匹十(ピート)@京都 3時間営業の担々麺 実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は、二条駅に近い三条商店街にある担々麺の専門店「匹十(ピート)」さんに行ってきました。京都でもあまり知られていないラーメン店ですが、旨辛な担々麺を食べることができます。

営業時間が昼間3時間だけというのも特徴的です。

匹十(ピート)@京都・三条商店街で担々麺を食べて来ました


「麺」という文字がラーメン屋だと推測できる程度

「麺」という文字がラーメン屋だと推測できる程度

あまり知られていない京都のラーメン店が「三条商店街」にあります。

お店の名前は「匹十」で、これで「ピート」と読みます。

千本通から「三条商店街」に入って2ブロック目に「黒いガラス戸」のお店があり、10匹の像の絵が描かれているお店です。

実は「担々麺」のお店です

実は「担々麺」のお店です

営業中のメニュー看板が出ていないと、いったいぜんたい何のお店かすらも分からないお店です。

そこがちょっとマニア心をくすぐる感じになっていました。

また、平日は2時間30分(土日祝は3時間)しか営業しないという「さだかず」レベルのお店なのです。

近くに2時間営業の「壬生さだかず」もありますが、なかなか食べるのが困難なお店と言えそうです。

3時間営業の担々麺 実食レビュー


メニューは担々麺のみです

メニューは担々麺のみです

ということで、今回はその貴重な3時間の間に訪問することができましたので実食レビューしたいと思います。

担々麺 750円
チャーシュー担々麺 950円

メニューは担々麺のみの専門店です。

店内はカウンターのみです

店内はカウンターのみです

お店の門構えから、ちょっとやんちゃな若造が店を切り盛りしているかと思いきや、40歳代くらいのご夫婦で営業されていました。

想像していたのと全然違う親切そうな感じのお二人です。

店内は、カウンターがあるだけですが、8名ほどは座れそうです。

担々麺(並)はシビ辛でした

担々麺(並)はシビ辛でした

こちらが担々麺です。

トッピングは「きざみネギミンチ」だけと、かなりシンプルです。

ミンチは甘辛いもので、スープに沈んでいるので写真では少な目に見えるかもしれませんが、そこそこ入っていました。

スープは実はかなりシビレル辛さです

スープは実はかなりシビレル辛さです

見た目からそんなに辛くは見えないのですが、これはかなりシビレル辛さになっていました。

そのため、汗だくになりました。

鶏ベースみたいで甘みのある濃いめの白湯、それにゴマペーストが入っています。

辛いのですが、なかなか強めの甘味が出ており「旨辛」なスープになっていました。

麺は細めのストレート

麺は細めのストレート

麺は細めのストレートで、加水率が低い麺でツルツル感はありませんが歯ごたえがあります。

個人的には好きな麺です。

蒸し鶏とライスを付けて900円でした

蒸し鶏とライスを付けて900円でした

セットメニューを注文し、ライスをつけて食べたところ、かなり量がありお腹いっぱいになりました。

蒸し鶏とライスを付けて900円で、価格的には普通くらいだと思います。

「旨辛」なスープがライスに合うので、おいしくいただくことができました。

匹十(ピート)基本情報


ひっそりと存在する「匹十(ピート)」

ひっそりと存在する「匹十(ピート)」

匹十(ピート)さんの場所ですが、JR山陰本線「二条駅」の南にある「三条通商店街」入ってすぐくらいのところにあります。

なにぶんお店が目立たないので、通り過ぎる可能性が高いお店です。

お昼営業のみの3時間営業なので、食べられるチャンスは低いですが、美味しい旨辛担々麺を食べることができました。

京都府京都市中京区西ノ京南聖町21−52
営業時間:11:30~14時(土日祝は15時まで)
定休日:月曜


関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。