2020年2月22日オープン 舞妓珈琲

お墨付き!の取材陣がボンヤリ歩いて見つけて来る「京都新店速報」、今回は京都・河原町で新店オープンする「舞妓珈琲(MAIKO STAND COFFEE KYOTO)」さんです。こちらは2019年2月22日に新店オープンするカフェで、秀吉珈琲さんの姉妹店です。

2020年2月22日オープン 舞妓珈琲


2020年2月22日オープン 舞妓珈琲

2020年2月22日オープン 舞妓珈琲

京都の河原町に新しいカフェが新店オープンです。

オープン日は2020年2月22日、お店の名前は「舞妓珈琲(MAIKO STAND COFFEE KYOTO)」さんです。

場所は御幸町通六角下ル、西側にある自転車屋さんの2階で新店オープンしました。

どこか女性らしさもある京都発の舞妓珈琲というコンセプトで、京都らしいスイーツとコーヒーをいただけるカフェです。

凍らしたカラフルなわらび餅が入ったサワー(舞妓シール付き)

凍らしたカラフルなわらび餅が入ったサワー(舞妓シール付き)

実は、こちらのカフェは醍醐にある「秀吉珈琲」さんの姉妹店なんです。

秀吉珈琲さんといえば、本ブログ「お墨付き!」も協力してラーメンを販売したり、インスタ映させたい「牛タンロースト丼」を販売したりと色々なことにチャレンジする楽しいお店です。

このお店のメニューは?


秋篠宮様が食べた京都のわらび餅と同じレシピ「秀吉ちから餅」

秋篠宮様が食べた京都のわらび餅と同じレシピ「秀吉ちから餅」

舞妓珈琲」さんではコーヒーもありますが、本店の「秀吉珈琲」さんと同じで「秀吉ちからもち(わらび餅)」が人気です。

また、新しく「ナナイロわらび餅」という商品が販売されており、カラフルなわらび餅も食べることができます。

ナナイロわらび餅が入ったサワー

ナナイロわらび餅が入ったサワー

そのナナイロわらび餅を凍らせて氷がわりにしたサワーも販売。

インスタ映えするドリンクになっていました。

わらび餅を凍らすとシャーベットみたくなります

わらび餅を凍らすとシャーベットみたくなります

ちなみに、メニューと値段はまだソフトオープンなので変わる可能性があるそうですが、コーヒー一杯600円くらいです。

このお店への行き方や営業時間は?


舞妓珈琲 は御幸町通六角下ル西側の自転車屋の建物2階にあります

舞妓珈琲 は御幸町通六角下ル西側の自転車屋の建物2階にあります

さて、この「舞妓珈琲」さんの場所なのですが、御幸町通六角下ル西側の自転車屋の建物2階です。

寺町通の「ろっくんプラザ」のところを西へ、一筋目が「御幸町通六角」なので繁華街からものすごい近いところにお店があります。

営業時間「12時~19時」、定休日はなく不定休となっています。

京都府京都市中京区八百屋町御幸町通六角下る112
営業時間:12時~19時
定休日:不定休
公式Instagram:https://www.instagram.com/maikocoffee0200/


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。