720円
・すじカレーうどん 760円
・カレー肉きつねうどん 820円
・カレーとりきつねうどん 820円
・皿盛り 770円(カレーライス)
・カレーきつね丼 730円
・カレー肉丼 750円
・カレーとり丼 750円

京都名物カレーうどん 実食レビュー(旧店舗)


うどんわだ(田中里ノ前)店舗

うどんわだ(田中里ノ前)店舗

こちらの実食レビューは、まだ田中里ノ前の店舗で営業中だった頃のものです。

この場所では、2018年1月21日まで営業して、2月6日に一乗寺の新店舗で営業再開となります。

京都名物カレーうどんのあるお店で、昭和16年に創業した下鴨「しみず」さんというカレーうどんの味を引き継いだお店として知られています。

ちなみに、下鴨「しみず」さんは京都府立大学の東側(京都市左京区下鴨萩ケ垣内町35-3)にあったお店で、2013年頃に高齢のため引退されました。

うどんわだ 名物カレーうどん(700円)

うどんわだ 名物カレーうどん(700円)

こちらが「うどんわだ 名物カレーうどん(700円)」です。

かつお節と昆布という京都のお出汁のカレーうどんは、程よいスパイシーさがあります。

お出汁の味はあまり主張しておらず、ほのかに甘味のある味で、辛さの方が先に来るカレーうどんです。

トロみのあるちょっと半透明のスープ

トロみのあるちょっと半透明のスープ

スープはトロみがあるタイプで、うどん屋さんのカレーうどんではよく見る感じのものです。

トッピングは「青ねぎ」ですが、メニューには「鶏肉」と「油揚げ」を使ったものもありました。

味は良い感じですが、スパイスが先に出て出汁の風味が少しわかりづらいかもしれません。

カレーうどん 600円
カレーきつねうどん 680円
カレーとりとじうどん 800円
カレー肉うどん 700円
カレーとりうどん 700円
すじカレーうどん 740円
カレー肉きつねうどん 780円
カレーとりきつねうどん 780円
皿盛り 720円(カレーライス)
カレーきつね丼 700円
カレー肉丼 720円
カレーとり丼 720円
麺は細麺と太麺が選べます

麺は細麺と太麺が選べます

麺は細麺太麺が選べ、他にも「黄ソバ(中華麺)」も選択できます(中華麺は限定10食)。

今回食べたのは太麺です。

かなり太い麺をちょうどよい固さで茹でてあるので柔らかい感じではなく、少し水分を吸収する麺でした。

うどん屋さんのカレーうどんとしては、美味しい方かなと思います。

うどんわだ 基本情報(旧店舗)


うどんわだ 外観(旧店舗)

うどんわだ 外観(旧店舗)

さて、京都「うどんわだ」さんの場所ですが、旧店舗になる場所(2018年1月21日まで営業)は叡電「元田中駅」から徒歩5分かからない所にあります。

今は、ちょっとヒッソリとした住宅街の中にありますが、来年には一乗寺の人どおりが多い場所での営業になります。

立地は新店舗の方が良いとは思いますが、ラーメン店と真向勝負することになりますね。

京都府京都市左京区田中里ノ前町80
営業時間:11時~19:30
定休日:月曜(祝日は営業し翌日休み)
URL:http://www.udon-wada.com/


うどん

関西・京都の知られざるうどん&蕎麦店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。