【閉店】移転するまで限定「酒粕海鮮ラーメン」レビュー(伏見の隠れ家 てっぽう)

京の酒処・伏見で食べることができる「酒粕海鮮ラーメン」を食べて来ました。2020年3月10日から販売されており、「ぶりモツ鍋」のスープで食べる海鮮酒粕ラーメンです。ただし、お店が東京へ移転することが決まっており(日にちは未定)、それまでの期間だけの販売です。

最新情報:こちらの店舗は2020年3月時点で移転のため閉店しています。

スポンサーリンク

伏見の隠れ家 てっぽう が期間限定「酒粕海鮮ラーメン」を提供中


移転するまで限定 酒粕海鮮ラーメン(伏見の隠れ家 てっぽう)

移転するまで限定 酒粕海鮮ラーメン(伏見の隠れ家 てっぽう)

今回の「京都ラーメン速報」は、京の酒処「伏見」で食べることができる「酒粕海鮮ラーメン」の紹介です。

こちらのラーメン、東京へ移転する予定の居酒屋が、移転するまで限定で始めたラーメンです。

販売開始は2020年3月10日から、販売終了はまだ未定ですが、東京移転が決まり次第終了とのことでした。

酒粕海鮮ラーメン(800円)

酒粕海鮮ラーメン(800円)

酒粕海鮮ラーメンの値段は800円(税込み)。

ベースは「ぶりモツ鍋」のスープ。

それに酒粕をブレンドして、トロッとしたスープになっていました。

ぶりモツ鍋のスープに酒粕をブレンドしたラーメン

ぶりモツ鍋のスープに酒粕をブレンドしたラーメン

酒粕臭さはないので食べやすい酒粕ラーメン、なかなかの美味です。

ベースが「ぶりモツ鍋」なので、具材には「こんにゃく、にんじん、大根、ねぎ」も入っています。

トッピングは6種類「豚角煮、あさり、たら、ワタリガニ、えび、チーズ」から2つまで無料

トッピングは6種類「豚角煮、あさり、たら、ワタリガニ、えび、チーズ」から2つまで無料

さらにトッピングは6種類から選ぶことができ「豚角煮、あさり、たら、ワタリガニ、えび、チーズ」から2つまで無料とのことでした。

今回は「豚角煮ワタリガニえび」の3種類でチョイス。

本当は3つ目以降は+100円ずつ追加なのですが、今回は3種類まで無料にしてくれました。

トッピングの「ワタリガニ」

トッピングの「ワタリガニ」

トッピングの「豚角煮、えび」

トッピングの「豚角煮、えび」

居酒屋さんなので、トッピングもベースのスープも美味しくバランスの良いラーメンに仕上がっていました。

東京移転がいつになるのかまだ未定ですが、食べられるのは今だけなので、興味ある方は行ってみてください。

スポンサーリンク

このお店への行き方や営業時間は?


居酒屋「伏見の隠れ家 てっぽう」さんで2020年3月10日から販売スタート

居酒屋「伏見の隠れ家 てっぽう」さんで2020年3月10日から販売スタート

では、この移転するまで限定「酒粕海鮮ラーメン」はどこで食べることができるのでしょうか?

お店は近鉄京都線「伏見駅」から徒歩2分のところにある居酒屋「伏見の隠れ家 てっぽう」さんです。

隠れ家のような雰囲気であまり目立たないお店で、国道24号から一筋南の裏道沿いにあります。

営業時間は「11時30分~14時、17時30分~21時」ですが、1日50食限定です。

定休日が「月曜日」になっているので、そこもご注意ください。

〒612-8433 京都府京都市伏見区深草善導寺町3−46
営業時間:11時30分~14時、17時30分~21時
定休日:月曜日

スポンサーリンク

評判(口コミ)