冷やしあめ 佐々木商店 @京都・壬生「夏だけの飲み物」実食レビュー

今回の「京都案内」は、千本高辻(壬生)にある「佐々木商店」さんの「冷やしあめ」の紹介です。千本通は三条から五条までは南行の一方通行になるのですが、その途中にあるクーラーボックスだけが置かれた「冷やしあめ」だけ売っているお店です。

観光地ではないけど、地元の方が昔から飲んでいる水あめなんです。

広告

京都で夏の風物詩「冷やしあめ」を飲んできました


京都で夏の風物詩「冷やしあめ」を飲んできました

京都で夏の風物詩「冷やしあめ」を飲んできました

今回の「京都案内」は、夏の風物詩「冷やしあめ」を飲んできました。

京都でもあまり見かけなくなりましたが、京都の裏通りにはまだ昔ながらの「冷やしあめ 売り」が残っていたりするんです。

場所は壬生(みぶ)で、夏だけ営業している「冷やしあめ 佐々木商店」さんというお店です。

そこで、最後の夏を楽しもうと、少し暑い残暑感のある9月24日朝8時頃から「冷やしあめ」を飲んできました。

夏だけ営業 佐々木商店


京都・壬生「佐々木商店」さん

京都・壬生「佐々木商店」さん

京都の壬生(みぶ)にある「佐々木商店」は、千本通が一方通行になる「三条~五条」までの細い道の途中にあります。

店頭にはクーラーボックスがひとつだけ。

「優雅な古都のおのみもの ひやしあめ」
「昔懐かしいお飲み物 しようが入 特製ひやしあめ」

と書かれています。

シンプルで落ち着くお店です。

小 50円、大100円 冷やしあめ は1種類です

小 50円、大100円 冷やしあめ は1種類です

クーラーボックスの中には、氷の冷やしあめが入っていて、それをかなり高齢のお兄さんがグラスにすくってくれます。

冷やしあめ は1種類で、しょうが入りのものです。

価格は「小 50円大100円」で、小は普通のコップで大は小ジョッキのグラスで提供されています。

冷やしあめ 実食レビュー


琥珀色でちょっとだけピリッとする甘い味です

琥珀色でちょっとだけピリッとする甘い味です

クーラーボックスの凍った「冷やしあめ」を溶けた部分とか氷の部分をグラスに注いで出てきたのが、こちらです。

氷が浮かんだ琥珀色の冷やし水あめは、しょうがの少しピリッとした感覚がのどごしを良くしています。

味はどえらい甘いということもなく、やさしい甘さで水あめの少し香ばしい香りもするものでした。

今年は、2017年9月30日まで営業されるということなので、飲めるのも後すこしですよ。

冷やしあめ 佐々木商店 基本情報


冷やしあめ 佐々木商店 外観

冷やしあめ 佐々木商店 外観

さて、「冷やしあめ 佐々木商店」さんの場所ですが、千本高辻すぐ北にあります。

すぐ近くには「壬生温泉はなの湯」さんというスーパー銭湯もある立地で、この道は頻繁に通っています。

京都中央卸売市場へ行く時に通る道で、南すぐにはJR「丹波口駅」があります。

駅からも徒歩5分くらいなので、あと1週間のうちに行けるのであれば飲んでみるのも良いでしょう。

京都府京都市中京区壬生松原町12−10
営業時間:8:30頃~17時頃(夏季のみ営業)
定休日:木曜 ※2017年9月30日まで


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。