【休業】ネ本屋(滋賀県大津市)パン店のはずがラーメンが人気の店

今回の「京都ラーメン速報」は、2018年6月に新店オープンしたパン屋「ネ本屋 (ねもとや)」さんのある滋賀県大津市まで行って来ました。時々ある番外編の「滋賀ラーメン」の紹介です。でも、ちょっと違うのはパン屋で食べるラーメンという点です。

では、このパン屋「ネ本屋」で食べるラーメンとはいったい何なのでしょうか?

最新情報:こちらの店舗は2021年11月27日で休業となります。再開は公式SNSでご確認ください。

滋賀県大津市には「パン屋で食べるラーメン」がある


滋賀県大津市にあるパン屋「ネ本屋」さん、実はラーメン(出汁中華)があります

滋賀県大津市にあるパン屋「ネ本屋」さん、実はラーメン(出汁中華)があります

今回の「京都ラーメン速報」は、また番外編で滋賀県大津市へと行って来ました。

もちろん、わざわざ滋賀県のラーメンを紹介するには理由があるからです。

実は、滋賀県大津市には「パン屋で食べるラーメン」があるのです。

場所は大津市ではありますが、ちょっと遠い「びわ湖バレイの近く(志賀駅周辺)のグルメ」です。

では、そのかなり気になる「パン屋で食べるラーメン」とはどんなラーメンなのでしょうか?

パンと麺の店「ネ本屋」


パンがたくさん並んでいます だってパン屋さんだから(ネ本屋、掲載許可済)

パンがたくさん並んでいます だってパン屋さんだから(ネ本屋、掲載許可済)

実は、パン屋で食べるラーメンは滋賀県大津市木戸にある「ネ本屋 (ねもとや)」さんで食べることができる「出汁中華」というラーメンです。

もちろん「パン屋」さんで、見た目もパン屋にしか見えません。

しかし、メニューに「出汁中華」というのがあるのです。

この「ネ本屋 (ねもとや)」さん、2018年6月23日に新店オープンしたのですが、すでに「食パンが美味しい」と評判のお店で、近隣マダムがひっきりなしに買いに来られていました。

その横で、普通にパン屋さんという店内で食べるラーメン・・・・

これがまた和風のお出汁が美味しいラーメンだったのです。

出汁中華 実食レビュー(ネ本屋)


ネ本屋のラーメン「出汁中華」

ネ本屋のラーメン「出汁中華」

ということで、こちらがパン屋「ネ本屋」さんのラーメン「出汁中華」です。

いわゆる「和風出汁(うどんのスープ)」に中華麺を合わせたもので、山形名物「鳥中華」に近いラーメンなんです。

鳥中華は同じ滋賀県の長命寺で食べることもできますが(実食レビューあります)、「ネ本屋」さんのは「出汁中華」という名前になっている通り・・・・

出汁にこだわったラーメン

になっていました。

トッピングは「鶏肉、細ねぎ、海苔、カマボコ、三葉」など和風になっています(ネ本屋 出汁中華)

トッピングは「鶏肉、細ねぎ、海苔、カマボコ、三葉」など和風になっています(ネ本屋 出汁中華)

トッピングも和風で「鶏肉細ねぎ海苔カマボコ三葉」などが入っています。

鶏肉も特製醤油ダレで炊いたもので、甘い味付けで美味しく、太めの麺との相性もバッチリです。

スープについて


濃口醤油ダレで香ばしく、味醂で甘味のある和風スープです(ネ本屋 出汁中華)

濃口醤油ダレで香ばしく、味醂で甘味のある和風スープです(ネ本屋 出汁中華)

こちらがラーメン「出汁中華」のスープです。

和風出汁に特製醤油ダレで濃いめの味付けのスープになっています。

鰹節が多く使われており、昆布の旨味もよく出ている濃厚な和風出汁は味醂(みりん)で甘くて関東風の味付けです。

それに山椒と胡椒といったスパイスでアクセントがついていて、香りの良いスープになっていました。

ちなみに、京都は薄口醤油ばかりですが、滋賀県まで来るとスープは濃口醤油も増えてきます。

麺について


太い麺と甘い濃口醤油のスープがよく合います(ネ本屋 出汁中華)

太い麺と甘い濃口醤油のスープがよく合います(ネ本屋 出汁中華)

麺は平打ち縮れ麺ですが、平打ちよりもやや太めの麺です。

家系ラーメンの麺に近いもので「太麺」と言って良いでしょう。

この出汁中華は甘い醤油の濃口スープですが、そのスープと太麺というのは相性の良い組み合わせです。

モチモチした食感の麺はスープを吸って、香ばしく甘味をよく感じて美味しくいただきました。

ネ本屋 のパンについて


ネ本屋 さんには「出汁中華パン」もあります

ネ本屋 さんには「出汁中華パン」もあります

ちなみに、ネ本屋 さんには「出汁中華パン」もあります。

もちろん「パン屋」なので、他にも多くのパンが売られていて「食パンバゲットカレーパンクロワッサン」などいろいろな種類がありました。

ただ、11時に行ったのですが「食パンは売り切れ」で、他のパンも3割り程度しか残っていませんでした。

お客さんは後からたくさん来ていて「食パンまだあります?」と聞いていたので、相当美味しいんだと思われました。

ネ本屋 メニューと値段について


出汁中華、出汁冷麺があります(ネ本屋)

出汁中華、出汁冷麺があります(ネ本屋)

食パンは生クリームとバターを使ったシットリ甘いタイプということで、値段は583円となっていました。

麺類は「出汁中華、出汁冷麺」の2種類で、値段は税込み745円からとなっています。

出汁中華(並)745円
出汁中華(大)907円
出汁冷麺(並)788円
出汁冷麺(大)950円
食パン 583円~777円
出汁中華パン 216円
かえし明太子 216円
クロワッサン 194円
塩クリームチーズ 216円
フランスパン 194円
かえし出汁カレー 194円
ベーコンジェノベーゼ 194円
野菜のルーレー 216円
アボガドとベーコンのルーレー 216円
ラムレーズンカカオ 259円
紅茶といちじく 259円
抹茶クレーム 194円
クレーム 194円
パイン 194円
いちごあん 194円
あん 194円
挽きたてカフェラテ 291円
挽きたてコーヒー 248円

ネ本屋 営業時間と定休日


パン屋なので朝7時から営業しています(ネ本屋)

パン屋なので朝7時から営業しています(ネ本屋)

ネ本屋 さんの営業時間と定休日についてです。

営業時間は「7時~17時」定休日は「月曜日、火曜日」となっています。

パン屋さんなので朝早いですが、ラーメンは何時からなのか聞くのを忘れてしまいました(今回は11時に訪問しています)。

滋賀県大津市木戸31−72(MAP
営業時間:7時~17時
定休日:月曜日、火曜日
公式Twitter:https://twitter.com/nemotoya_pan
公式Instagram:https://www.instagram.com/nemotoya.panmen/

ネ本屋 アクセス方法

では「パン麺 ネ本屋」さんへの行き方です。

滋賀県道558号沿いで、JR湖西線「志賀駅」から徒歩7分くらいの場所にあります。

京都から自家用車なら国道161号でずっと行けるので便利ですが、スクーターは国道161号は通行できないので県道558号を走って行くことになります。

京都から国道161号へ出るには、国道367号で大原から途中(地名)まで行き、国道477号経由で県道311号を「和邇(わに)」まで行くと分かりやすいです。

駐車場は店頭にありますので問題ありません。


関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。