フロイン堂 食パン @神戸「吉田茂も愛した絶品食パン」実食レビュー

今回の「京都パン屋ブログ」は兵庫県神戸市の老舗パン屋「フロイン堂」の食パンを入手したので実食レビューします。日本でもかなりの老舗パン屋で、歴史ある神戸の町で戦前から営業している老舗パン屋さんです。京都からはだいぶ離れた兵庫県神戸市の人気店ですが、お土産で買って来てもらったので食べることができました。吉田茂も愛した絶品食パンと言われるほどで、天然酵母を使った手捏ねパンというこだわりのお店です。

では「フロイン堂」の食パンとは、いったいどんなパンなのでしょうか。

広告

兵庫県神戸市の老舗パン屋「フロイン堂」の食パンを入手


兵庫県神戸市の老舗パン屋「フロイン堂」さんの食パン

兵庫県神戸市の老舗パン屋「フロイン堂」さんの食パン

今回の「京都パン屋ブログ」は、兵庫県神戸市の老舗パン屋「フロイン堂」さんの食パンの紹介です。

京都じゃないじゃんという話ですが、あの宰相「吉田茂」も愛したという食パンで、神戸の有名なパン屋さんです。

手捏ねにこだわりがあり、数年前までは薪でパンを焼いていた「昔ながらの作り方」をしている老舗パン屋ですが、こちの食パンを「カフェ バニーマタル」のオーナーさんが買って来てくれたので実食レビューします。

で、この有名な「フロイン堂」の食パンとはどんなパンなのでしょうか。

吉田茂も愛したフロイン堂の食パン 実食レビュー


フロイン堂の食パン

フロイン堂の食パン

ということで、こちらがフロイン堂の食パンです。

しっかりとした表面の焼き上がりは、かなりの歯ごたえで、パンを切るのも少し大変なほどの弾力があります。

中は気泡の大きいタイプで、見た目はフランスパンのような感じにも見えます。

ぶどうの天然酵母で作った自然派パンで、そのまま食べると表面の香ばしさが感じられ、中は小麦の香りと少し酸味が感じられました。

気泡の大きいフランスパンのような食感

気泡の大きいフランスパンのような食感

このフロイン堂さんは「フロインリーブ」というドイツ人のパン職人のお店で修行した方が創業者です。

創業は1932年(昭和7年)、フロインリーブの支店として開店して、その後に今の「フロイン堂」という屋号になりました。

今でも手ごねパンにこだわり、阪神大震災までは薪でパンを焼いていたというお店です。

かの宰相・吉田茂がこの「フロイン堂」のパンに惚れ込んで、神戸から取り寄せては毎朝食べていたというほどで、実際に食べて美味しいパンでした。

トーストにするとサクサクとして食べやすい

トーストにするとサクサクとして食べやすい

表面に弾力があって、中は気泡が多いので、これはトーストにすると激ウマになるパンです。

実際にトーストにしてから食べると、表面はパリパリで、中はサクサクという絶品パンになりました。

高級ホテルの朝食に出てきそうなトーストで、京都の大穴場なパン屋「ベッカライ・ヨナタン」のパンに近い美味しさでした。

フロイン堂 への行き方(アクセス方法)


吉田茂も愛した神戸のパン「フロイン堂」

吉田茂も愛した神戸のパン「フロイン堂」

さて、こちらの「フロイン堂」さんへの行き方(アクセス方法)ですが、阪急神戸線「岡本駅」の目の前です。

アップタウンで、駅前から石畳の小道が続き、そこに商店街がありますが、かなり品格の良さそうな立地にあるパン屋さんです。

神戸でも東海道本線より北側なので品の良いほうにあります。

京都からだと阪急京都線で「十三(じゅうそう)駅」まで出て、そこから阪急神戸線に乗り換えることになりますので、わざわざ京都から行くのは大変ですが、近くに立ち寄った際には行きたいお店です。

兵庫県神戸市東灘区岡本1丁目11−23
営業時間:9時~19時
定休日:日曜日
URL:http://www.geocities.jp/koapin1225/huroindou.html


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。