2020年2月15日オープン さぬき自家製麺 うどん楽洛 (京都・丸太町七本松)

京都・丸太町七本松に「さぬき自家製麺 うどん楽洛」さんが2020年2月15日に新店オープンです。訪日外国人向けに手打ちうどん教室を開催したり、自家製麺、無添加出汁にこだわってボリューム満点のメニューを目指すそうです。

2020年2月15日オープン さぬき自家製麺 うどん楽洛


さぬき自家製麺 うどん RAKURAKU が京都・丸太町七本松に新店オープン

さぬき自家製麺 うどん RAKURAKU が京都・丸太町七本松に新店オープン

京都・丸太町七本松に新しく讃岐うどん店が新店オープンします。

2020年1月16日に設置された看板には「さぬき自家製麺 うどん Japanese noodles and broth UDON RAKURAKU」と書かれていました。

讃岐うどんのお店であることには間違いありませんが、看板からしてインバウンド狙いのお店っぽい雰囲気がします。

店名は「RAKURAKU」か?!

店名は「RAKURAKU」か?!

オープン日は2020年2月15日にプレオープン予定。

ちなみに「RAKURAKU」というのは京都では屋号にとても使われている名称です。

いわゆる「洛中洛外」の・・・・

洛洛

のことですが、それをちょっともじって「洛楽」とか「楽楽」とか、そういう風に使われています。

こちらの店名も「うどん楽洛」さんなのだそうです。

公式Instagramによると、訪日外国人向けに手打ちうどん教室を開催したりするそうです。

うどんは自家製麺、無添加出汁にこだわったお店でボリューム満点のメニューを目指すと書かれていました。

このお店の雰囲気は?


2020年2月15日新店オープン「さぬき自家製麺 うどん楽洛」

2020年2月15日新店オープン「さぬき自家製麺 うどん楽洛」

ということで、2020年2月15日にプレオープンが始まった「さぬき自家製麺 うどん楽洛」さんへ行ってきました。

開業してみると、普通にウドン屋さんという感じに見えます。

お店は白を基調にし、店内には白木のテーブルが並んでいます。

2名テーブルが5卓、4名が1卓

2名テーブルが5卓、4名が1卓

店内には2名テーブルが5卓、4名テーブルが1卓という構成で比較的すぐに満席になりそうです。

実際に11時30分にはお客さんはゼロでしたが、その後10分程度で満席となりました。

うどんを通じて古都・京都を盛り上げ、楽しむのがモットー

うどんを通じて古都・京都を盛り上げ、楽しむのがモットー

店内には京都の雑誌などが置かれており、メニュー裏には「うどんを通じて古都・京都を盛り上げ、楽しむのがモットー」と書かれていました。

事前情報で「訪日外国人向けに手打ちうどん教室を開催」というのもありましたし、観光都市として京都を盛り上げていきたいということだと思います。

良いことだと思います。

観光客があっての京都です。観光客が来なくて良いとかそういうことを言っている人には私も大いに疑問があります。

このお店のメニューは?


かけうどん(450円)

かけうどん(450円)

メニューは「かけうどん冷たいぶっかけうどん」が基本。

それにトッピングを追加していくらと書かれています。

また、うどんは「2玉(400g)1.5玉(300g)1玉(200g)」が同価格内で選べるという優しいシステムになっています。

値段は400円~700円

値段は400円~700円

かけうどんといっても「ねぎ、かまぼこ、天かす、こぶ」が入っています。

きつねうどんは、とようけ屋山本の揚げを甘くした(甘きつね)で、京都を取り入れつつというメニューになっていました。

讃岐うどんのサイドメニュー定番「おでん、おにぎり」はないですね。

かけうどん 450円
とろろこぶうどん 500円
卵とじうどん 500円
きつねうどん 600円
きつねとじうどん 650円
牛すじうどん 700円
すじとじわかめうどん 780円
天ぷらうどん 780円(えび天2本+1品)
———————-
ぶっかけ 500円
温玉ぶっかけ 580円
温玉きつねぶっかけ 650円
野菜天ぶっかけ 650円
カニカマ・卵天ぶっかけ 700円
とり天ぶっかけ 750円
出汁はとても美味しく、よくできていました

出汁はとても美味しく、よくできていました

出汁は「利尻昆布、うるめいわし、さば、かつお」で鯖とうるめイワシの香りがよく、讃岐うどんらしい風味を出しています。

なかなか美味しい、よくできた出汁です。

無添加、無化学調味料で、パンチ力がやや少なめですが、そこが讃岐うどんらしいかなと思います。

京うどんはもっと鰹と昆布を利かせてくるのですが、それよりも魚の風味(鯖とうるめイワシ)が強い・・・・

いかにも讃岐うどん

です。

まぁ、京都の人が食べると「魚臭い、生臭い」とか文句言うかもしれませんが、私は小さい頃から高松で讃岐うどんを食べて育ったので「うどん楽洛」さんのスープは好きな味です。

香川、長野、北海道産の国産小麦で作った自家製麺

香川、長野、北海道産の国産小麦で作った自家製麺

香川、長野、北海道産の国産小麦で作った自家製麺を使っており、讃岐うどん独特のコシと歯ごたえがあります。

最近よくある固いだけの讃岐うどんとかではないところも好感触です。

出汁の味については「美松」さんと良い勝負ですね。

このお店への行き方や営業時間は?


さぬき自家製麺 うどん楽洛 は丸太町七本松の南西角です

さぬき自家製麺 うどん楽洛 は丸太町七本松の南西角です

では、この2020年2月下旬オープン予定の「さぬき自家製麺 うどん楽洛」さんはどこにあるのでしょうか?

丸太町七本松の南西角、元はカレーうどんの「味味香」さんがあったところです。

営業時間は「11時~」で閉店時刻は記載がありませんでした。

定休日は「不定休」とのことです。

京都府京都市中京区聚楽廻松下町8−11
営業時間:11時~
定休日:不定休
公式Instagram:https://www.instagram.com/udon.rakuraku/
Facebook:https://www.facebook.com/udon.rakuraku


うどん

関西・京都の知られざるうどん&蕎麦店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。