餃子専門店 一丹 @京阪丹波橋駅が2021年2月8日に新店オープン

京都市伏見区に「餃子専門店 一丹(いったん)」が 2021年2月8日に新店オープンしました。京阪丹波橋駅の北側通りにあるお店でセブンイレブンの隣りです。昼は定食を800円から900円で提供し、テイクアウトの餃子は冷凍で6個320円からとなっています。

2021年2月8日オープン 餃子専門店 一丹(いったん)


2021年2月8日オープン 餃子専門店 一丹(いったん)

2021年2月8日オープン 餃子専門店 一丹(いったん)

京都市伏見区、京阪丹波橋駅すぐ近くに「餃子専門店 一丹(いったん)」が 2021年2月8日に新店オープンしています。

本来は2月1日グランドオープン予定でしたが、緊急事態宣言延長にもとづき2月8日から時短営業でスタートしました。

昼は定食、夜は居酒屋のように使えるお店ですがテイクアウトにも対応しています。

餃子のテイクアウトは6個で330円から

餃子のテイクアウトは6個で330円から

テイクアウトの餃子は6個で330円から販売。

焼きと冷凍のどちらにも対応していましたが、焼き餃子の場合は箱代50円が必要になります。

他にもキムチやよだれ鶏に唐揚げなども販売しており、飲み屋さん的なメニューもありました。

餃子専門店 一丹(インスタグラム)

餃子専門店 一丹(インスタグラム)

餃子は肉以外に「鶏肉」を使ったものがあるのが特徴的です。

冷凍の場合は10円ほど安くなるので自分で焼くのでもよさそうですね。

肉餃子(焼き、330円)
鶏餃子(焼き、330円)
ピリ辛餃子(焼き、390円)
肉餃子(冷凍、320円)
鶏餃子(冷凍、320円)
ピリ辛餃子(冷凍、380円)
きゅうりの一本漬け(280円)
本格キムチ(380円)
よだれ鶏(580円)
焼豚チャーシュー(580円)
手羽先の甘辛揚げ(180円)
ごはん(150円~250円)

イートインの場合はカウンター6席、2名テーブルが2卓あります。また、2階がお座敷で最大10名で利用できるとのことでした。

ランチの定食は800円から900円で餃子定食が提供されています。

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


丹波橋駅の北通り、セブンイレブンの隣です

丹波橋駅の北通り、セブンイレブンの隣です

この「餃子専門店 一丹(いったん)」の場所は、丹波橋駅の北通りでセブンイレブンの隣です。

住所でいえば「〒612-8086 京都府京都市伏見区京町北7丁目13−1」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

細い道で車だと結構渋滞するので注意が必要です。

コインパーキングなどを使うか、自転車などで買いに行くのがよさそうな立地でした。

営業時間は今のところ「11時30分~20時」までの時短営業となっています。

ランチは「11時30分~14時」で、テイクアウトは「11時30分~20時」まで対応しています。

ジャンル「餃子専門店」
食事予算「320円~900円」
ランチ営業「あり」
ディナー営業「あり」時短要請期間は20時で閉店の可能性あり
営業時間「11時30分~20時(ランチは14時まで)」
定休日「不定休」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒612-8086 京都府京都市伏見区京町北7丁目13−1」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
テイクアウト「対応可能」
公式https://www.instagram.com/gyoza_senmonten_ittan/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!