2020年2月10日オープン 麺家しょうりん (京都ラーメン新店、上賀茂)

京都市北区上賀茂に期待のラーメン新店が2020年2月にオープンです。お店はなんとキラメキ☆Japanの元店長さんで、お店の名前は「麺家しょうりん」と言います。鶏を使った京都肉白湯ラーメン店。開業日と店名が判明したのでネット最速で情報公開します。

最新情報:期間限定で「テークアウト中華弁当」を販売中です。すげー美味しいので食べる価値あります(該当記事)。

2020年2月オープン 麺家しょうりん


2020年2月10日オープン 麺家しょうりん

2020年2月10日オープン 麺家しょうりん

今回の「京都ラーメン速報」は・・・・

2020年で最も話題になるラーメン店の候補のお店が、なんと誰もがビックリするようなアノ場所に新店オープンという話題です。

その気になるお店とは!

麺家しょうりん

麺家しょうりん(店舗外観写真)

麺家しょうりん(店舗外観写真)

オープン日は2020年2月10日、場所は「京都府京都市北区上賀茂」で、京都産業大学から西へ約1kmという場所です。

まさに、ラーメン不毛地帯ともいえる場所ですが、そこに開業するのは・・・・

キラメキ☆Japanの元店長さんです!(今回、独立してラーメン店オーナーとなります)

実は、昨年から少しずつリークしていた京都市北区のラーメン新店とは、この「麺家しょうりん」さんのことでした。

では、この「麺家しょうりん」さん!

いったい、どんなラーメンのお店なのでしょうか?!

オープン前ですが、少し紹介します。

麺家しょうりん 京都肉白湯そばとは? メニューや値段を紹介


しょうりん名物となる究極の肉スープのこってり醤油系ラーメン「肉白湯そば」

しょうりん名物となる究極の肉スープのこってり醤油系ラーメン「肉白湯そば」

公式Twitterには「京都肉白湯そば」となっていますが、「麺家しょうりん」さんのメニューが判明したので掲載します。

メニューは「肉白湯そば鶏中華そばKARA肉まぜそば」の3種類です。

肉白湯そば 750円
鶏中華そば 750円
辛肉まぜそば 820円(200g or 250g、〆ごはん付き)

メインのラーメンは「肉白湯そば」、こちらはしょうりん名物となる「究極の肉スープ」が自慢の一品です!

トッピングには白い練り物が入っており、これは鶏肉で作ったものなんです。

それに醤油を合わせてこってり醤油ラーメンとなっています。

あっさり醤油「鶏中華そば」も鶏油がたっぷりです

あっさり醤油「鶏中華そば」も鶏油がたっぷりです

清湯のあっさり醤油も食べることができます!

こちらはあっさり醤油「鶏中華そば」ですが、鶏油たっぷりでコクと旨味のある一杯

ガッツリ行きたいなら「KARA肉まぜそば(汁なし麺)」

ガッツリ行きたいなら「KARA肉まぜそば(汁なし麺)」

近くには京都産業大学もあって、学生さんが多いエリア。

そんな学生さんには「KARA肉まぜそば(汁なし麺)」がオススメです!

こちらは〆ごはんも付いていますよ!

期待が高まるラーメン新店「麺家しょうりん」のオープンは2020年2月10日です

期待が高まるラーメン新店「麺家しょうりん」のオープンは2020年2月10日です

なお、場所的には京都市右京区京北のラーメン店「キャプテン」に次ぐ京都市内ではほぼ最北ラーメン店になります。

この元「キラメキ☆Japanの店長さん」ですが、以前も少し記事で書いた「ラーメン三兄弟」の末っ子の方です。

ということで、期待が高まるラーメン新店「麺家しょうりん」さん!

続報をお待ちください!

【長男】ラーメンKAZU
【次男】てっぺん(閉店)
【三男】麺家しょうりん

※1枚目の店頭写真は「ラーメンKAZU」さん提供。ラーメンの写真は「麺家しょうりん」さん提供です。その他の情報は「麺屋びびび」さんからの情報提供によって記事が書かれています。

麺家しょうりん 店内の様子


麺家しょうりん 店内の様子

麺家しょうりん 店内の様子

では次に「麺家しょうりん」さんの店内の様子を紹介したいと思います。

広い店内が特徴。

入って右にテーブル席、左が厨房とカウンターになっています。

家族連れでも大丈夫です

家族連れでも大丈夫です

店内はゆったりしているので家族連れでも大丈夫

ベビーチェアもあるので、お子様連れでも問題ありません。

卓上には調味料もあります

卓上には調味料もあります

卓上には調味料とメニュー。

どんなメニューになっているのでしょうか?

サイドメニューも充実していました

サイドメニューも充実していました

ということで、こちらがメニューです。

サイドメニューも充実していますね。

肉白湯そば 750円
鶏中華そば 750円
辛肉まぜそば 820円(200g or 250g、〆ごはん付き)
鶏からセット +200円
大盛り +100円
鶏から 300円~500円
キムチ 200円
らーめん屋の天津飯 (近日発売)
ごはん 100円
ねぎ玉ごはん 200円
肉玉ごはん 250円

麺家しょうりん オープン初日に全メニューを食べてみた


麺家しょうりん オープン初日の様子

麺家しょうりん オープン初日の様子

さて、ここからは実際に2020年2月10日に新店オープンした「麺家しょうりん」さんへ行った時のレビューです。

オープン前から10名以上が並び、オープン後もどんどんお客さんがやってくるという盛況ぶりです。

上の写真は左手前がオーナーの下野さんと奥様、右奥の茶色いハチマキが「てっぺん」の元店主(次男)さんです。

時間通りの11時にオープン

時間通りの11時にオープン

開店は時間通りの11時。

最初のお客さんは9時から並んでいたんだとか(有名なラーメンマニアの方だそうです)。

待ち時間には本ブログ「お墨付き!」をご覧いただいている学生さんもいましたよ!

辛肉まぜそば 820円(200g or 250g、〆ごはん付き)

辛肉まぜそば 820円(200g or 250g、〆ごはん付き)

今回は「見しらんガイド」さんと「宇治コミュ中の人)」さん。さらに下野さんの元勤務先に通っていた常連さんも一緒に相席となったので、みんなで全種類食べてみました。

上の写真は「辛肉まぜそば」で、チャーシューがたっぷり入ってちょっと辛めのまぜそばです。

麺量は200gまたは250gを選べます。

麺量は200gまたは250gを選べます。

学生さんの多い立地ということで、量の多いまぜそばは人気になりそうなメニューでした。

〆ごはんも付いてきます

〆ごはんも付いてきます

麺量は200gまたは250gを選べ、〆ごはんも付いてきます。

名物の「肉白湯そば 750円」

名物の「肉白湯そば 750円」

こちらが名物の「肉白湯そば 750円」です。

ほんのり甘い出汁に鶏の美味しさがギュっと詰まった一杯です。

肉白湯そば(肉増し)

肉白湯そば(肉増し)

肉増し(2.5倍)にしたのが上の写真です。

+200円で肉増量ができるようになっています。

鶏の香りが良い中華そば

鶏の香りが良い中華そば

鶏中華そばも鶏の香りが良いスープです。

上の写真は「肉増し(+200円)」の写真なので肉多めになっています。

下味がシッカリ、ごはんに合うから揚げ

下味がシッカリ、ごはんに合うから揚げ

唐揚げも美味しかったですね。

シッカリとした味付けでご飯にとてもよく合いそうでした。

初日は「なんでこんな辺境まで?!」という場所であるにも関わらず、とても多くの方が来店されていました。

地元の方に愛されるお店になってほしいですね!

麺家しょうりん 営業情報


麺家しょうりん

麺家しょうりん

ということで、2020年早々の期待のニューカマー「麺家しょうりん」さんの場所や営業情報についてです。

場所は「京都府京都市北区上賀茂西後藤町11−7」で、地元の方以外はたぶんほぼ通らない道です。

分かる人にはわかる「白天」のちょい隣とも言えますが、それでもほぼご存じない立地かと思います。

行く場合には北大路駅から上賀茂神社で市バスで向かい、そこから徒歩20分ほどになります。

営業時間は「11時~14時、17時~21時」の2部制、定休日は「不定休」となっています。

お店のお向かいに駐車場と駐輪場もあります

お店のお向かいに駐車場と駐輪場もあります

駐車場はお店の前に5台分完備なので自家用車でも行くことができます。

徒歩900mのところにある鴨川公園(夜は19時30分で閉門)

徒歩900mのところにある鴨川公園(夜は19時30分で閉門)

また、1kmほど離れた鴨川公園に駐車場があります(夜は19時30分で閉門となるので注意)。また、上賀茂神社やその周辺にコインパーキングがいくつかあります。

〒603-8021 京都府京都市北区上賀茂西後藤町11−7
営業時間:11時~14時、17時~21時
定休日:不定休
公式Twitter:https://mobile.twitter.com/SHORINRIN8888
公式Instagram:https://www.instagram.com/menya.shourin/

このお店の口コミは?


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。