手打ちうどん基蔵 @埼玉「ほら貝が鳴り響くうどん店」が珍百景で紹介

埼玉県春日部市の手打ちうどん屋「手打ちうどん基蔵(もとくら)」さんが、「ほら貝が鳴り響くうどん店」として12月6日放送『ナニコレ珍百景 2時間スペシャル』で紹介されるようです。元「山伏」のオーナーが法具の「法螺貝」を吹いてくれたりギターを弾いてくれるお店とのことです。

こういう面白いお店が地域にはあっても良いのですが、最近は紹介してくれる番組も少ないのが残念ですね。

広告

ほら貝が鳴り響くうどん店が『ナニコレ珍百景』で紹介


珍百景でホラ貝が鳴り響く春日部市のうどん店が紹介されるようです。

珍百景でホラ貝が鳴り響く春日部市のうどん店が紹介されるようです。

12月6日放送『ナニコレ珍百景 2時間スペシャル』で、埼玉県春日部市の手打ちうどん屋「手打ちうどん基蔵(もとくら)」さんが紹介されるようです。

予告では「ほら貝が鳴り響くうどん店」として、うどんを食べる客の前でギターを弾く店主の映像が流れていました。

香川の小麦粉「さぬきの夢」を使った手打ちうどん「元祖武里うどん」を名乗るお店で「関東風讃岐うどん」というジャンルのお店です。

面白いのは、元は修行僧(山伏)をしていたというオーナーが、法具「法螺貝(ほらがい)」をリクエストで吹くという点で、そこが今回取り上げられるそうです。

価格はちょっと高めのようで、850円~1200円で創作うどんや限定メニューなどを販売しているようでした。

・青竹ふみの手打ちうどん
・香川の小麦粉「さぬきの夢」100%
・伊吹いりこと枯節の出汁
・オーナーは元「修行僧(山伏)」
・ホラ貝を吹くことがある
・ギターも弾く

手打ちうどん 基蔵

「手打ちうどん 基蔵」の場所ですが、東武スカイツリーライン「武里駅」のすぐ近くです。

西口を出て左へ、道なりに徒歩3分くらいの立地です。

こういう面白いお店が、もし京都にあったら見逃しませんが、春日部市でもまだそんなに話題にはなっていないようでした。

『ナニコレ珍百景』はご当地の面白い店などを紹介する番組でしたが、現在は年に数回の特番だけになっています。地域振興のために、こういう番組がもっとあっても良いと思うのですが、2017年になってからめっきりと減ってしまいました。

こういうお店も紹介する番組も、もっとあっても良いように思います。

埼玉県春日部市大場1292-1
営業時間:11時~15時、17時~20時
定休日:火曜日、不定休
URL:https://motokura.jimdo.com/

Twitterの口コミや感想

NOうどんNOライフ😀 #うどん #春日部 #基蔵#汁なしカレーうどん #カレー好きにはたまらない #うまー

山口 隆顕さん(@takaaki.0701)がシェアした投稿 –

ナニコレ珍百景 12月6日 予告


ナニコレ珍百景 12月6日 予告は以下の通りです。

日本全国から驚きの光景が続々!人面崖!?…自然が生んだ奇跡の光景、カワイイ動物、ご当地あるある、超人ご長寿から崖っぷち駐車場、爆笑店主まで衝撃風景の新作一挙公開
▼石坂浩二が「懐かしい」“これぞ珍百景”続々▼自然の奇跡!じっと見つめる崖▼JR駅に通過をためらう自動改札が▼動物珍百景も大連発!2本足で玉乗りする犬vsおんぶ大好き犬vsロックなヤギ▼崖からとびだす駐車場▼スーパーご長寿たち▼6歳が調査!ひょうたんハウスの謎▼お得すぎる巨大パン▼ほら貝が鳴り響くうどん店▼珍百景党は岐阜へ!激辛の地獄うどん&森に怪しすぎる通学路の謎▼絶景ビーチに出現!3つの巨大岩の謎▼道路わきに不気味すぎる巨大コアラ▼女子高生のスゴすぎる足技▼石坂が絶賛!いわき市の急すぎる階段▼キュと鳴く金魚▼サプライズでお客が困惑する美容室▼ご当地あるある珍百景~広島・岩手の謎の方言&三重・愛媛・秋田の伝統的な珍グルメ▼なぜかトイレ珍百景も続々~天草の謎!女性なら絶対嫌!のぞかれちゃう女子トイレvs沖縄に豪華すぎ女子トイレ▼ホリケン大暴走!奇跡の瞬間を撮った「たまたま珍百景」も復活…苦笑の嵐


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。