卵のいらない卵かけご飯の素が『大阪ほんわかテレビ』で紹介

カルディで販売されている「卵のいらない卵かけご飯の素」が、2020年7月24日放送の『大阪ほんわかテレビ』で、全国からお取り寄せできる絶品ご飯のお供のひとつとして紹介されるそうです。液体のタレなのですが、カツオと醤油の味が付いた卵風味の調味料のことで、ごはんにかけるだけで卵かけご飯風になる商品です。

卵のいらない卵かけご飯の素が『大阪ほんわかテレビ』で紹介


卵のいらない卵かけご飯の素が『大阪ほんわかテレビ』で紹介

卵のいらない卵かけご飯の素が『大阪ほんわかテレビ』で紹介

2020年7月24日放送の『大阪ほんわかテレビ』で「卵が要らない!?卵かけご飯の素」が紹介されると予告されていました。

全国からお取り寄せできる絶品ご飯のお供大集合という企画の中で紹介される予定なのですがこの「卵かけご飯の素」というのは、只者ではない商品です。

実はこれ、カルディで販売している商品名「卵のいらない卵かけご飯の素」という商品なんです。

では「卵のいらない卵かけご飯の素」とはどんなものなのでしょうか?

カルディの斜め上視点な商品「卵のいらない卵かけご飯の素」実食レビュー


カルディの斜め上視点な商品「卵のいらない卵かけご飯の素」実食レビュー

カルディの斜め上視点な商品「卵のいらない卵かけご飯の素」実食レビュー

ということで、このカルディで販売されている「卵のいらない卵かけご飯の素」を入手しましたので食べてみたいと思います。

ちなみに、セールで1袋90円ちょいという値段で販売されていました。

カツオ風味の卵的な液体調味料のこと

カツオ風味の卵的な液体調味料のこと

この「卵のいらない卵かけご飯の素」は黄色の液体調味料で、カツオ風味の効いた卵味の液体をご飯にかけて食べるという商品です。

さすがカルディ、なかなか良い視点な商品を扱っています。

一膳分の小分け袋が2つ入っています

一膳分の小分け袋が2つ入っています

商品は袋の中に小分けされた袋が2つ入っています。

液体のタレ袋です。

一般的な「たまごかけご飯の素」は卵をのせたご飯にかける調味料的なものなのですが、カルディさんで販売されているのは「卵のいらない卵かけご飯の素」です。

そう、卵がいらないんです。

もうちょっと黄色い液体かなと思ったら醤油色です

もうちょっと黄色い液体かなと思ったら醤油色です

ということで「卵のいらない卵かけご飯の素」をご飯にかけてみました。

もうちょっと黄色い液体かなと思ったら醤油色です。

味は・・・・

醤油とカツオ風味の強い卵かけご飯の味です(笑)

意外と美味しく、知らずに卵かけご飯と言われて食べたら信じると思います。

味付けがシッカリしているので、これ本当の卵かけご飯にかけてもいけそうでした。

大阪ほんわかテレビ 2020年7月24日 予告


大阪ほんわかテレビ 2020年7月24日 予告は以下の通りです。

全国からお取り寄せ!絶品ご飯のお供大集合▽消臭・防臭・ベタつき防止…ベビーパウダー超絶活用術&ランチパックの絶品アレンジ▽ノンスタイルが大阪のレゴランドを大満喫
全国からお取り寄せ!絶品ご飯のお供大集合 ▽ご飯にかける!?飛騨牛ハンバーグ ▽卵が要らない!?卵かけご飯の素 ▽福島伝統の料理料理「うにみそ」 ▽スーパーフードとして大注目!アカモク ▽宮崎郷土料理が食卓に!冷や汁の素
使い方は1つじゃない!侮るな〇〇の力 ▽防臭・消臭・テカリ防止「ベビーパウダー」 ▽簡単アレンジで「ランチパック」が豪華に変身!?
世界一の集客数!「レゴランド・ディスカバリー・センター大阪」を大満喫! ▽見て探して楽しい「ミニランド」 ▽アトラクションの数々にノンスタイル絶叫 ▽映えるグルメも!
▽玉子焼き器でギョウザやケーキを簡単調理 ▽カレーパン&メロンパンもオシャレに変身 ▽シリコーンマット活用術 今夜も関西の面白情報が満載! 毎週金曜よる7時は「大阪ほんわかテレビ」


「大阪ほんわかテレビ」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。