慶心 台湾まぜそば@京都市北区のオリジナリティあるラーメン 実食レビュー

京都御薗橋にあるラーメン店天骨庵 慶心」さんに行ってきましたので実食レビューします。慶心さんは濃厚ラーメンのお店で、3年ほど前のオープン時に訪問していますが、2016年秋に「台湾まぜそば」が始まりました。今回は「台湾まぜそば」の評判が良いようなので食べに行ってきました。

場所は京都市北区で、行くにはやや交通の便が物足りない立地です。

広告

天骨庵 慶心 @京都市北区のラーメン店に行ってきました


天骨庵 慶心 @京都市北区のラーメン店

天骨庵 慶心 @京都市北区のラーメン店

今回の「京都ラーメンブログ」では、京都市北区に3年ほど前に開業した「天骨庵 慶心」さんに行ってきました。

近くには「赤心」さんと「餃子の王将」もある立地ですがラーメン店はさほど多くはありません。ですが、京都産業大学の学生が多く住んでいることもあり、学生さんの需要がある場所だったりします。

御薗橋の近くで「みその橋サカイ」の裏手にお店があります。

ここのところ風の噂で(ネット情報ではなく)「台湾まぜそばが旨い」という話を聞くので行ってまいりました。

テーブル2席にカウンターの小さなお店です

テーブル2席にカウンターの小さなお店です

交通機関が京都市バスだけで、駐車場がないのでコインパーキング(少し東のフレスコ隣にあります)を使うことになります。

お店はテーブル2席とカウンターが5席程度の小さなお店です。

ということで、さっそく噂の「台湾まぜそば」を食べてみましょう!

台湾まぜそば 実食レビュー


台湾まぜそば 720円

台湾まぜそば 720円

台湾まぜそばは720円ですが、麺はうどん並みの極太麺を使っており、トッピングも豪勢な台湾まぜそばになっていました。

慶心さんは、付近に学生が多いからかラーメンのセットも50円プラスだけで、大きなから揚げがのった大ライスが付くのでお得感のあるお店です。

ニラ
カツオ粉
フライドオニオン
台湾ミンチ
ネギ
香草パン粉(モリーカ)

トッピングの「香草パン粉(モリーカ)」は新しい感じです。

モリーカはパン粉なので味自体はさほど主張が強くはないのですが、適度なザラザラ感を出すのに一役かっていました。

麺は極太麺で、味はカツオ粉で魚介醤油のまぜそばという感じです

麺は極太麺で、味はカツオ粉で魚介醤油のまぜそばという感じです

味はカツオ粉と醤油のベースが主張しているので魚介醤油のまぜそばになっていました。

トッピングが多いので混ぜづらいですが、よく混ぜて醤油ベースのタレと絡めるとなかなか良い味わいになりました。

ミンチはフライドオニオンと混ざってフレークのようなサクサク感になります

ミンチはフライドオニオンと混ざってフレークのようなサクサク感になります

台湾まぜそばにしては辛くはなく、台湾ミンチフライドオニオンと混ぜると食感がサクサクとフレークのようなものになります。

他にはあまりないタイプの「台湾まぜそば」という印象ですが、トッピングのチョイスは意外と合っているなと思いました。

卵黄もかなり赤みのあるものなので、食材選びには気を使っているようでした。

天骨庵 慶心 基本情報


天骨庵 慶心 基本情報

天骨庵 慶心 基本情報

近くに京産大がある立地で学生が比較的多いため、客層も学生が主体です。

そのため価格の割にはボリュームがあるメニュー構成となっているのでおなか一杯食べたい時には重宝すると思います。

近隣にはラーメン店が数店舗あり「餃子の王将」もありますが、学生好みのガッツリ系は「天骨庵 慶心」さんくらいです。

京都府京都市北区大宮東総門口町38−6
営業時間:11:30~14時、18時~21:30(日曜は昼のみ)
定休日:月曜
Twitter:https://twitter.com/tenkotsuan


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。