きママなパン屋さん @京都・上賀茂「超発見困難パン屋」実食レビュー

今回の「京都案内」は、京都・上賀茂にあるパン屋「きママなパン屋さん」さんへ行ってきました。「超発見困難パン屋」で「週3日営業のパン屋」でもあるお店です。こちらでは全粒粉や最高級小麦粉を使った食パンや菓子パンをお手軽価格で購入することができます。

しかし、そう簡単にはたどり着けない場所にあります。

広告

京都・上賀茂「超発見困難パン屋」


超発見困難パン屋「きママなパン屋さん」

超発見困難パン屋「きママなパン屋さん」

今回の「京都案内」は、上賀茂にある「超発見困難パン屋」を紹介します。

お店の名前は「きママなパン屋さん」と言います。

西賀茂橋東詰の近くにあるパン屋さんなのですが、このお店は簡単には見つけることはできないのです。

では「きママなパン屋さん」はいったい何処にあるのでしょうか?

きママなパン屋さんの場所


西賀茂橋東詰 路地入ル

西賀茂橋東詰 路地入ル

きママなパン屋さんは、上賀茂神社の北「柊野別れ」の近くなのですが、鴨川沿いから行かなければ入れない立地にあります。

鴨川の「西賀茂橋」東詰の信号手前に大きな家があるのですが、そこの路地を入るとお店・・・・というか「」があります。

その家が「きママなパン屋さん」なので、営業していない時に行っても分からないお店なのです。

路地を入って右に看板が出ていたら営業中です

路地を入って右に看板が出ていたら営業中です

路地を入って右に看板が出ていたら営業中です。

この道は実質的に行き止まりなので(人は通れます)、車で行けるのはここまでです。

では、ここで本当にパンが売っているのか、早速確認してみましょう!

ピンポ~ン♪

ピンポ~ン♪

ピンポ~ン♪(笑)

きママなパン屋さん お店の様子


もちろん、パンが並んでいます

もちろん、パンが並んでいます

当然ですが、ピンポンを鳴らして入ります。

するとひとりの女性が出迎えてくれるので、店頭(玄関口)でパンをチョイスするということになります。

パンは「食パン全粒粉フランスパン生地の菓子パン」などがありました。

価格は、食パンは260円~600円。菓子パンは130円~270円程度で一般的なお値段です。

販売メニュー(1)

販売メニュー(1)

販売メニュー(2)

販売メニュー(2)

きママなパン屋さん 実食レビュー


今回は「ハム、ソーセージ、アップルレーズン」のを購入

今回は「ハム、ソーセージ、アップルレーズン」のを購入

今回は「ハムソーセージアップルレーズン」のを購入しました。

11時過ぎくらいに訪問して、すでにほとんどが売れていたというほどのお店ですが、これ以外にも予約がほとんどだということです。

メニューに「予約はパン1個につき10円引き」となっているので、そちらの方がお得ですね。

アップルレーズンのパン

アップルレーズンのパン

パンは「体にやさしい毎日食べられるパン」を提供するということで、全粒粉や最高級小麦粉を使うなど健康志向のパンになっていました。

柔らかいソフトな日本人向けのパンに仕上がっており、ハムやソーセージを使っているので子供が喜びそうなパンです。

実際に、「ハム、ソーセージ」のパンを戻ってからコーヒーと一緒に食べると、とても美味しくいただけました。

きママなパン屋さん 基本情報


きママなパン屋さん 外観

きママなパン屋さん 外観

さて、きママなパン屋さんの場所は、先ほど書いたように「西賀茂橋東詰の路地」にあります。平たく言うと、京都産業大学の方です。

営業日は「月曜・水曜・土曜」で、その曜日を狙っていくことになります。つまり「週3日営業のパン屋さん」なのです。

こちらで営業開始して、もう10年弱にはなるということでした。

結構な狭き門ですが、パン好きの方は一度お試しください。

京都府京都市北区上賀茂朝露ケ原町10−48
営業時間:
定休日:火曜、木曜、金曜、日曜
Twitter:https://twitter.com/kimama_pan


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。