2021年4月14日オープン Cafe & Wine Bar Knuckles(ナックルス)

京都府庁前でカフェ「Cafe & Wine Bar Knuckles」が2021年4月14日に新店オープン。昼はサンドイッチとコーヒー、夜はワインと料理のお店。前身はかつて北区紫野にあったNYスタイルカフェ「Knuckles」で、当時働いていたシェフが店名とレシピを受け継いで新生ナックルスとして開業します。

2021年4月14日オープン Cafe & Wine Bar Knuckles (ナックルス)


2021年4月14日オープン Cafe & Wine Bar Knuckles (ナックルス)

2021年4月14日オープン Cafe & Wine Bar Knuckles (ナックルス)

京都市中京区、京都府庁前でカフェ「Cafe & Wine Bar Knuckles」が2021年4月14日に新店オープンします。

お店は昼はサンドイッチとコーヒーを提供するNYスタイルカフェで、夜はワインと料理を提供するワインバーです。

店頭にはポスターが貼りだされていて「2021.4.14 RENEWAL OPEN」と書かれていました。

新店ですが「リニューアル」と書かれているのには理由があります。

この「Knucklesナックルス)」というお店は、かつて北区紫野で1985年開業したカフェの名前です。

当時のオーナーはチャールズ・ローシェ夫妻で、今は京都で複数のお店を展開しているニューヨークチーズケーキのお店「パパジョンズ(Papa Jon‘s Café)」の現オーナーさんです。

今回オープンする新生「Knuckles」は当時働いていたシェフが店名とレシピを受け継いで開業する新店です。

Cafe & Wine Bar Knuckles(インスタグラム)

Cafe & Wine Bar Knuckles(インスタグラム)

カフェではNYスタイルの「ルーベン・サンドイッチ」やパパジョンズでも提供されている「ニューヨークチーズケーキ」も提供されると告知されています。

また、船岡山(北区紫野)近くにあったかつての「Knuckles」で提供されていたという「チャールズママのミートボールパスタ」などもレシピを継承して提供されるそうです。

船岡山エリアは地元ですが、私が京都に来た時にはもうかつての「Knuckles」は閉業していました。

新生Knucklesでは当時のレシピのお料理が食べられるということで開業が楽しみなお店です。

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


Cafe & Wine Bar Knuckles(店舗外観写真)

Cafe & Wine Bar Knuckles(店舗外観写真)

では「Cafe & Wine Bar Knuckles」はどこで開業するのでしょうか。

場所は京都府庁前ですが、丸太町通から釜座通を南へ80メートルほどのところです。

釜座通は京都府庁前の並木道で広い道ですが、丸太町通から南は少し細くなっています。

住所でいえば「〒604-0096 京都府京都市中京区桝屋町164−1」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありませんが、京都府庁前の通りはロードパーキングになっています。

営業時間は「11時30分~14時30分、17時30分~21時30分」で、定休日は告知されていませんでした。

ジャンル「カフェ・バー」
ランチ営業「あり」
ディナー営業「あり」
営業時間「11時30分~14時30分、17時30分~21時30分」
定休日「不定休」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒604-0096 京都府京都市中京区桝屋町164−1」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
公式https://www.instagram.com/knuckles.kyoto/
公式2https://knuckles-kyoto.com/


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!