京都ラーメン 2020年12月開店&閉店 最新まとめ【京都ラーメンマップ】

京都ラーメン速報2020年12月の開店&閉店まとめ「京都ラーメンマップ」最新号です。2020年12月中に新店オープンした京都のラーメン店は13店舗、閉店は5店舗。新店の数は昨年と比較して増加、閉店数は激減しました。

京都ラーメンマップ(2020年12月号)


京都ラーメンマップ(2020年12月号)

京都ラーメンマップ(2020年12月号)

京都ラーメン新店まとめ「京都ラーメンマップ」2020年12月号を公開します。

2020年12月中に新店オープンした京都のラーメンを扱う店は13店舗と増加傾向にありました。

先月同様、地元民をターゲットにした集客を目指すロードサイドが目立ちます。

閉鎖したお店は5店舗でした。

これはとても少ない数ですが減少した理由は今のところ不明です。

2020年12月 京都ラーメン新店


2020年12月12日オープン 鴨出汁中華そば ROKU

2020年12月12日オープン 鴨出汁中華そば ROKU

2020年12月中に新店オープンした京都のラーメンを扱う店は13店舗でした。

昨年12月のラーメン店開業が少なめ(9店舗)だったことを考えると2020年12月はラーメン新店が多かった印象です。

12月初旬は京都郊外での開店ラッシュが続きました。場所としては「木津川市・山科区・舞鶴市・城陽市」に1店舗ずつ12月4日までに開業しています。

麺屋大羽 イオンモール高の原店(店舗外観写真)

麺屋大羽 イオンモール高の原店(店舗外観写真)

個別に見ていくと木津川市は「麺屋大羽 イオンモール高の原店」というフードコートでの出店。

煮干し中華そば〇〇 in じぇいむす(店舗外観写真)

煮干し中華そば〇〇 in じぇいむす(店舗外観写真)

山科駅前には「煮干し中華そば〇〇 in じぇいむす」が間借り営業ですが開店しています。

2020年12月1日オープン キラメキノトリひがし舞鶴店

2020年12月1日オープン キラメキノトリひがし舞鶴店

舞鶴市では「キラメキノトリひがし舞鶴店」が開業、これら3店舗は12月1日に開業しています。

2020年12月4日オープン 熟成醤油らーめん 十二分屋 城陽店

2020年12月4日オープン 熟成醤油らーめん 十二分屋 城陽店

12月4日には城陽市で「熟成醤油らーめん 十二分屋」が出店、こちらは滋賀県のラーメングループで京都では初出店です。

2020年12月26日開業「拉麺たにの」

2020年12月26日開業「拉麺たにの」

また、八幡市で2020年12月26日に「拉麺たにの」が開業しています。

2020年12月10日オープン 熱烈タンタン麺 一番亭 京都店

2020年12月10日オープン 熱烈タンタン麺 一番亭 京都店

12月10日には西京区の国道9号沿いに「熱烈タンタン麺 一番亭」が開業。

こう見ると、新型コロナの影響で市内の観光需要よりも郊外の地元民の需要を狙った出店が多かったと言えます。

同じ12月10日には京都市内で2店舗が同時出店しています。

2020年12月7日オープン NEW大宝 中央市場店

2020年12月7日オープン NEW大宝 中央市場店

2020年12月10日オープン 麺屋一龍 (三条会商店街)

2020年12月10日オープン 麺屋一龍 (三条会商店街)

京都中央卸売市場の中に「NEW大宝 中央市場店」が開業し、三条会商店街の中に「麺屋一龍」が間借り営業をスタートしています。

こちらも観光需要というよりも地域住民をターゲットにした出店でした。

しかし、12月12日以降は繁華街への出店が4店舗連続します。

鴨出汁中華そばROKU(京都ラーメン・四条河原町)

鴨出汁中華そばROKU(京都ラーメン・四条河原町)

下京区の四条河原町にある商業ビル2階にミシュランシェフプロデュースの「鴨出汁中華そばROKU」が開業。

2020年12月18日開業「博多ラーメン 純とん」

2020年12月18日開業「博多ラーメン 純とん」

同じ下京区の烏丸に「博多ラーメン 純とん」が魁力屋と博多純系らーめんまんかい(大阪市福島区)のコラボ店として開業しました。

2020年12月20日オープン 麺処むらじ つけそば専門店

2020年12月20日オープン 麺処むらじ つけそば専門店

また、京都中心部の繁華街での出店をしてきた「麺処むらじ」のつけそば専門店が錦市場内に開業しています。

2020年12月28日開業「担担麺 胡 京都駅前店」

2020年12月28日開業「担担麺 胡 京都駅前店」

そして、2020年最後の出店は担担麺専門店「担担麺 胡 京都駅前店」で12月28日開業でした。

2020年12月の開業で一番注目されたラーメン店は「鴨出汁中華そばROKU」でしょう。ミシュランシェフプロデュースとして商業メディアに多数掲載されて初日は行列ができました。ただ、新型コロナの影響で思うほど集客できていない感はありました。

また、2020年12月中旬頃に河原町の花遊小路で「牛タンタン」がランチ営業のみですがラーメン・担々麺を提供スタートしました。夜は居酒屋なので二毛作営業です。

※リンク先は各ラーメン店の紹介記事です。

麺屋大羽 イオンモール高の原店(木津川市・2020年12月1日開業)
煮干し中華そば〇〇 in じぇいむす(山科区・2020年12月1日開業)
キラメキノトリひがし舞鶴店(舞鶴市・2020年12月1日開業)
熟成醤油らーめん 十二分屋(城陽市・2020年12月4日開業)
NEW大宝 中央市場店(下京区・2020年12月10日開業)
熱烈タンタン麺 一番亭(西京区・2020年12月10日開業)
麺屋一龍(中京区・2020年12月10日開業)
鴨出汁中華そばROKU(下京区・2020年12月12日開業)
博多ラーメン 純とん(中京区・2020年12月18日開業)
麺処むらじ つけそば専門店(中京区・2020年12月20日開業)
拉麺たにの(八幡市・2020年12月26日開業)
担担麺 胡 京都駅前店(下京区・2020年12月28日開業)
牛タンタン(中京区・2020年12月中旬にランチ営業スタートを確認)

2020年12月 京都ラーメン閉店


加藤屋百万遍 にぼ次朗 が一時休業

加藤屋百万遍 にぼ次朗 が一時休業

2020年12月中に閉店した京都のラーメンを扱う店は5店舗とかなり少ない月でした。

ちなみに先月の閉店数が8店舗、昨年12月の閉店数も9店舗でした。

2020年12月は「一時休業」が1店舗、休業が1店舗、9月以降に閉店したであろう店舗を12月に確認したという内容。

閉店を見逃している可能性はありますが、2018年から毎月「京都ラーメンマップ」を更新してきて珍しい月だという印象です。

閉店は宮津市で70年続いたカレー焼きそばの名店「藤木食堂」で2020年12月末で閉店です。また、嵯峨嵐山にあった観光客向けの食事処「ヤマウチ」が12月に廃業しています。

※リンク先は各ラーメン店の紹介記事です。

加藤屋百万遍 にぼ次朗(左京区・2020年12月1日一時休業)
・軒源 字多保市店(福知山市・2020年12月に確認、9月以降で閉店した模様)
百歳牛肉麺(伏見区、2020年12月末閉店)
・藤木食堂(宮津市、2020年12月末閉店)
・ヤマウチ(嵯峨嵐山、2020年12月閉店)


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!