つけめん 恵那く(えなく)@京都・一乗寺「創意工夫の激うま つけ麺」実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都・一乗寺にある「つけめん 恵那く(えなく)」さんの実食レビューです。一乗寺では一番おいしいお店だと思っているお店で、豚・鶏・野菜を使った甘めの特濃スープに自家製極太麺というパワーワード満載のスペシャルつけ麺のお店です。

一乗寺へ行くなら「ココで食え」と言い切れるお店なのです。

広告

つけめん 恵那く(えなく)@京都・一乗寺「創意工夫の激うま つけ麺」


つけめん 恵那く「創意工夫の激うま つけ麺」

つけめん 恵那く「創意工夫の激うま つけ麺」

今回の「京都ラーメンブログ」は、一乗寺にある「つけ麺専門店 つけめん 恵那く」さんの紹介です。

私が一乗寺で「おいしいラーメン」と認めるお店は2軒だけで(個人の好みです)、ひとつは「天天有 本店」、もうひとつが「恵那く(えなく)」さんです。

実は、これ初めての紹介ではありません。

「恵那く(えなく)」さんは新店オープンしてすぐに訪問して、お気に入りのラーメン店になってから数度訪問していました。

最初はお客さんも少なくて「穴場」だったのですが、人気ブロガーに紹介されてしまって、行列が多くなってから足が遠のいていたのです。

今回は、たまたま空いていたので、ひさしぶりに「恵那く」さんのつめ麺を味わうことになりました。

得製つけめん 実食レビュー


得製つけめん 980円+大盛(450g)100円

得製つけめん 980円+大盛(450g)100円

つけめん 780円
味玉つけめん 880円
肉つけめん 980円
得製つけめん 980円(肉、味玉入り)
玉肉つけめん 1080円(肉、味玉入り)

上記には「辛いスープ」と「カレー味」バージョンもあります。

麺量は中盛りまで無料(150g、200g、275g)、大盛(450g)は+100円です。

今回は「得製つけめん 980円+大盛(450g)100円」を食べることにしました。

大盛(450g)

大盛(450g)

麺は自家製の極太麺です。

角ばった麺で、見た目は讃岐うどんのような感じに見えます。

小麦は「井澤製粉」で、全粒粉を使っていました。

冷たい麺ですが、温かいのも選ぶことができます。

スープは甘めでおいしく、若干スパイシーです

スープは甘めでおいしく、若干スパイシーです

スープは「」を使った動物性スープで野菜も使っています。

そのため、甘みのある美味しいスープです。

つけ麺というと塩辛いものが多い昨今ですが、こういう甘めのスープは関東では結構食べていて好みのスープです。

追い出汁には魚介も使っているので、味に複雑さというか深み(酸味というかスパイシーさ)があります。

スープがかなり美味しいのでオススメです

スープがかなり美味しいのでオススメです

麺も旨いですが、スープはかなりよく出来ていて完飲してしまうほどでした。

それにトッピングで「チャーシュー味玉メンマ白ネギ一味少々」が使われていました。

チャーシューは大判2枚、切れ端も2個ほど入っています

チャーシューは大判2枚、切れ端も2個ほど入っています

トッピングの量もあるので、大盛450gはかなり食べ応えがあります。

無料の275gだと若干物足りない方もいるかと思いますが、450gにするならサイドメニューは注文しないほうが良いと思いました。

つけめん 恵那く(えなく)基本情報


つけめん 恵那く(えなく)外観

つけめん 恵那く(えなく)外観

つけめん 恵那く(えなく)さんの場所ですが、ラーメンストリートと呼ばれる道から叡電「一乗寺駅」に向かって少し西に入った所にあるお店です。

人気があるため並んでいる場合もあります。

基本的に、自転車・バイクは店頭への駐輪は禁止です。

自家用車は、必ずコインパーキングを使ってください。この界隈では、コンビニに駐車してラーメンを食べに行く不届き者が横行していますが、それはコンビニにもラーメン店にも迷惑な事です。

それで閉店を余儀なくされたラーメン店はたくさんあります。

京都府京都市左京区一乗寺高槻町20−2
営業時間:11:30~15時、18時~20:30
定休日:火曜、不定休
Facebook:https://www.facebook.com/enak.kyoto/


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。