ラーメン池田屋 @京都・一乗寺 二郎インスパイア 実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は京都の一乗寺にある二郎インスパイアラーメン池田屋」さんに行ってきました。関西、特に京都では「二郎系」や「家系」ラーメンを食べたことがないという方は結構いると思いますが、山盛り系のラーメンです。

実際に池田屋で食べてきましたので実食レビューします。

京都・一乗寺にある「池田屋」さんに行ってきました


京都・一乗寺にある「池田屋」さんに行ってきました

京都・一乗寺にある「池田屋」さんに行ってきました

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都・一乗寺にある「池田屋」さんに行ってきました。

いわゆる「二郎インスパイア」と呼ばれるお店で、直系二郎ではありませんが、似たようなデカ盛りラーメンを出すお店を総称して、そのように呼んでいます。

京都には他にも「二郎インスパイア」のラーメン店はありますが、「池田屋」さんは比較的とっつきやすいお店だと思います。

二郎の特徴はセルフサービス

二郎の特徴はセルフサービス

二郎といえば「レンゲおしぼり」などはセルフサービスになっているのが一般的です。

池田屋」さんも同様に、狭い店内を移動して箸やおしぼりなどを取りにいかなくてはなりません。

また、注文方法も独特で着丼直前の「ニンニク入れますか?」という問いに「(にんにく)アリ(野菜)マシカラメ(脂)オオメ」など好みに応じた注文をすることができます。

このように、知らないと分からないことが多いお店という印象が「二郎~」にはあります。

二郎インスパイアのラーメン実食レビュー


今回は「小(300g)、野菜少なめ、脂多め」で発注

今回は「小(300g)、野菜少なめ、脂多め」で発注

ということで、細かいことはともかくとして、さっそく食べてみましょう。

発注は「小(300g)にんにく無し野菜少なめ脂多め」です。

値段は730円となっています。

プチ 680円(180g)← オススメ
小 730円(300g)
中 780円(400g)
大 830円(500g)

一度食べると分かりますが、池田屋さんは他店よりも量が多くて「中~大」とか頼むと食べきれません。

「プチ」で大盛の感覚があると思います。

野菜マシとかするとテンコモリなので、控えめに注文するべきだと思います。

スープは他よりも味わいが深いのが「池田屋」さんの特徴

スープは他よりも味わいが深いのが「池田屋」さんの特徴

スープは、京都の他の似たようなお店よりも味わいがあるので、私は行くとしたら「池田屋」さんに行くようにしています。

ただし、野菜マシなどの場合はスープが薄まりますので「味カラメ」が良いでしょう。

見た目からガツンとした濃厚スープという印象があるかもしれませんが、実際はそうでもありません。

太麺を使っている割には、スープの辛さなどはややライトな印象があります。

麺は手もみのちぢれ麺です。ウドン並みの太さがあります。

麺は手もみのちぢれ麺です。ウドン並みの太さがあります。

二郎では手もみの太麺(やや平打ち)を使うのですが、ここも同様の麺です。

見てもわかるように、味わう余裕はあまりありません。

肉もかなり入っており、モヤシを食べるので精いっぱい・・・・二郎とは、だいたいそういうものです。

赤身の肉でかなり煮込んであります

赤身の肉でかなり煮込んであります

肉は豚肉赤身をかなり煮込んであります。

その分、柔らかいですが味わいはすっ飛んでいるようにも思えました。

味付けは少し濃いめなのが特徴的です。

池田屋 基本情報


池田屋 平日21時頃の風景

池田屋 平日21時頃の風景

今回は平日の21時過ぎに訪問しましたが、行列が5名ほどでした。

そのため、10分くらいで入店することができました。

他の店のように大行列はできませんが「京都では一番おいしい二郎インスパイア」と評されることもあるお店です。

私も「京都なら池田屋かなぁ」とは思います。

ただ、個人的に「ラーメン二郎」は好きでもなんでもないので、めったに食べに行くことはなく、今回で5回目くらいの訪問でした。たまに食べたい時がある、そんなラーメンなのでしょう。

残念だったのは、コップに水を汲みにいったら油がいつも浮いているということでしょう。もうちょっとキチンと洗浄してもらいたいです。レンゲや箸とおしぼりに水はカウンターから出せば、そういった衛生管理ができると思いました。

京都府京都市左京区高野玉岡町33−10
営業時間:11:30~14時、18時~24時
定休日:不定休
Twitter:https://twitter.com/ikedayakyoto


関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。