京都にある「激安うなぎ弁当・ジャンボうなぎ弁当」のお店

今回の「京都案内」は、京都で買える「うな重弁当」のお話です。それも激安の「うな重弁当」です。お値段なんと599円(税込647円)で、コンビニでは1000円近い「うなぎ弁当」を買うことができるのです。

こちらには「うな重ダブル(999円)」というジャンボサイズの「うな重」もあります。

250円弁当「元気や」さんで「うな重」が売っていた件


京都の250円弁当「元気や」さん

京都の250円弁当「元気や」さん

京都の250円弁当「元気や」さんでは「うな重」を弁当で売っています。

元気や」さんといえば、250円(税別)でボリュームのあるお弁当を販売している京都の有名店ですが、ハンバーグとか唐揚げとかばかりだと思われていたりします。

しかし、三条商店街にある「250円弁当 元気やPlus 三条商店街店」では、お寿司なんかも売っているのです。

そのため、ウナギがあっても別におかしくはないのですが、実はその「うな重」が安いという点が見逃せないところなのです。

特製うな重(599円)


元気や特製 特製うな重(599円)

元気や 特製うな重(599円)

うな重は2種類あって「特製うな重(599円)」と「うな重ダブル(999円)」があります。

上の写真が「特製うな重(599円)」なのですが、これ普通の「うな丼」くらいの分量があります。

写真だとわかりづらいかもしれませんが、ごはんの量もあってウナギもそこそこ大きいもので、コンビニだと900円くらいするやつです。

これで価格が「税込 647円」なのだからお買い得感が高いお弁当です。

しかし、これの上をいくジャンボサイズもあります。

・特製うな重(599円)
・うな重ダブル(999円)

うな重ダブル(999円)


元気や うな重ダブル(999円)

元気や うな重ダブル(999円)

こちらがジャンボサイズの「うな重ダブル(999円)」です。

お店で「二度見」したくらい大きいサイズで、うなぎ1本使ってそうな分量があります。

専門店の「うな重」よりも分量があるのですが、これで「999円(税別)」と1000円を下回る価格設定なのです。

うなぎは年々高くなっているので、普通にお店で食べたら2500円は軽くします。

かなりのお得感があると言えるでしょう。

特製うな重 実食レビュー


特製うな重

特製うな重

早速、この「特製うな重(599円)」を買って食べてみましたので実食レビューします。

うなぎの大きさはうなぎ専門店の「うな重」の松くらいの大きさがあるので、かなり大きいものです。

それに厚焼き玉子と漬物が入って「税込 647円」はお値打ち価格だと思います。

スーパーで同じ大きさのウナギの値段を調べたのですが、一番安くても同じサイズで400円が最安値だったので、激安と言えるでしょう。

うなぎの大きさが分かりますでしょうか

うなぎの大きさが分かりますでしょうか

味はタレに頼ることなく、よく焼かれているので「うなぎの香ばしさ」が味わえるものでした。

うなぎの味わいというか、香りなどはほとんどないので、そこはやっぱり激安弁当と言わざるをえないのですが、骨もなく柔らかいので食べやすい「うなぎ弁当」です。

値段のことを考えれば、かなりのコスパだと言えました。

250円弁当 元気やPlus 三条商店街店


250円弁当 元気やPlus 三条商店街店

250円弁当 元気やPlus 三条商店街店

この「激安うなぎ弁当ジャンボうなぎ弁当」があるのが、京都にある三条商店街の「250円弁当 元気やPlus 三条商店街店」さんです。

うなぎ取り扱いは、三条商店街のお店だけですが、こちらの記事で「京都にある 元気や 全店舗まとめ」を掲載しているので、そちらもぜひご覧ください。

京都府京都市中京区西ノ京南聖町4−12
営業時間:10時~20時
定休日:


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。