ダルマエイト @京都・太秦「ミートボール専門レストラン」2018年5月1日新店オープン

今回の「京都案内」は、2018年5月1日に新店オープンした「ダルマエイト」さんです。ミートボール専門レストランみたいで、太秦の「大映通り商店街」にあるお店です。元は「ダルママサラ」さんというカレー屋さんだったテナントなのですが、建物も看板もそのままで業態と屋号だけ変わっていました。ミートボール料理がサラダやドリンク付きで値段は1000円程度です。

ではこの「ダルマエイト」さん、どんなお店なのでしょうか。

広告

京都「大映通り商店街」に見慣れないミートボール専門店が開店


ミートボールとビールのお店「ダルマエイト」と書かれた看板

ミートボールとビールのお店「ダルマエイト」と書かれた看板

5月に入ってすぐに京都・太秦の「大映通り商店街」を歩いていたところ、見慣れない看板がありました。

ミートボールとビールのお店「ダルマエイト」

おかしいです・・・・

ここは「ダルママサラ」というカレー屋さんのはずなのに、なぜか「ダルマエイト」という看板が出ているのです。

看板は「ダルママサラ」のままです

看板は「ダルママサラ」のままです

看板は「ダルママサラ」のままで、ここは10年以上「カレー屋」さんだった場所です。

はて、どういうことかと悩んでいたところ、お店がちょうどランチタイムが終わる時間で、目の前でクローズとなりました。

仕方ないんので、いつものいきつけのお店に向かって、ちょいと話しを聞いたところ・・・・

ダルママサラさんがリニューアルしたみたいよ

とのことでした。

ミートボールとビールのお店 ダルマエイト


鉄板ミートボールセットで1100円

鉄板ミートボールセットで1100円

新店オープン日は2018年5月1日ということですが、建物などは変更はなく屋号と業態が変わっただけです。

メニューは「鉄板ミートボールセット」1100円となっており、それに「サラダピクルスドリンク」がついていました。

他にもメニューはあるのですが、基本的にはミートボールで、それ以外だと「フライドチキンコロッケ」の料理が一品ずつあると書かれています。

ダルマエイト メニューと値段

ダルマエイト メニューと値段

・鉄板ミートボールセット 1100円
・鉄板ミートボール 900円
・和牛ミートボール 1100円
・ミートボールカレー 1000円
・煮込みミートボール 1000円
・フライドチキン 1000円
・京都コロッケ 850円
・ミートボールパンサンド 700円
・フライドチキンパンサンド 700円

ミートボールとビールのお店 ダルマエイト への行き方(アクセス方法)


ダルマエイト 外観(看板以外はダルママサラのまま)

ダルマエイト 外観(看板以外はダルママサラのまま)

ということで、京都・太秦「大映通り商店街」で見かけた見慣れない看板は「ダルマエイト」さんというミートボール専門のレストランでした。

この場所にはカレー店「ダルママサラ」さんが10年は営業していたと思いますが、そちらが2018年5月1日にリニューアルして新店オープンしたということです。

最寄り駅は難読地名の「帷子ノ辻(かたびらのつじ)駅」で、嵐電(京福)のターミナル駅です。

バスとかだと行きづらい場所で、車も広隆寺から一方通行で駐車場は狭いコインパーキングくらいしかありませんので。行く場合は嵐電の利用をオススメします。

京都府京都市右京区太秦堀ケ内町30−47
営業時間:11時~14:30(ランチ)、18時~18時(ドリンク)、18時~22時(ディナー)
定休日:不定休
URL:http://daruma8kyoto.business.site/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。