石川県能美市「名前が東西南北に忠実な集落 下開発町」がナニコレ珍百景で紹介

石川県能美市(のみし)ある「名前が東西南北に忠実な集落」が2020年5月31日放送の『ナニコレ珍百景』で紹介されるそうです。その集落というのが、石川県能美市辰口地区にある「下開発町(しもかいはつ)」というところで「東、南、中、北、西」を名乗る方が多い町として知られています。

石川県能美市「名前が東西南北に忠実な集落 下開発町」がナニコレ珍百景で紹介


石川県能美市「名前が東西南北に忠実な集落」がナニコレ珍百景で紹介

石川県能美市「名前が東西南北に忠実な集落」がナニコレ珍百景で紹介

2020年5月31日放送の『ナニコレ珍百景』で、石川県能美市(のみし)ある「名前が東西南北に忠実な集落」が紹介されるそうです。

名前が東西南北に忠実な集落?

よく意味が分からない日本語ですが「前が東西南北に忠実な集落」は確かに存在します。

それが・・・・

石川県能美市辰口地区にある「下開発町(しもかいはつ)」というところです。

石川県能美市辰口地区にある「下開発町」に住んでいる人の大半が「方位姓」と呼ばれる苗字を持っている人たちです。

苗字は「さん、さん、さん、さん、西さん」があり、住んでいる位置で苗字を決めたという集落なのです。

古くは屋号(職業)などで呼ばれていたのですが、明治5年に苗字をつけることが許可された際に、村人が庄屋に苗字を相談して・・・・

村の中での家の配置を苗字にすることに決定。

中心にある庄屋(杉本家)を中心に「東、南、中、北、西」を名乗ることにしたのだそうです。

ちなみに「東、南、中、北、西」の家から分家した家は「東出、南出、中出、北出、西出」さんというそうです。

分家の方の名前を持つ人は時々いますよね。

名前が東西南北に忠実な集落「下開発町」はどこにある?

では、名前が東西南北に忠実な集落「下開発町」はどこにあるのでしょうか?

前述のように石川県能美市にある集落です。

小松・鶴来線「徳久東」交差点を南へ行くとあります。

周囲は田畑に囲まれた集落があり、そこに200名程度が住む「下開発町」があります。

〒758-0011 山口県萩市大字椿東
公式サイト:https://www.city.nomi.ishikawa.jp/

京都には「四方(しほう)」さんが住んでいる


綾部市にも方位性がある

綾部市にも方位性がある

東西南北、いわゆる「四方(しほう)」なんですが、京都にはこの四方さんが多く住んでいる街があります。

それが・・・・

京都府綾部市

です。

ちなみに「四方」は「よも」さんと読みます。

全国の四方(よも)さんの三割は綾部市に住んでいるそうです。

広告

ナニコレ珍百景 2020年5月31日 予告


ナニコレ珍百景 2020年5月31日 予告は以下の通りです。

★日本全国で驚きの光景▼山口の住宅街に海水の池▼黒部峡谷に謎つり橋▼動物&赤ちゃん&奇跡の写真続々▼挨拶するカラス▼2つ並んだ富士山▼ハート虹▼秋田…笑うヤギ他
★動画投稿一挙紹介…おはようカラス▼ウサギのいびき▼変顔で眠る赤ちゃん▼お地蔵様に拝む赤ちゃん▼中3少女が1人キス★名作選クイズ★石川・能美…名前が東西南北に忠実な集落▼福井・大野…集落を守る250m巨大壁▼岩手・八幡平…3.8km続く階段の川▼沖縄・宜野湾…謎の標語「カメが渡るスピード落とせ」▼黒部峡谷…恐怖の絶壁道&サル専用の吊り橋▼静岡・大井川…すぐ下をSL列車が通過つり橋▼愛知…船を追う野生○○軍団▼鹿児島…イルカが跳ねる水路▼熊本…ヒトデを食べる集落▼山口・萩…神秘!海の魚が泳ぐ住宅街の池▼岩手・滝沢に万里の長城?▼長崎・西海…野生の白鳥と熱愛おじさん▼北海道沖に出現!大群シャチ&アザラシ▼神戸…ボール遊びが1時間続く犬★たまたま珍百景★ゴジラ雲▼魚雲▼電線の上を綱渡りトイプードル▼2つ並んだ富士山▼滝に出現!ハートの虹▼秋田…笑うヤギ▼大分の寺にザキヤマが?激似の偉人像


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。