梅蘭やきそば @京都・イオン桂川 カリカリ揚げたて焼きそば 実食レビュー

京都のイオンモール京都桂川中華料理店「梅蘭(ばいらん)」さんに行ってきました。もちろん横浜中華街名物の「梅蘭やきそば」を食べるためです。「梅蘭やきそば」は五目あんかけ焼きそばの麺がカリッと焼きあがっているものでテレビなどで紹介されたこともある梅蘭(ばいらん)の名物メニューです。

この記事は実食レビューです。

広告

梅蘭 京都・イオンモール京都店に行ってきました


京都・イオンモール京都店

京都・イオンモール京都店

横浜中華街で有名な「梅蘭」の名物「梅蘭やきそば」を食べてきました。

もちろん、横浜まで行ったわけではなく、梅蘭さんは大きな都市に支店を出しており、京都では「梅蘭 イオンモール京都桂川店」というお店があるのです。

梅蘭は「ばいらん」と読み、名物「梅蘭やきそば」が看板メニューとなっています。

梅蘭(ばいらん)イオンモール京都桂川店

梅蘭(ばいらん)イオンモール京都桂川店

梅蘭(ばいらん)は、イオンモール京都桂川の2階にある「洛西小路」の中にあります。

メニューはノーマルの「梅蘭やきそば」に牛肉海鮮が具になった3種類ありました。

ほかにも餃子やチャーハンとセットになったものもあります。

餃子やチャーハンとセットもありました

餃子やチャーハンとセットもありました

結構なお値段がしますが、その分おいしいに間違いありません。

梅蘭やきそば 860円
牛肉入り辛口梅蘭やきそば 1200円
海鮮入り梅蘭やきそば 1600円
フカヒレ入り梅蘭やきそば 3000円
Aセット(梅蘭やきそば小+杏仁豆腐)1030円
Bセット(牛肉入り辛口梅蘭やきそば小+杏仁豆腐)1220円
Cセット(海鮮入り梅蘭やきそば小+杏仁豆腐)1620円

梅蘭やきそば カリカリ揚げたて焼きそば 実食レビュー


梅蘭やきそば を食べてきました

梅蘭やきそば を食べてきました

ということで、念願の「梅蘭やきそば」を食べてみました。

注文したのは「菊セット 1330円」のもので「梅蘭やきそば小五目チャーハン杏仁豆腐」のセットです。

かなりコンガリと焼きそばの麺を焼いており、期待ができるビジュアルです。

中にはあんかけ野菜が入っており甘いです

中にはあんかけ野菜が入っており甘いです

焼き上げた麺を崩してみると、中からは「野菜あんかけ焼きそば」が出てきました

要するに中華鍋に焼きそば麺を引いて、底を焼いてから上に中華あんかけがかかっているということになります。

つまり、中は普通の五目あんかけそばです。

いただきます!

いただきます!

それでは、さっそく食べてみましょう!

味は甘いあんかけに、こんがり麺のおこげの香りがします。

ただし、それだけの味しかしません。

野菜とか五目っぽい味わいはありませんでした。

五目チャーハン

五目チャーハン

結局「梅蘭やきそば」は海鮮か牛肉入りにしないと、食べてすぐくらいに飽きてしまう味でした。

京都ではこれはウケない部類の料理です。

ということで、気を取り直して「五目チャーハン」を食べたところ・・・・

ラードの味しかしません。

五目チャーハンなのですが、見た目からして具材が少なくて、味わいに彩りがないものでした。

梅蘭 イオンモール京都店


今度は海鮮か牛肉にしようと思いました

今度は海鮮か牛肉にしようと思いました

ということで、ビジュアルと知名度に期待して行った割には、お味の方は私の舌には合わなかったようです。

味は好みの問題なので、あくまでも個人の見解ですが、接客などは申し分なく「さすが」という感じがしました。

お店もキレイで広いですし、家族で中華を食べにいくには良いお店だなと思いました。

京都府京都市南区久世高田町376−1 2階
営業時間:10時~23時
定休日:
URL:http://www.bairan.jp/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。