まつお @京都「皿うどん・長崎ちゃんぽん専門店」実食レビュー

今回の「京都案内」は、百万遍の京大近くにある「皿うどん・長崎ちゃんぽん専門店 まつお」さんの皿うどんを実食レビューします。レンガの建物に黒く「まつお」を書いてありますが、よく見ないと食堂とは気が付かないお店です。

皿うどん・長崎ちゃんぽん共に価格は800円~1000円程度です。

広告

皿うどん・ちゃんぽん まつお


皿うどん・ちゃんぽん専門店 まつお

皿うどん・ちゃんぽん専門店 まつお

今回の「京都案内」は、百万遍の京都大学エリアにある「皿うどん・長崎ちゃんぽん専門店」での実食レビューです。

お店の名前は「まつお」と言います。

創業は40年ほど前で昭和50年代ですが、今は2代目になって20年ほど営業されているとのことでした。

皿うどんも長崎ちゃんぽんも800円~1000円で、京風の味付けになっていました。

店内には大きいテーブルが2卓あります

店内には大きいテーブルが2卓あります

店内には大きいテーブルが2卓あり、そこで相席して食べるタイプの食堂になっています。

長崎の観光名所の絵画などが飾られていますが、非常にシンプルな昔ながらの食堂という雰囲気のお店です。

今回は、この「まつお」さんで皿うどんを食べてみることにしました。

皿うどん 実食レビュー


皿うどん(並)800円

皿うどん(並)800円

京都「まつお」の皿うどん(並)800円です。

具は「もやしにんじんキャベツタコかまぼこ」などで一般的な皿うどんですが、味付けはかなりマイルドになっています。

ほんのりと塩辛い味付けがする以外では、京都らしいというか京中華っぽいというか薄味になっています。

キャベツも甘さなどは控えめで、具材そのものの味わいよりも餡の味がメインになっています。

長崎あたりだと「白菜、イカやタコにエビなどの魚介」なんか使ったり、具材にはもう少しボリュームがあるのと、ベースの味付けが魚介などを使って濃いめになっているのですが、京都の皿うどんはずいぶんとお淑やかな感じになっています。

麺は大盛でにしたほうがいいかも

麺は大盛でにしたほうがいいかも

麺は1玉だと少し少ないと思います。

そのため、他のお客さんは1.5玉の大盛や、1玉追加(300円)で食べている方が目立ちました。

麺自体はよくあるカリカリの皿うどんの麺です。

美味しい皿うどんではあるのですが、味付けは京風というか薄めなので、酢やソースを結構かけて食べることになりました。

長崎定番「金蝶ソース」

長崎定番「金蝶ソース」

卓上には「コショウソース」などが置かれていましたが、ソースはどこのメーカーかは分かりませんでした。

長崎皿うどんなら定番「金蝶ソース」をそのままドンと置いてあるものですが、ソースはガラス瓶に入ったものが置かれていました。

ちなみに、上の写真は別店舗の「金蝶ソース」です。(花園の「皿うどん・長崎ちゃんぽん専門店 尚」さんに置いてあったものです)

まつお 価格表(メニュー)

まつお 価格表(メニュー)

価格は800円~1000円という感じですが、やや麺自体の価格設定が高いようです。

基本的に専門店なので「皿うどん、ちゃんぽん」以外はライスくらいしかありませんでした。

個人的には餃子を所望したいところですがありませんでした。

・皿うどん(並)800円
・皿うどん(大)1000円 1.5玉
・皿うどん(小)600円
・ちゃんぽん(並)800円
・ちゃんぽん(大)1000円 1.5玉
・ちゃんぽん(小)600円

まつお 行き方


まつお 外観

まつお 外観

京都の「皿うどん・長崎ちゃんぽん専門店 まつお」さんの場所ですが、東大路通の百万遍交差点から東で徒歩5分くらいの所にあります。

吉田山緑地へ入る北口を過ぎてすぐくらいです。

駐車場などはありませんが、バイクなんかは吉田山緑地にほにゃららして行っています。

電車を使って行く場所ではないため、自家用車でコインパーキング利用が一般的ですが、京都市バス・京都バス「北白川バス停」がすぐ目の前にあります。

京都市バスの系統は「17、102、203、18」で「203系統」なら烏丸・河原町や祇園を通るので便利かもしれません。

京都府京都市左京区浄土寺西田町118
営業時間:11:30~14:30、17時~20時
定休日:金曜、年末年始


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。