了徳寺の大根焚き(大根だき) @京都・鳴滝で2017年12月9日開催

京都の鳴滝にある了徳寺で、毎年の冬の風物詩「大根焚き(大根だき)」が行われています(値段は1000円)。今年は土日と重なる12月9日~10日の9時~16時に開催されています。交通手段が京都市バスしかないため行くのが大変ですが「大根焚き(大根だき)」を求める人で賑わっていました。

ということで、了徳寺「大根焚き(大根だき)」を見に行って来ました。

了徳寺の大根焚き(大根だき)


了徳寺の大根焚き(大根だき)が2017年12月9日開催

了徳寺の大根焚き(大根だき)が2017年12月9日開催

2017年12月9日、京都の鳴滝にある「了徳寺」で恒例行事の「大根焚き」が行われています。

冬になると京都では大根焚きをして健康祈願をする所がいくつかありますが「了徳寺」もそのひとつです。

先日も、上七軒の「千本釈迦堂」で有名な「大根焚き」が行われました。

了徳寺の大根焚き(大根だき)はあまり知られていませんが、参道までの道には即席の屋台で食べ物が売られてたりして賑わっているようでした。

了徳寺の大根焚き(大根だき)

了徳寺の大根焚き(大根だき)

了徳寺の大根焚き(大根だき)も大きな窯で大量の大根を煮込んで作られます。規模は「千本釈迦堂」と同じくらいですが、食べている方は少なく、すぐに食べられる状況です。

大根焚き(大根だき)は1000円となっており、お堂の中で座って食べることもできます。

お堂の中で座って食べることもできます

お堂の中で座って食べることもできます

了徳寺の大根焚き(大根だき)は、鎌倉時代(1252年)に親鸞が了徳寺を訪れた際に、村人たちが塩で炊いた大根をふるまったことから始まりました。

毎年、12月9日と10日に開催されるのですが、今年は土曜と日曜とタイミングが良い年で、青くび大根で約3000本が使用されるということです。

京都・鳴滝「了徳寺」への行き方


了徳寺は狭いお寺ですが青くび大根3000本を消費するそうです

了徳寺は狭いお寺ですが青くび大根3000本を消費するそうです

京都・鳴滝「了徳寺」で行われている大根焚きは、12月9日~10日の9時~16時で行われています。

細い道の奥にあるので、自家用車などでは入ることは難しい場所ですが、バイクと自転車は駐輪場がありました。

なお、大根焚きは1000円必要です。

京都市バスで行く場合は京都駅から市バス「26系統」がバス停「鳴滝本町」まで行きます。当日は、バス停で行列が出来ていましたが、交通手段がバスしかないのでバス停が混雑するという状況でした。

京都府京都市右京区鳴滝本町83
URL:https://www.ryoutokuji.or.jp/


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | おにぎり | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


記事を書いている人
ノーディレイ

記事を書いている人は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを経験して退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は2400件以上あります。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。