【閉店】2020年3月7日オープン 角煮ラーメン匠 (滋賀県雄琴)

2020年3月7日に新店オープンした滋賀県雄琴のラーメン店「角煮ラーメン匠」さんへ行って来ました。名前のとおり豚角煮が入った餡かけラーメンのお店です。値段は角煮入りで900円、本格中華料理店のような味わいのラーメンでした。

最新情報:こちらの店舗は2021年4月時点で閉業しています。

スポンサーリンク

2020年3月7日オープン 角煮ラーメン匠


2020年3月7日オープン 角煮ラーメン匠

2020年3月7日オープン 角煮ラーメン匠

今回の「京都ラーメン速報」は番外編で滋賀県へと行って来ました。

行ったのは雄琴(おごと)のラーメン店「角煮ラーメン匠」さん。

角煮がのった餡かけラーメンのお店で、オープン日は2020年3月7日と最近の開業です。

場所は、おごと温泉街の少し北側で、元は「ラーメン藤」があったところ。

最近は近くの「ビッグラーメン」が閉店(2月29日閉店)したくらいで、開店も閉店もほぼない「雄琴」では久しぶりのラーメン新店です。

スポンサーリンク

このお店の雰囲気は?


長いカウンター席がありました

長いカウンター席がありました

こちらでは最初に食券を買うシステムになっています。

入店すると10名以上座れる長いカウンターがあり、入って左のカウンターはテーブ幅が狭く、右側のカウンターは少し広くなっています。

テーブル席が10名分ほど

テーブル席が10名分ほど

テーブル席は10名分ほど。

広くはないのですが、家族連れでも行けそうなラーメン店です。

なお、水はセルフなので、着席するときにくんでおくと良いでしょう。

このお店のメニューは?


メニューはほぼ1種類です

メニューはほぼ1種類です

ラーメンの種類は1種類。

白菜入りの餡かけラーメンです。

それに「白菜マシ」もしくは「角煮トッピング」ができるようになっていました。

普通のラーメン(650円)には白菜が入っているのですが、それに角煮をのせたものが「角煮ラーメン(900円)」です。

サイドメニューには「餃子唐揚げ」があり、セットメニュー(ライス付き)もあります。

角煮ラーメン 900円
白菜ラーメン 750円
ラーメン 650円
餃子 450円
唐揚げ 230円~450円
角煮ラーメン(900円)

角煮ラーメン(900円)

角煮ラーメンはそんなに大きくはないですが豚角煮が入ったラーメンです。

角煮は甘さは控えめ、醤油辛さのほうが引き立っているタイプです。

トッピングは「白菜青ネギ」でした。

スープは本格中華料理店っぽい味わい

スープは本格中華料理店っぽい味わい

ラーメン専門店ですが、スープの味はどこかで食べた本格中華料理店のような味わいです。

ほんのり甘い餡がかかっていて、なかなか美味しいですが、完璧すぎて「どこかで食べた感ハンパない味」でした。

わかりやすくいうと、例えが悪いかもしれませんが「中華三昧」とかに似ています。

パツンとした細麺を使っていました

パツンとした細麺を使っていました

麺はパツンとした細麺を使っていました。

スープとよく合っていて、総合力は高いラーメン店だと思います。

強いていうなら、ラーメン専門店としては「個性」がもちっとあったら面白いお店だなと思いました。

このお店への行き方や営業時間は?


場所は「おごと温泉駅」から徒歩数分、大通り沿いです

場所は「おごと温泉駅」から徒歩数分、大通り道沿いです

では「角煮ラーメン匠」さんはどこにあるラーメン店なのでしょうか?

場所は「おごと温泉駅」から徒歩数分、大通り沿いです

営業時間は「11時~1時」と深夜営業もあり、幹線道路沿いなので駐車場もありました。

長い営業時間と駐車場完備ということもあり、立ち寄りやすいラーメン店と言えますね。

〒520-0101 滋賀県大津市雄琴5丁目1−2
営業時間:11時~1時
定休日:不定休